[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
憲法概説
Essentials of Constitutional Law 
 担当者
 Instructor
講師   臼井 雅子  前学期 金曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
 
到達目標
 本科目における履修生の皆さんの到達目標は、
1.日本国憲法が含む2つの部分(人権規定と統治機構)のうち、統治機構の内容について知識を得ること
2.統治機構に関わる問題点について学ぶこと
3.問題点についてどう解決または処理したらよいのか、自分の頭でも考え、アイディアを言葉にしてみること
とする。
 また、法学部のカリキュラムポリシーに従い、法学に関する基礎知識も併せて身につけられるようにカリキュラムを組んでいる。日本国憲法に関しては、教養系の「日本国憲法」でも講じているので基礎的な内容を大づかみしたい場合にはそちらの履修もお勧めする。また、憲法以外のさまざまな法分野に関して概略を学びたいのならば、同じく教養系法学の履修もしてほしい。

 
授業内容
 憲法は人権保障規定と統治機構と二つの構成部分があるが、概説Ⅰでは統治機構について講義する。日本国憲法の三原則や三権分立した国家機関についてなど国の政治のあり方に関わる分野である。下記に指定するテキストの後半部分、第12章から終章までの内容になる。
 講義時点での政策や政局もできるだけ関連づけて話してゆく。憲法の内容が国の政治のあり方をどのように規定しているのか理解してほしい。

*なお、人権規定については後期の憲法概説Ⅱで扱う。

本授業は、アクティブラーニング(反転授業)を取り入れている。
 
授業計画
 テキストを読んでくることを前提に講義する。
 予習:必ず講義予定の章節を前もって読むこと(読むスピードにもよるが1時間程度)、および講義で特に注意深く聞いておきたいところをチェック、または項目リストを作っておくこと(30分程度)。
 復習:まず、頭の中で何が講義されたか思い返し(20分程度)、それからもう一度テキストやノートを読むこと。自分なりのまとめノートを作り直してみるのが望ましい(2時間〜2時間30分程度)。また、下記の授業運営に述べるように、講義に関連するレポートテーマに取り組むことも復習につながる。
 原則として下記計画に沿って講義をしてゆくが、計画は目安である。
 また、憲法に関する問題は、政治や社会の中の重要な問題に関わってくる。そこで重要なニュースや判例、トピックスなどが出た場合には、事前に通知の上講義内容を変更し、その判例やトピックスなどの解説をすることもありうることをご了解願いたい。

1. ガイダンスとシラバス内容を確認する。憲法のなりたちについて解説する(第18章) 。
2. 平和主義(1):前文と平和的生存権/戦争放棄(第12章1〜2節)
 予習:日本流の平和主義と国際的な平和主義の違いを整理する。9条の項目を自分なりに整理する。復習:9条解釈と自衛権・ことに集団的自衛権のはらむ問題を整理し直す。
3. 平和主義(2):第9条と自衛隊(第12章3〜4節)
 予習:日米安保条約とガイドラインの変遷及び自衛隊の国際貢献のきっかけを整理する。復習:日米安保条約の内容の再整理と海外派遣の問題を考察する。
4. 国民主権と天皇(第14章)
 予習:なぜ国民主権が採用されたか、天皇主権の時代からの変更点を整理する。復習:天皇が象徴であることの意味を整理する。
5. 国会(1):国会という機関/会期/国会の権能(第15章1〜3節)
 予習:三権分立で国会がトップに位置する意味と国会の活動期間を整理する。復習:国民主権と国会との関係を整理する。
6. 国会(2):議院の機能/国会議員/財政(第15章3〜4節)
 予習:国会が行う各役割および財政の基本原則について整理する。復習:衆参両院が合わせて行う活動と、各議院が個別に行うことのできる活動とを区別して整理し、また国の財政のあり方について考察する。
7.行政権と内閣(1):行政権について/内閣の地位や組織 (第16章1〜2節)
 予習:行政権の拡大及び内閣とは何かを整理する。復習:どのように内閣が構成されるか、国会との関係を整理する。
8. 内閣(2):国会との関係と内閣の権限(第16章3〜4節)および地方自治(第17章)
 予習:内閣の役割についてリスト化する。復習:内閣の仕事が国会の仕事とどのように関連しているのか整理し、国と地方との関係を整理する。
9. 司法権と違憲審査(1):司法権とその限界/裁判の公平性の確保(第13章1〜2節)
 予習:司法の役割と裁判のあり方について整理する。復習:司法権の独立と裁判の公平性の重要性を整理する。
10. 司法権と違憲審査(2):違憲審査制および憲法保障(第18章)
 予習:違憲審査のやり方と限界について整理する。復習:違憲審査の果たすべき役割について整理する。
11. 憲法総論(第18章)と大日本帝国憲法(第19章)
 予習:今一度憲法の基本理念について整理しなおす。復習:日本国憲法と大日本帝国憲法との違いを整理する。
12.日本国憲法の制定について(終章) と講義内容の振り返り
 予習:日本国憲法が制定された歴史的背景を調べる。復習:日本国憲法の意味と位置について考察する。


