[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
職業指導(商業)
Vocational Guidance and Career Education (Business)
 担当者
 Instructor
講師   加瀬 きよ子  前学期 月曜日6時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
職業指導は、職業に就こうとする生徒に対して、その能力に適合する職業の選択を容易にし、その職業に対する適応性を増大させることを目的とする。本講義は、将来、商業高校教諭として、職業指導を担当するために、必要・不可欠な問題を整理・考察する。本講義の到達目標は、受講生が①高等学校における職業指導の意義・重要性を理解する。②生徒が自分の職業意識を育て、将来を展望し、進路を自ら見つける力をつけるよう、支援する力量を身につけることである。
 
授業内容
職業指導の考え方について、キャリア・カウンセリング理論を中心に学ぶ。その上で商業分野の職業について知る。生徒の職業選択に向けての支援の概要を学ぶ。




【アクティブ・ラーニングについて】---------------------------------------------------

※本授業は、アクティブ・ラーニング(ディスカッション、グループワーク等の能動的学修)を取り入れている授業である。




【実務経験のある教員による授業科目】---------------------------------------------------

学校現場における教員経験がある者が、その経験を活かして、生徒のキャリア形成について指導する。
 
授業計画
講義前には予習として、各回のテーマについて使用書の当該ページや配付資料をあらかじめ読み、不明な語句・事項について調べておくこと。講義後には復習として、指示された課題を通じて内容を振り返り、不明な点は各自調査、担当教員に質問するなどして理解に努めること。そのため、各回4時間以上の予習・復習を行うこと。なお、より詳細な予習・復習の課題・方法については授業内に指示する。
第1回:ガイダンス(シラバス記載事項の確認)、職業指導の概要受講の諸要件、モラルと職業、職業指導で何を学ぶか
第2回:職業指導の考え方、職業への興味
第3回:キャリア・カウンセリング理論
第4回:自己分析の目的と方法―個性と適正の認知と方法
第5回:進路指導と職業選択―特に教科「商業」の科目修得者(商業高校および総合高校)の進路指導にかかわって
第6回:ビジネス実務関係の職業分野について
第7回:マーケティング関係の職業分野について
第8回:ビジネス経済関係の職業分野について
第9回:会計関係の職業分野について
第10回:ビジネス情報関係の職業分野
第11回:情報収集の必要性とその方法―特に商業高校の就職先と関連して
第12回:職業指導機関―職業に関する行政の仕組みを知る
第13回:職業の変化 職業の変化要因
第14回:職業選択方法の動機づけー啓発的体験の活用についてー

 
授業運営
本講義は、生徒の将来について真摯に考える必要性、具体的にどう計画をたてるか、そのためにいま何を習得すべきかを基本的な問題と位置づけ、当該教科における問題点・指導方法などについて講義する。
 
評価方法
授業への取り組み(提出物・報告)60%、授業内小テスト40%。
 
オフィスアワー
授業の前後に受け付ける。
 
使用書
プリントなど適宜配布する。
参考書
三村隆男『キャリア教育入門』[実業之日本社出版]2008
吉田辰雄、篠翰『進路指導・キャリア教育の理論と実践』[日本文化科学社]2007
鮎川二郎・加賀博『キャリア形成と就職成功へのステップ』[実教出版]2006

 
 
 
[前へ戻る]