[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
ミクロ経済学演習
Microeconomics Exercises
 担当者
 Instructor
准教授 清水 俊裕  前学期 火曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本学部のカリキュラム・ポリシーに従い、現代における内外の経済現象を正確に認識し、実践的に対応する能力を培うことを目標とします。具体的には、問題演習を通してミクロ経済理論に関する理解をより深めることを目標とします。
 
授業内容
ミクロ経済学について学修済みであることを前提に、復習のための講義と問題演習を行います。公務員試験やERE(経済学検定)などの問題を参考にした独自問題を用います。


【アクティブ・ラーニングについて】
本授業は、アクティブ・ラーニング(反転授業)を取り入れている授業です。事前にdotCampus上にアップされている講義ビデオを視聴し、確認問題を解いた上で授業に参加してもらいます。授業では練習問題を解いてもらい、その問題について解説を行います。
 
授業計画
この授業は事前に講義ビデオを視聴してくることを前提としています。すべての回について、ビデオの内容を理解し、そこで提示される確認問題を自ら解いてくることをもって予習とします。また、授業では問題演習とその解説を行いますので、復習によってそれについての理解を深めることが求められます。予習・復習合わせて各回あたり4時間程度の自己学習が想定されています。

01. イントロダクション:シラバスの確認、受講方法の説明、理解度テスト
02. 企業行動の分析(1):利潤最大化、費用関数、損益分岐点・操業停止点
03. 企業行動の分析(2):長期費用関数、生産関数
04. 消費者行動の分析(1):効用関数、無差別曲線、予算制約、効用最大化
05. 消費者行動の分析(2):上級財・下級財、需要の価格弾力性、スルツキー分解
06. 消費者行動の分析(3):2財モデルの応用(労働-余暇選択モデル・2期間モデル)、リスク
07. 需要-供給分析:市場均衡、調整過程、余剰分析
08. 厚生経済学の基本定理:パレート効率性、エッジワース・ボックス
09. 不完全競争(1):独占
10. 不完全競争(2):寡占、独占的競争、ゲーム理論
11. 市場の失敗(1):外部効果、公共財、費用逓減産業
12. 市場の失敗(2):情報の非対称性、政府の役割とは
13. 国際貿易:貿易政策、比較優位の原理、小国の貿易モデル
14. 期末テスト・解説講義
 
授業運営
受講者は授業前にdotCampus上にアップされた講義ビデオを視聴した上で確認問題を解き、Web経由で提出しておくことが求められます。授業ではビデオ内容の復習を行った後、練習問題を解き、その後解説講義を行います。詳細な受講方法については第1回の授業で説明します。

「ミクロ経済学」の授業については履修済みであることを前提とします。また、「微分」「偏微分」の知識が必要になりますが、これらの知識がない人に対しては別途ビデオを用意しますので、自習してくることが要求されます。
 
評価方法
事前提出された確認問題(30%)と期末テスト(70%)によって評価します。尚、4回以上欠席した者については評価の対象としません。

期末試験終了後、解説講義を行います。各問題の正解率や講評については、dotCampusにアップします。
 
オフィスアワー
金曜3限に研究室(1-718)で質問に応じます。
 
使用書
テキストは使用しません。
参考書
講義中に適宜指示します。
 
 
 
[前へ戻る]