[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
意思決定論
Decision Making
 担当者
 Instructor
教授   小山 和伸  後学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 受講生が、意思決定や選択のメカニズムについて、主要な学説を理解すると共に、現実の決定問題に関して自分なりの評価ができる定見を得る。授業は、日本語の解説をつけながら、原則として英語で行う。英語による授業内容を、大まかに理解できる能力を養う。
 各回、予習と復習に1時間程度の勉強を心がけて欲しい。


Students will undarstand fondamental theory and mechanism of decidion making. In real society, our reason to decide by ourselves is important in spite of limited rationality. I'll read the lectures in English with summary in Japanese. You had better prepare and review about for 1 houre for each class.



 
授業内容
 H.A. サイモンの意思決定論を中心に据えて、選択のメカニズムについて検討してゆく。現代経営学の中心となる組織論や意思決定論における人間観と、経済学の消費者行動論に見られる人間観を対比し、より現実的な人間観に接近する。

Course Contents
We will learn about the fundamental theory of decision making through the works of H. A. Simon. Upon the completion the fundamental theory, we will learn about the authentic problems that are concerned with the selection of works by K. Oyama.


【実務経験のある教員による授業科目】
一般社団法人メディア報道研究政策センター理事長としての経験を活かし、現代経営学の組織論や意思決定論を教授する。
 
授業計画
1. 意思決定論の誕生ー意思決定論における基本概念
  シラバスに関する解説  
2. 経済学的人間観と最適決定 
3. 組織論的人間観と満足決定
4. 意思決定不能というコンフリクト 
5. 探索活動と要求水準
6. 限定された合理性とハイアラーキー概念
7. コンフリクトの准解決と、ハイアラーキーの准分解可能性
8. 選び方のタイプ
9. 選択の心理学
10.選択における限界代替率逓減の法則
11.省エネ型選択とパイオニア型選択
12.選択の成功と失敗
13.選ばれるための選択
14.あるべき自分の姿-どうあるべきかと、どう見せるべきか
  さらに、選ばれぬ悲哀にどんな意味があるのか
毎回、テキストはドット・キャンパスで確認できるようにする。テキストの予習と授業内容の復習をしっかり行うこと。

Program of the lecture
1. Guidance ; Fundamental concepts
2. Hypothesis of human beings
3. Decision making and bounded rationality
4. Optimal decision and satisfying decision
5. Conflict in the decision process
6. Bounded rationality and concept of the hierarchy
7. Quasi-solution of conflicts and quasi-analyzability in the hierarchical structure
8. Selection theory by K. Oyama (1)
9. Selection theory by K. Oyama (2)
10. Selection theory by K. Oyama (3)
11. Selection theory by K. Oyama (4)
12. Paradox of civilization and ignorance by K. Oyama (1)
13. Paradox of civilization and ignorance by K. Oyama (2)
14. Paradox of civilization and ignorance by K. Oyama (3)


 
授業運営
 外部講師による授業もあり得る。外部講師が外国人の場合、英語ないしフランス語を使用する場合もあり得る。ただし、その場合は、日本語による解説をつける。
I may invite foreign professors suitably.

使用ツール:ZOOM
 
評価方法
 学期末の筆記試験を中心とするが、その他授業内の小テストや特定課題のリポートを課する場合がある。

Notes/texts from each lecture are available through the university’s internet system. Success of the course requires the completion of a terminal examination, a short test, and a report. A foreign professor will be the guest lecturer in a special session.
 
オフィスアワー
月~金曜日10:00-17:00 1-620小山研究室
 
使用書
小山和伸『意思決定論』初版[白桃書房]2014年


 
 
 
[前へ戻る]