[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
基礎経済数学
Introduction to Mathematics for Economics
 担当者
 Instructor
講師   坂原 樹麗  前学期 木曜日3時限/木曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
受講生が、(1)矢印やグラフ、文字式などを用いた関数のさまざまな表現方法を理解できるようになること。(2)企業の生産活動と利潤の関係や、消費者の消費行動と効用の関係など、経済的な活動とその結果の間の関係を、関数を用いて表現できるようになること。そして、(3)関数を用いて表される方程式を解き、均衡や最適解などを求められるようになること。以上の3点を身に付けることを目標とします。

また、経済学部のカリキュラム・ポリシーの中で基礎学力に位置付けられている、経済学や統計学の知識を身につけるのに必要となる基礎的な数学力を身につけることを目的としてカリキュラムを編成しています。数学力に自信がない方、とりわけ高校で数学Iしか受講していない方は、ミクロ・マクロ経済学、統計学などの科目を履修する前に、本講義を受講するとよいでしょう。
 
授業内容
数、関数、方程式、という数学的な概念の基礎を確認することが授業の中心になります。とくに、文字による表現とグラフによる表現の関係を掴むことを通じて、関数という概念についてより豊かなイメージをもてるような内容を扱う予定です。また、文字で表される式の計算方法の確認にも重点を置きます。逆関数や合成関数といった、数学Ⅲで習う内容も扱いますが、これらの内容をあらかじめ知っている必要はありません。
 
授業計画
以下の内容を以下のスケジュールで紹介してゆく予定ですが、スケジュールは細かく変更することになると思います。

第1回  ガイダンス:シラバス記載事項の確認
     文字式1  和と積、交換、結合、分配法則
第2回  文字式2  累乗、指数、和と積の逆元
第3回  方程式
第4回  比と割合
第5回  経済学への応用1:比較生産費説
第6回  関数と逆関数
第7回  合成関数
第8回  関数と方程式
第9回 経済学への応用2:部分均衡分析
第10回 経済学への応用3:財市場の均衡と所得の決定
第11回 乗数効果と等比数列の無限和
第12回 2次関数

授業は、その回ごとに配布するハンドアウトをもとに進めます。このハンドアウトには、その日の授業で確認する内容がまとめられています。また、ハンドアウト以外に、演習問題を配布する予定です。どちらの資料も,dotCampusからダウンロードしてください。

事前に目を通し、演習問題も解いておいてください(当日のハンドアウトに目を通し、演習問題を解いておくことが予習の対象です)。なお、演習問題は、授業時間が終わるまでに、dotCampusを通じて提出していただきます(成績評価の対象になります)。

演習問題の解答例と解説は、授業の翌日を目処にdotCampusに公開します。自分の解答のどこが間違っていたか、正しく解けていた場合でも、他にどのような解き方がありうるのか、といった点について復習しておいてください(なお、予習・復習を合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定しています)。
 
授業運営
授業はおそらく、Zoom などの Web会議システムを使って行うことになると思います(未定。詳しくはガイダンスで確認します)。

授業は、ほぼ半分程度の時間でハンドアウトの内容を確認し、残りの時間で質疑応答を行います。

内容の説明は、資料、およびメモの画面などを、必要に応じて切り替えながら進める予定です。

質疑応答の時間は、授業の内容への質問に利用してください。積極的に質問してくれた方には成績に加点することを考えています(加点するかどうか、また、どの程度加点するか、といった点については、進めながら検討する予定です。ただし、加点する程度は、1人について1学期全体で10点を超えない程度を想定しています)。
 
評価方法
成績は、提示された演習問題の頻度・出来を参考にして評価します。

Web会議システムへの参加は、成績評価には影響しません。ただし、授業で質問してくれた方には、ボーナスとして全体で10点を超えない範囲で加点することを考えています(詳しくは、進めながら考えます)。
 
オフィスアワー
質問は授業の演習の時間に受け付けます。
 

参考書
永野 裕之『統計学のための数学教室』[ダイヤモンド社]2015

 
 
 
[前へ戻る]