[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
ファイナンス(基礎)
Introduction to Finance
 担当者
 Instructor
准教授 舟橋 秀治  前学期 月曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は,現代ポートフォリオ理論とコーポレートファイナンスの話題を中心に学習し,ファイナンス理論に現れる基本原理や数理的手法を理解し,関数電卓や表計算ソフト(Excel)を用いて例題を解く力を身につけることである.具体的には,以下の事項を段階別に習得することを目標とする.
(1)貨幣の時間価値について学び,割引債,利付債,金利スワップなどを題材にキャッシュフローの現在価値が計算できるようになる.
(2)不確実性の確率的記述方法を学び,リスクとリスクプレミアムについて理解する.
(3)ポートフォリオ理論では,リスクとリターンの観点から金融資産をどのように組み合わせれば投資家にとって最適となるか学び,市場均衡に関する基本的な結果である資本資産評価モデル(CAMP)について理解する.
(4)コーポレートファイナンスでは,企業価値最大化を目標に企業の資金調達の理論を学び,市場に裁定機会が存在しないという仮定のもと企業価値保存の法則(MM定理)の導出理念を理解する.
(5)法人税や倒産コストを考慮し,企業価値保存の法則が成り立たない場合の最適資本構成の問題について理解する.
 なお,ファイナンス理論の全体像をつかむため,派生証券論及びそれに関連するトピックについて扱う後期のファイナンス(応用)を併せて受講することを推奨する.
 
授業内容
 ファイナンス理論は,金融資産(株式や債券など)に投資を行う投資家の観点から考察する「証券投資論」と企業の財務に関わる事柄を考察する「コーポレートファイナンス」に大別される.さらに前者には,現代ポートフォリオ理論や派生証券論などがある.
 本講義では,現代ポートフォリオ理論とコーポレートファイナンスの話題を中心に講義し,ファイナンス理論を初めて学ぶ人を対象に,簡単な数学の知識を説明しながら平易に解説する.高度な数学を使った説明は避け,具体的な事例を用いて分かり易く説明する.
 なお,後期のファイナンス(応用)では主に派生証券論及びそれに関連するトピックについて講義する.これらの学習を通して,広くファイナンス理論を俯瞰することで,受講者がさらに発展したファイナンス理論を学習する上で必要不可欠となる基礎知識を養う.

【実務経験のある教員による授業科目】
金融機関で実務経験のある教員が,広く実務に応用されている「ファイナンス理論」を体感してもらえるように,具体的な事例の紹介や練習問題を解きながら講義を進めていく.
 
授業計画
 授業はオンタイム型授業とオンデマンド型授業を組み合わせて行う.予習は不要であるが,講義内容を使用書やスライドの該当箇所を見ながら理解し,授業中に解いた例題や練習問題を自力で解けるようにすること.自習時間の目安は4時間程度である.
 各回の講義の予定は以下の通りだが,講義内容は履修者の理解度に応じて柔軟に変更する.
01. シラバスの確認・金融実務の概要
   直接金融と間接金融,企業の資金調達,証券市場
02. キャッシュフローの評価1
   キャッシュフロー(割引債,利付債,金利スワップ),金利と利回り
03. キャッシュフローの評価2
   貨幣の時間価値,割引現在価値
04. キャッシュフローの評価3
   最終利回りと内部収益率,投資の評価,不確実なキャッシュフロー
05. 不確実性とリスク1
   リスクとリターン,収益率とボラティリティ,二項モデル
06. 不確実性とリスク2
   リスクプレミアム,効用関数,確実性等価原理,シャープレシオ
07. 現代ポートフォリオ理論1
   平均・分散アプローチ,ポートフォリオ効果
08. 現代ポートフォリオ理論2
   実行可能ポートフォリオ,有効フロンティアと接点ポートフォリオ
09. 現代ポートフォリオ理論3
   資本資産評価モデル(CAPM)
10. コーポレートファイナンス1
   企業の投資意思決定
11. コーポレートファイナンス2
   負債コスト,株式コスト,加重平均コスト
12. コーポレートファイナンス3
   最適資本構成と無裁定理論,企業価値保存の法則(MM定理)
13. コーポレートファイナンス4
   財務レバレッジ,複製ポートフォリオ
14. まとめ
 
授業運営
授業は,シラバス通りに12週のオンタイム型授業(ZOOM授業と動画配信を組み合わせる予定)を実施することに加え,2回のオンデマンド型授業(線形代数および微積の復習)を提供することで,14回に相当する授業時間を担保する.使用書に沿った講義を行う形式をとるので,使用書を用意されたい(初回は必要としない).
 
評価方法
遠隔による最終試験は公正に実施することが困難なため実施しない.6月末と7月末に2回のレポート(70%)を課すとともに,授業中の演習(30%)により評価する.レポートは,教員が採点しdotCampusを通じて学生に返却する.演習は講義の中で解答を示し,後日dotCampusを通じて回収する.初回の授業では,受講する際の留意点を述べるので,必ず出席されたい.

 
オフィスアワー
dotCampusを通して質問するか,講義後にもその場で受け付ける.
 
使用書
木島正明,鈴木輝好,後藤允『ファイナンス理論入門』[朝倉書店]2012
ISBN978-4-254-29016-5
参考書
木島正明『金融工学』[日経文庫(経済学入門シリーズ)]2002
ISBN978-4-532-10856-4
 
 
 
[前へ戻る]