[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
Case Studies in International Business 
Case Studies in International Business 
 担当者
 Instructor
准教授 灘山 直人  前学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本講義の到達目標は、グローバリゼーションの進んだ現代社会において企業がいかに海外展開していくかについて、受講生が具体的事例を通して理解することである。

また、「少人数での英語によるディスカッション」が本講義の特徴である。これは経済学部のディプロマ・ポリシーに基づき、グローバル化する世界経済や企業活動の中で国際的な視野と国際化に対応できる知識や能力の習得を目指すものである。(日本人学生に加え、交換留学生の参加も歓迎する。)

This course aims at students’ learning about “how firms internationalize their business in this globalization era”, through reading practical cases.

This course is characterized as "a discussion-based in a small class in English”. (Exchange students are welcome in this course.)
 
授業内容

※重要:本講義ではZoomを用いたライブ配信授業を行う。履修登録を予定している(既にした)学生には、個別に授業参加の方法を教えるので、必ず灘山までメールで知らせること(naoto.nadayama@gmail.com またはft102011ea@kanagawa-u.ac.jp)。


本講義では、特定の企業に焦点を当てた7つのケースを扱っていく。それぞれの企業の置かれた状況や特性を詳細に理解しながら、それらがいかにグローバル社会のなかで活動しているのかを学んでいく。その際、必要に応じて国際ビジネスの理論や関連するケースを紹介していくつもりである。なお、授業のなかではディスカッションを用いる。毎回のケースに関連したテーマを受講生に投げかけ、様々な意見をざっくばらんに出してもらいながら一緒に考えていく。

また、受講者によるプレゼンテーションの機会をつくる。これは各自がマネジメントに関連したテーマを自由に設定して調べ、それについて短いプレゼンテーションを実施する。これは講義2回分相当の学習が求められる。

本講義では、説明やプレゼンテーション、ディスカッションまで基本的に全て英語で行う。そのため、受講生は英語での講義参加に意欲的であることが求められる。英語でのディスカッションは、特に将来海外に出たい人にとって良い経験になるだろう。また、日本人の受講生向けに、必要に応じて日本語での補足説明を適宜行う。

【アクティブ・ラーニングについて】
本授業はアクティブ・ラーニング(ディスカッション)を取り入れている授業である。

【実務経験のある教員による授業科目】
日本企業の海外子会社などで勤務した経験をもとに、多国籍企業の海外進出について多方面から考察する。

※Important: This course is conducted by Zoom-based online lecture. Lecturer would provide detail information by emails. If you are going to register (or have already registered) this course, please send an email to lecturer. (Naoto Nadayama: naoto.nadayama@gmail.com or ft102011ea@kanagawa-u.ac.jp)


This course utilizes seven cases, each of which focuses on a real/fictional company. Students learn how each company develops business in global society, with understanding the unique situation and characteristics. Students also get introduction of related cases and theories. In addition, this course is driven with discussion. Students are required to give opinions in a class.

In addition, this course provides an opportunity of short presentation to each student. A student sets a topic which is related to management by himself/herself, and she or he provides a short presentation about it in a class.

This course is basically lectured in English. It is required that students are motivated to participate this course in English. For domestic students, a lecturer would often provide supplimentary explanation in Japanese, if necessary.
 
授業計画
本講義の12回分の授業概要を以下に示す。

各回共通の予習として、受講生はその回で取り扱うケース教材を読んで内容を理解してくる必要がある。その他に各授業の予習事項を下記各回に【予習】として示す。また各授業の後には復習として授業で利用されたスライドを見返しながらそのケースについて再考してみる必要がある。なお予習と復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定している。

■第1回授業:「イントロダクション」
シラバスの記載事項について確認し、特に講義の進め方について説明する。またケース教材を受講生に配布する。さらに学生によるプレゼンテーションのスケジュールを決める。

■第2回授業:「ケース1: Ascendancy」
ケース1はAscendancyという架空のスポーツジム運営企業を想定し、その海外展開を取り上げたものである。ケース教材に基づいて講師がケース企業の説明を行い、特に海外拠点マネジメントに関するディスカッションを行う。【予習】ケース教材を読み、感想や興味を持った点など考えておく。