 
授業運営


授業科目
Course Title 憲法概説
Essentials of Constitutional Law 
担当者
Instructor
講師   臼井 雅子 前学期 金曜日3時限
単 位
Credit 2
関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society

到達目標 Target to be Reached
 本科目における履修生の皆さんの到達目標は、
1.日本国憲法が含む2つの部分(人権規定と統治機構)のうち、統治機構の内容について知識を得ること
2.統治機構に関わる問題点について学ぶこと
3.問題点についてどう解決または処理したらよいのか、自分の頭でも考え、アイディアを言葉にしてみること
とする。
 また、法学部のカリキュラムポリシーに従い、法学に関する基礎知識も併せて身につけられるようにカリキュラムを組んでいる。日本国憲法に関しては、教養系の「日本国憲法」でも講じているので基礎的な内容を大づかみしたい場合にはそちらの履修もお勧めする。また、憲法以外のさまざまな法分野に関して概略を学びたいのならば、同じく教養系法学Ⅰ・Ⅱの履修もしてほしい。

授業内容 Course Content
 憲法は人権保障規定と統治機構と二つの構成部分があるが、概説Ⅰでは統治機構について講義する。日本国憲法の三原則や三権分立した国家機関についてなど国の政治のあり方に関わる分野である。下記に指定するテキストの後半部分、第12章から終章までの内容になる。
 講義時点での政策や政局もできるだけ関連づけて話してゆく。憲法の内容が国の政治のあり方をどのように規定しているのか理解してほしい。

*なお、人権規定については後期の憲法概説Ⅱで扱う。


授業計画 Course Planning
 テキストを読んでくることを前提に講義する。
 予習:必ず講義予定の章節を前もって読むこと(読むスピードにもよるが1時間程度)、および講義で特に注意深く聞いておきたいところをチェック、または項目リストを作っておくこと(30分程度)。
 復習:まず、頭の中で何が講義されたか思い返し(20分程度)、それからもう一度テキストやノートを読むこと。自分なりのまとめノートを作り直してみるのが望ましい(2時間〜2時間30分程度)。また、下記の授業運営に述べるように、講義に関連するレポートテーマに取り組むことも復習につながる。
 原則として下記計画に沿って講義をしてゆくが、計画は目安である。
 また、憲法に関する問題は、政治や社会の中の重要な問題に関わってくる。そこで重要なニュースや判例、トピックスなどが出た場合には、事前に通知の上講義内容を変更し、その判例やトピックスなどの解説をすることもありうることをご了解願いたい。

