[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
租税論
Tax System 
 担当者
 Instructor
准教授 森田 圭亮  後学期 木曜日5時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は、日本を取り巻く経済社会の現状を踏まえた上で、我が国の税のあり方について、経済理論をベースとして学生ひとりひとりが自主的に考える力を養うことである。
 また、経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、現代の経済現象を正確に認識し、実践的に対応する能力を培い、幅広い教養とコミュニケーション能力を身につける一環として、経済理論を応用しながら税のあるべき姿や今日の税に関する課題を掘り下げて講義する。そのため、ミクロ経済学やマクロ経済学についての理解を深めておくことが望ましい。
 
授業内容
 少子高齢化、経済のグローバル化、過疎化・過密化など国内外における経済事情の変化を踏まえつつ、租税の在るべき姿を、主に経済理論の立場から説明する。
 
授業計画
 各講義で予定している講義内容は以下のとおりである。ただし、進捗状況により、講義内容が前後することがある。
 講義内容は経済理論を活用することがあり、また適宜時事的な話題にも触れるため、各回共通の予習として①ミクロ経済学やマクロ経済学の確認を行う ②新聞やテレビなどのニュースを注視すること の2点を実践することを推奨する。これらに加えて、下記に示す通り、各講義ごとの予習や復習をおこなうことが望ましい。なお、予習・復習合わせて各回あたり4時間程度の自己学習を想定して課題を提示している。

1.序論:シラバスの記載事項について確認する。
2. 法人税と企業行動①〜企業行動の基礎
  ミクロ経済学における企業行動について確認をする。【予習】ミクロ経済学における生産関数や等利潤線について理解する。
3. 法人税と企業行動②〜法人税と景気
  減価償却費控除などの措置が景気に及ぼす意味を理解する。【予習】使用書第5.2節などを参考に、企業行動と法人税の仕組みの関係を理解する。
4. 法人税と租税競争
  租税競争の背景やその問題点を理解する。【予習】ミクロ経済学におけるナッシュ均衡について理解する。
5. 消費税の基礎
  消費税の特徴や種類などについて理解する。【予習】使用書第6章のイントロダクションなどを参考に、従量税と従価税の違いを理解する。
6. 個別消費税①〜余剰分析
  次回以降の講義の基礎となる余剰分析について理解する。【予習】ミクロ経済学における消費者余剰や生産者余剰について理解する。
7. 個別消費税②〜税の帰着
  個別消費税の転嫁・帰着について理解する。【予習】使用書第6.1節などを参考に、個別消費税の課税に伴う均衡状態の変化について理解する。
8. 個別消費税③〜ラムゼイルール
  余剰分析を応用して、個別消費税の最適課税ルールを理解する。【予習】使用書第6.2節などを参考に、逆弾力性の命題を理解する。
9. 一般消費税①〜一般消費税の種類
  様々な一般消費税の仕組みや問題点について理解する。【予習】使用書第6.2節などを参考に、様々な一般消費税について理解する。
10. 一般消費税②〜付加価値税の特徴
  マクロ経済学の三面等価の法則を利用して、付加価値税の仕組みを理解する。【予習】マクロ経済学における三面等価の法則を理解する。
11. 一般消費税③〜帳簿方式とインボイス方式
  ヨーロッパと日本の付加価値税の違いを理解する。【予習】使用書第6.2節などを参考に、帳簿方式とインボイス方式の違いを理解する。
12. 一般消費税④〜益税
  日本の付加価値税に伴う益税の問題を理解する。【予習】使用書第6.3節などを参考に、簡易課税制度について理解する。
13. 一般消費税⑤〜逆進性問題
  一般消費税に付随する逆進性の問題を理解する。【予習】使用書第6.4節などを参考に、逆進性の問題について理解する。
14. 環境税
  環境税を余剰分析を用いて理解する。【予習】使用書第7章などを参考に、環境税の仕組みについて理解する。
 
授業運営
 授業は基本的に板書による講義形式で進める。授業の理解度を高めるために、必要に応じてグループワークなどを行う。小テストやレポート課題はdotcampusを通じて提示することがあるので注意されたい。講義内容について理解を深めるために数学を活用することがある。板書をベースとして講義を進めるため、必ず自筆用のノートを準備すること。携帯電話などによる写真・動画撮影など、携帯電話などの電子機器を講義中に活用することを原則認めない。許可なく使用した場合は、厳正に処分することがあるので注意すること。また、講義の出欠訂正は速やかに届け出ること。

遠隔授業の種類)オンタイム型授業

使用するツール)Zoom,Teams

 
評価方法
 定期試験を中心に評価を行う。小テストやレポート課題などについても評価の対象とする。講義を4回以上欠席したものは評価の対象としない。
 
オフィスアワー
水曜日12:30~13:30
 
使用書
兼子良夫『財政学』[税務経理協会]2018

参考書
井堀利宏『課税の経済理論』[岩波書店]2003年
奥野信弘、八木匡、小川光『公共経済学で日本を考える』[中央経済社]2017年
貝塚啓明『財政学』[東京大学出版会]2003年

 
 
 
[前へ戻る]