■第3回授業:「ケース2: Intel」
ケース2は米国の半導体メーカーであるインテルを取り上げ、そのコスタリカへの進出につき学ぶ。ケース教材に基づいて講師がケース企業の説明を行い、進出先選定につきディスカッションする。【予習】ケース教材を読み、感想や興味を持った点など考えておく。

■第4回授業:「ケース2: Intel続き」
前回に引き続きインテルのケースを取り上げ、特にコスタリカ側による誘致に焦点を当てたディスカッションする。【予習】ケース教材を読み、コスタリカの産業政策について調べてみる。

■第5回授業:「ケース3: Walt Disney」
ケース3はウォルト ディズニーによる香港ディズニーランドの展開に関するものである。ケース教材に基づいて講師がケース企業の説明を行い、特にローカル環境への適応の難しさについてディスカッションを行う。【予習】ケース教材を読み、感想や興味を持った点など考えておく。

■第6回授業:「ケース4: Otto Hotels&Resort」
ケース4はOtto Hotels&Resortという架空のホテル運営企業を想定し、その海外展開を取り上げたものである。ケース教材に基づいて講師がケース企業の説明を行い、特に海外ホテルチェーンを買収した後のマネジメントに関するディスカッションを行う。【予習】ケース教材を読み、感想や興味を持った点など考えておく。

■第7回授業:「ケース5: Castlebridge」
ケース5はCastlebridgeという架空のアパレル企業を想定し、その海外への工場移転(オフショアリング)を取り上げたものである。ケース教材に基づいて講師がケース企業の説明を行い、工場移転の是非に関するディスカッションを行う。【予習】ケース教材を読み、感想や興味を持った点など考えておく。

■第8回授業:「ケース6: IKEA」
ケース6はスウェーデン発の小売企業であるイケアで発生した児童労働をめぐる問題について学ぶ。ケース教材に基づいて講師がケース企業の説明を行い、問題発生時の対処についてディスカッションを行う。【予習】ケース教材を読み、感想や興味を持った点など考えておく。

■第9回授業:「ケース6: IKEA続き」
前回に引き続きイケアを取り上げ、多国籍企業の社会的責任につきディスカッションする。【予習】ケース教材を読み、またイケアの社会的責任活動について調べてみる。

■第10回授業:「ケース7: PedalSpark」
ケース7はPedalSparkという架空の電動自転車メーカーを想定し、そのインターネット販売を取り上げたものである。ケース教材に基づいて講師がケース企業の説明を行い、アマゾンを通した販売の是非に関するディスカッションを行う。【予習】ケース教材を読み、感想や興味を持った点など考えておく。

■第11回授業:「全ケースのおさらい」
これまでに学習した7つのケースについておさらいする。【予習】8つのケースについてあらためて教材を読み返し、比較してみる。

■第12回授業:「レポート作成および質疑応答」
レポート作成を行う。また受講生からの質疑応答に応じる。【予習】7つのケースについて復習する。

Content of each lecture is shown in the followings. Before each lecture, it is required that students read and understand a case article which is utilized. After each lecture, it is required that students review lecture slides and rethink of the case. The pre-/after-study would take about 4 hours per each lecture.

<Lecture 1: Introduction>
A lecturer will introduce an overview of this course, following this syllabus. He will also deliver course materials. He will also set schedule of student presentation.

<Lecture 2: Case 1 (Ascendancy)>
Case 1 focuses on a fictionalized company, Ascendancy, which operates sports gym chain in some countries. The case will be introduced and discussed in the context of international management.

<Lecture 3: Case 2 (Intel)>
Case 2 focuses on Intel, US semiconductor company, especially its entry into Costarica. The case will be introduced and discussed in the context of internationalization.

<Lecture 4: Case 2 (Intel continued)>
Intel's case will be continued for further discussion about internationalization.

<Lecture 5: Case 3 (Walt Disney)>
Case 3 focuses on Walt Disney, especialy its development of Hong Kong Disneyland. The case will be introduced and discussed in the context of global integration and local adaptation.

