[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
行政法
Administrative Law 
 担当者
 Instructor
教授   安達 和志  前学期 水曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 法学部のカリキュラム・ポリシーに従い、受講生が、行政法の総論的な体系の全体像を大まかに把握するとともに、行政活動が具体的に展開されていく手続的段階にそくして、個々の行政活動の法的意味と問題の所在を理解できるようになることを目標とする。全体を通じて、民事法と異なる行政法的な思考方法を習得するものとする。
 
授業内容
 行政法総論(行政救済法を除く。)の分野について、関連する憲法上の論点にも適宜触れながら講義する。
 行政作用を規律する多種多様な法律の中でも、「行政手続法」(1994年施行)は、行政処分、行政指導、行政立法等についてその一般手続的なルールを整備し、利害関係国民の手続参加権を保障することによって、行政権行使の手続面からの公正・透明化を図る画期的立法である。同法の成立を経て21世紀に入った現代行政においては、生存権的な人権保障を実質化する給付行政や企業規制行政の積極的な展開が求められているとともに、それらの手続法的な規律がいっそう重要視されつつある。講義全体を通して、こうした時代的要請にそくした行政法の現代化の課題を考えていく。
 
授業計画
 講義は概ね教科書の内容に沿って進めていくが、毎回の授業ごとに事前に教科書の該当頁数とレジュメをdot Campus上に掲出する。各回共通の予習(1回あたり3時間程度)として、教科書の該当頁を読み、レジュメに参考判例が挙げられている場合はその判例にも目を通すようにしていただきたい。また、復習(1回あたり1時間程度)としては、講義ノートを作成し、教科書・参考書等で内容を適宜補充して整理しておくことが望ましい。(各回の指示は授業内で行う)
 各回の講義内容は次のように予定している。

1 行政法とはどんな法か
 (1)ガイダンス―この授業の進め方
 (2)六法と行政法
 (3)行政法と現代諸法
2 行政法の基本原理(1) ―憲法原理と行政権のあり方
 (1)国民主権と民主的な責任行政
 (2)司法権の独立と法治行政
 【予習】「説明責任(アカウンタビリティ)」という言葉の意味・由来について調べ、また、「法律による行政」の原理と「法の支配」の原理の異同について考えてみよう。
3 行政法の基本原理(2) ―承前
 (1)人権保障と消極行政・積極行政
 (2)地方分権と住民自治
 【予習】憲法が保障する人権をその性質に即して分類してみよう。
4 行政組織と行政法
 (1)行政組織法の基本原理
 (2)行政組織法上の基本概念
 【予習】行政主体、行政機関、行政庁の語の意味について調べてみよう。
5 行政作用の種別とその規律
 (1)権力行政とその手続的規律
 (2)非権力行政の種別と特質
 【予習】行政上の契約・協定にはどのようなものがあるか、調べてみよう。
6 行政手続法(1) ―公正・透明手続の保障
 (1)憲法上の適正手続
 (2)行政手続法の制定
 【予習】憲法31条が定める適正手続の保障は行政の諸活動にも及ぶか、考えてみよう。
7 行政手続法(2) ―行政立法
 (1)行政立法―行政による基準設定
 (2)行政立法制定前の意見公募手続
 【予習】憲法上の「委任立法の限界」論について調べておこう。
8 行政手続法(3) ―申請に対する処分
 (1)許認可等の申請手続
 (2)申請諾否処分の決定手続
 【予習】「申請」という行為と申し出、願い出、申立て等との違いについて、考えてみよう。
9 行政手続法(4) ―不利益処分
 (1)「不利益処分」の事前手続
 (2)聴聞の公正・透明手続
 【予習】聴聞の手続を調べて、その進行の流れを図にまとめてみよう。
10 行政的規制の諸類型
 (1)命令的行政処分と形成的行政処分
 (2)行政的規制の方法とその種別
 【予習】営業許可と公益的な事業免許の違いについて調べてみよう。
11 行政処分の取消しと撤回
 (1)行政処分の職権取消しと撤回の区別
 (2)取消・撤回権制限の法理
 【予習】行政処分の取消しや撤回に法律の根拠が必要か、考えてみよう。
12 行政指導
 (1)行政指導の意義と特質
 (2)行政指導の手続的ルール
 【予習】行政指導に関する行政手続法の規定を調べてみよう。
13 行政調査と即時強制
 (1)行政上の立入調査とその種別
 (2)即時強制と憲法上の令状主義
 【予習】行政上の立入権限に関する現行制度にどんなものがあるか、調べてみよう。
14 行政上の義務履行確保
 (1)行政上の強制執行
 (2)行政罰その他の間接的手法
 【予習】行政代執行や国税滞納処分の手続的流れを図にまとめてみよう。

 
授業運営
 全て講義形式による。授業には、dot Campus上に掲出されたレジュメ・資料をプリントアウトして用意すること。また、ノートを用意し、重要な事がらはノートに書き留める姿勢が重要である。なお、この講義では関係法律の条文を引用することがしばしばあるので、講義内容をより深く理解するため、六法を必ず手元に置き、その場で関係条文を確認するようにしていただきたい。
 
評価方法
 成績評価は、小テストおよび学期末のレポートによる。出席は評価対象としない。
 
オフィスアワー
 dot Campus上で質問等を受け付ける。
 
使用書
安達和志・嘉藤亮ほか『ホーンブック行政法』[北樹出版]2016年
978-4-7793-0505-4
参考書
宇賀克也・交告尚史・山本隆司編『行政判例百選Ⅰ』第7版[有斐閣(別冊ジュリスト)]2017年
髙木光・宇賀克也編『行政法の争点』[有斐閣(ジュリスト増刊)]2014年

 
 
 
[前へ戻る]