[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
会社法概説
Introduction to Corporation Law
 担当者
 Instructor
教授   葭田 英人  前学期 月曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は、経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、受講生が、①会社法総則、②企業組織、③企業運営、について学ぶことにより、企業社会を見る力を身につけることである。
 
授業内容
 本講義は、会社に関する法規制について解説し、必要な知識の習得と会社法上の考え方を学習し、会社の組織・運営等を中心とした会社法の仕組みを明らかにすることを目的とする。さらに、現在問題となっている会社に関するトピックスについても取り上げ解説する。なお、会社法Ⅰにおいては、会社の概念・種類、株式会社の設立、株式、新株予約権、社債等を中心とした授業を行うが、会社法Ⅱ(シラバス参照)においても、引き続き会社法の講義を行う。
 
授業計画
 各回の講義内容は次のように予定しているが、時間の関係で前後する場合がある。なお、予習(各回2時間程度)としては、各回の該当頁を予め読んでくること、そして、該当項目についてまとめておくこと、調査しておくこと、整理しておくこと、わからない用語や制度を調べてみること、復習(各回2時間程度)として、講義時に示した理論・知見を考察してみること。

1. 会社の概念・会社の種類
 さまざまな法人・会社の種類について比較検討し、個人企業と共同企業の概念及び会社の特質について学ぶ。
2.株式会社の設立(1)
 発起人の役割や定款の記載事項について学び、法的意義について検討する。  
3.株式会社の設立(2)
 設立手続について学び、設立に関する責任について考察する。
4.株式の意義と特質
 株式の意味する内容や性質について学び、その法律上の意義について考える。
5.株主の権利と責任
 株主として有する株主権と義務について検討する。  
6.株式の種類
 さまざまな種類の株式について学び、比較検討する。
7.株券と株主名簿
 株券の意義と法律上の問題点について考察し、株主名簿の意義と効力について学ぶ。
8.株式消却、株式併合、株式分割、株式無償割当て 
 株式の活用方法について学び、その法的意義を考える。
9.株式譲渡と株式担保
 株式譲渡の自由と制限及び株式担保について学び、その法律上の意義について考える。
10.自己株式取得
 自己株式取得について学び、その活用方法やあり方を考察する。
11.募集株式の発行
 株式の発行手続について学び、その法律上の問題点について検討する。
12.新株予約権
 新株予約権の発行手続や活用方法について学び、そのあり方を考察する。
13.社債総則
 社債の意義、社債権者の権利について考察し、法的論点について考察する。
14.社債管理者・社債権者集会
 社債管理者や社債権者集会の役割について検討し、法律上の問題点について考える。
 
授業運営
 講義形式をとるが、質疑応答をできるだけ取り入れながら授業を進める。なお、講義中の私語、飲食などは厳禁とする。
 
評価方法
 課題レポートにより評価する。評価基準として、論じている視点・論点の豊富さ、記述内容の正確さ、説得力等により加点し、文章の拙劣さ、余計な表記や誤字・脱字等を適宜減点して採点する。
 
オフィスアワー
 質問や指摘は講義後に受け付ける。
 
使用書
葭田英人『基本がわかる会社法』初版[三省堂]2017


 
 
 
[前へ戻る]