<Lecture 6: Case 4 (Otto Hotels&Resort)>
Case 4 focuses on a fictionalized company, Otto Hotels&Resort, which operates hotel chains in some countries. The case will be introduced and discussed in the context of global management after acquisition.

<Lecture 7: Case 5 (Castlebridge)>
Case 5 focuses on a fictionalized company, Castlebridge, which is an apparel company in the UK. The case will be introduced and discussed in the context of global offshoring.

<Lecture 8: Case 6 (IKEA)>
Case 6 focuses on IKEA, a Swedesh furniture company, especially its trouble of "child labour". The case will be introduced and discussed in the context of corporate social responsibility.

<Lecture 9: Case 6 (IKEA continued)>
IKEA's case will be continued for further discussion about corporate social responsibility.

<Lecture 10: Case 7 (PedalSpark)>
Case 7 focuses on a fictionalized company, PedalSpark, which is an e-bicycle manufacturer. The case will be introduced and discussed in the context of online sales.

<Lecture 11: Review of All Cases>
A lecturer will review all of seven cases to conclude this course.

<Lecture 12: Reporting and Q&A>
Students will make a report about a certain topic. In addition, students can ask questions to lectuerer, if anything.
 
授業運営
本講義ではZoomによるライブ配信授業を試みる。

本講義では1つのケースにつき1つの英文記事を教材として取り扱う。すなわち全部で7つの英文記事を取り扱い、全て初回の講義にて配布する。

なお、講師が授業のなかで使ったプレゼンテーションスライドについては毎回授業の後にドットキャンパス上にて受講生と共有する。

前述したように、本講義は基本的に英語のみでの講義になるが、講義中に必要に応じて日本語での説明を加える場合がある。また、この講義は英語自体を学ぶための語学の講義ではないため、英会話や英文法を教えるようなことには注力しない。また、授業中や授業時間外に講師が受講生とケース教材を一文ずつ詳細に翻訳して意味を確認するようなことはできない。ケース教材については基本的に自分で読み、できるだけ理解してくる努力が求められる。(一方で、受講生が事前に英語教材を全て理解できなくとも、講義中に内容を分かりやすく説明し、付いていけるようにするので安心していただきたい。)

This course is conducted by Zoom-based online lectures.

As course materials, this course uses seven case articles in total that are written in English. One article per a case. These case articles are delivered by a lecturer in Lecture 1. Schedule of student presenatation is also set in Lecture 1.

In addition, a lecturer explains each case by utilizing presentation slides that are shared with students after each lecture by university's “dotCampus” system.

This course is lectured only in English. Accordingly, students are required to have high motivation for participation in English. At the same time, this course is not for learning English itself. Lecturer does not specially teach practical methods of English communication/English presentation/English grammar in this course. In the lectures, the lecturer neither read nor check details of case article line-by-line. In addition, he does not support the detail translation of case articles for each student during lectures, as well as other times. Accordingly, it is required for each student to try to read and understand case articles in English by his/her own skills and motivations.
 
評価方法
以下の方法で成績評価を行うが、講義を4回以上欠席した者は評価の対象としない。
1.講義での発表:30%
2.講義での議論:20%
3.期末レポート50%
(中間テスト・期末テストはなし)
(なお期末レポートに関しては英語だけでなく日本語での質問も記載し、受講生には英語か日本語での回答を認める。

Students are evaluated by following criteria:
1.Presentation in lectures (30%)
2.Discussion in lectures (20%)
3.Final reporting (50%)

*If a student is absent from 4 lectures (or more), he/she fails this course.
*This course has neither mid-term exam nor final exam.
*In final reporting, questions are provided both in English and in Japanese. Students are allowed to answer the questions either in English or in Japanese.
 
オフィスアワー
2020年度前期は対面での相談ができないため、相談等のある人は、メールでの相談に応じる。(naoto.nadayama@gmail.com)

Because it is not allowed to set a meeting in the spring period 2020, please send email to lectuer. Email address is: naoto.nadayama@gmail.com
 

参考書
中川功一・林正・多田和美・大木清弘『はじめての国際経営』[有斐閣ストゥディア]2015
Charles W. L. Hill & G. Thomas M. Hult,International Business,11,McGraw-Hill,2017

 
 
 
[前へ戻る]