1. ガイダンスとシラバス内容を確認する。憲法のなりたちについて解説する(第18章1節) 。
2. 平和主義(1):前文と平和的生存権/戦争放棄(第12章)
 予習:日本流の平和主義と国際的な平和主義の違いを整理する。9条の項目を自分なりに整理する。復習:9条解釈と自衛権・ことに集団的自衛権のはらむ問題を整理し直す。
3. 平和主義(2):第9条と自衛隊(第12章)
 予習:日米安保条約とガイドラインの変遷及び自衛隊の国際貢献のきっかけを整理する。復習:日米安保条約の内容の再整理と海外派遣の問題を考察する。
4. 司法権と違憲審査(第13章)
 予習:司法の役割と裁判のあり方について整理する。復習:司法権の独立及び違憲審査の問題を考察する。
5. 国民主権と天皇(第14章)
 予習:なぜ国民主権が採用されたか、天皇主権の時代からの変更点を整理する。復習:天皇が象徴であることの意味を整理する。
6. 国会(1):国会という機関/会期(第15章1節~2節)
 予習:三権分立で国会がトップに位置する意味と国会の活動期間を整理する。復習:国民主権と国会との関係を整理する。
7. 国会(2):国会の機能/議院の機能(第15章3節~4節)
 予習:国会が行う各役割について整理する。復習:衆参両院が合わせて行う活動と、各議院が個別に行うことのできる活動とを区別して整理する。
8. 国会(3):議員/財政(第15章5節~7節)
 予習:国会議員の資格と財政の基本原則について整理する。復習:国の財政のあり方について考察する。
9. 内閣(1):行政権/内閣の地位/内閣の組織(第16章1節~3節)
 予習:行政権の拡大及び内閣とは何かを整理する。復習:どのように内閣が構成されるか、国会との関係を整理する。
10. 内閣(2):内閣の権限(第16章4節)
 予習:内閣の役割についてリスト化する。復習:内閣の仕事が国会の仕事とどのように関連しているのか整理しなおす。
11. 地方自治(第17章)
 予習:地方自治の基本理念について整理する。復習:中央政府と地方自治体との関係について考察する。
12. 憲法総論
 予習:憲法の基本理念について整理しなおす。復習:憲法を守る責任のある者について考察する。
13. 大日本帝国憲法と教育勅語(第19章)
 予習:大日本帝国憲法の特徴(天皇主権・臣民の権利等)について整理する。復習:人権保障と臣民の権利との違いを考察する。
14. 日本国憲法の制定について(終章)
 予習:日本国憲法が制定された歴史的背景を調べる。復習:日本国憲法の意味と位置について考察する。


授業運営 Course Management
1. 授業は指定テキストを元に講義形式で行う。第12章から終章までの内容の概略を解説してゆく。したがって受講生の皆さんには、(1)予習としてテキストの講義予定ページをあらかじめ読んでおくこと、(2)復習として授業後には今一度テキストやノートを読み返すことを行ってほしい。自分なりのまとめノートを作成するとなおよい。
2. 講義内容に関連する重要な問題点などについて、毎回課題を出す。レポートとして講義期間内に最低3通提出してほしい。その際、自分の考えを理由も添えて書いてほしい。
3. 授業時には、時々履修生の皆さんに向けてこちらから質問を出す。その質問には、知識を問うもの、以前の授業の復習、意見を問うものが含まれる(答えてくれた人には以下の評価方法に述べるように、ボーナスポイントとして加点する)。
4. テキストの他に必要に応じて資料を配布することもありうる。

 なお、ノートパソコンを持ち込んで入力してノートを取ることは許可する。電子辞書は持ち込んでもかまわないが、辞書を引くよりも話をよく聴くこと、自分の頭で考えることを第一としてほしい。

 
評価方法
1. 基本評価:
 試験期間中の論述式試験(評価割合70%)と最低3通のレポート提出(3通で計30%)。
 試験においては、以下の持ち込みを可とする:指定テキスト、六法、自分で作成したノート(PC作成のもの ―ただしプリントアウトしてくること― や、まとめノートも可)、配布資料・プリント(配布していれば)
 レポートは、課題例で書く場合、出題から4週間後を提出期限とする。その他憲法の「総論」や「統治機構」に関する任意のテーマを自分で見つけてもよいが、これは最終講義日を提出期限とする。レポートは1通1200字以上で、参考資料を3つ以上挙げることを必須とする。字数が足りなかったり参考資料が挙げられていない場合や、表紙含め2枚以上の時ホッチキス止めしていないレポートは減点する。
2. 加点要素:
 (1)レポートを4通以上提出すれば、4通目からは1通につき10点満点で採点し上記の基本評価の点数に加点する。課題例から4通以上書いてもよいし、憲法の「総論」「統治機構」に関する任意のテーマでもよい。ただし提出期限を過ぎた課題によるレポート提出はカウント外とする。
 (2)授業中に出した「質問」に答えてくれれば、難易度に応じて2点~3点の加点もする。


 
オフィスアワー
質問/相談/連絡については講義の前後に教室で受ける。
相談・連絡はメールでも受け付ける:pt128414zw@kanagawa-u.ac.jp(携帯メールは到達しないことがあるので、なるべく大学のアカウントで送ってほしい)

 
使用書
臼井雅子『日本国憲法への招待』[同友館]2012年

参考書
渋谷秀樹『憲法への招待 改訂版』[岩波新書]2012年
池上彰『池上彰の日本国憲法入門』[ちくまプリマー新書]2015年
尾崎哲夫『はじめての憲法 統治』[自由国民社(3日で学ぶ法律入門)]

 
 
 
[前へ戻る]