[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
公共経済学
Public Economics
 担当者
 Instructor
講師   野呂 純一  前学期 火曜日1時限-金曜日3時限
  後学期 月曜日1時限-金曜日4時限
 単 位
 Credit
4

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は、受講生が、①「政府がどのような経済活動を行っているのか」、②「政府が家計や企業、市場へどのような影響を与えているのか」、について深く考え、理解することを目標としている。
 その中で、講義中の質問やリアクションペーパーなどを利用して自分の考えを積極的に述べることで「主体的に学ぶ力」や、私達の身の周りで起こっている出来事を経済学的視点から正しく把握し、「課題を発見できる能力」についても身につける。
 関連科目として、公共経済学を学ぶためにはミクロ経済学の基礎的な知識を必要とするため、ミクロ経済学関連科目を履修中、または履修済であることが望ましい。
 
授業内容
 これまで学んできたミクロ経済学についての基本的な理論と考え方について確認しながら、その応用として公共経済学に関する基礎的な理論や概念について学ぶ。
 また、受講生の理解度の確認や各種試験対策として、ミクロ経済学や公共経済学に関する練習問題を取り入れていくと同時に、リアクションペーパーに書いていただいた質問や意見を次回の講義の最初に解説することにより、受講者の関心に合わせて講義する。
 
授業計画
 講義内容は以下のように予定しているが、受講生の理解度や時間の関係で前後したり、時間配分を変更する場合がある。
 各回に共通して「予習」については、次回の講義で使用する配布資料などをしっかり読むことに加え、講義内容に関連するキーワードなどについて各自調べて講義に臨み(予習時間2時間)、「復習」の際には、講義中に紹介した参考文献や配布資料をよく読んで理解するようにしてほしい(復習時間2時間)。


01. ガイダンス/公共経済学について
  シラバスの記載事項について確認し、「公共経済学とはどのような学問か」について理解する。

02. ミクロ経済学の復習①
  「公共経済学」を学ぶ上で必要な、これまで学んできた「経済学」及び「ミクロ経済学」に関する概念について復習する。

03. ミクロ経済学の復習②
  これまで学んできた「需要曲線」、「消費者余剰」などの消費者理論について復習する。

04. ミクロ経済学の復習③
  これまで学んできた「供給曲線」、「生産者余剰」などの生産者理論について復習する。

05. ミクロ経済学の復習④
  これまで学んできた「市場の価格メカニズム」、「総余剰」などについて復習する。

06. 公共財①
  「公共財とはどのようなものか」について理解し、「公共財の分類」について理解する。

07. 公共財②
  「公共財の負担はどのように決定されるのか」について理解する。

08. 公共財③
  「中央政府」と「地方政府」による公共財へ与える影響について理解する。

09. 公共財④
  「公共財の供給」と「政治による意思決定」のかかわりについて理解する。

10. 外部性①
  「外部性とはどのようなものか」について知り、「外部性の分類」について理解する。

11. 外部性②
  「正の外部性」の具体例とその影響について理解する。

12. 外部性③
  「負の外部性」の具体例とその影響について理解する。

13. 外部性④
  「外部性」と「税金」、「補助金」とのかかわりについて理解する。

14. 中間のまとめ
  これまで学んできたことの理解度について確認し、復習する。

15. 自然独占①
  「完全競争市場」と「不完全競争市場」の特徴と違いについて理解する。

16. 自然独占②
  「自然独占」が形成される過程と特徴について理解する。

17 自然独占③
  「独占企業の利潤最大化行動」について理解する。

18 自然独占④
  「二部料金制度とはどのようなものか」について理解する。

19. 租税①
  「租税」と「租税の3つの原則」について理解する。

20. 租税②
  「累進税」と「逆進税」、「犠牲説」について理解する。

21. 租税③
  「消費課税」と「所得課税」の経済効果について理解する。

22. 租税④
  「最適課税」と「特殊な市場への課税」について理解する。

23. 公債①
  「公債の特徴」と「公債と租税の違い」について理解する。

24. 公債②
  「公債」と「市場」の関係について理解する。

25. 所得再分配政策①
  「市場による所得分配」と「政府による所得再分配政策」について理解する。

26. 所得再分配政策②
  「不平等度」と「2つの社会厚生関数の特徴」について理解する。

27. 公共経済学における他の理論や概念
  「公共経済学」という学問領域の中で扱われるその他の理論や概念について学ぶ。

28. 総括
  これまで学んできたことの理解度について確認し、復習する。
 
授業運営
 パワーポイント及び配布資料を用いた講義形式で行っていく予定だが、受講生の人数や状況に応じて受講生の発表や討論などを行うこともある。  
 詳細については初回の講義で改めて説明するので必ず出席すること。

【遠隔授業の種類】リアルタイムとオンデマンドの併用

【使用するツール】Zoom及び動画

 
評価方法
 平常点(100%)で評価する予定であり、平常点とは、数回実施する課題の提出、講義への積極的な参加姿勢などを指す。
 
オフィスアワー
 質問など授業終了後、またはリアクションペーパー、メールにて受け付け、受講生には開講時に質問用のメールアドレスをお知らせする。

 

参考書
上村 敏之『公共経済学入門 (経済学叢書Introductory)』[新世社]2011

 
 
 
[前へ戻る]