[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
社会経済学
Political Economy
 担当者
 Instructor
准教授 川村 哲也  後学期 水曜日1時限-木曜日2時限
 単 位
 Credit
4

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本講義の目的は、受講生が
 ・資本主義に潜む権力関係を理解する
 ・社会的再生産のメカニズムを理解する
 ・分配的正義論の主要な学説を理解する
 ・経済学における2つのパラダイムを理解する
ことである。
 
授業内容
 本講義は、「市場」「生産」「分配」の3つのパートに分かれる。「市場」では市場メカニズムの特性を復習したのち、市場における「権力」について学ぶ。「生産」では、剰余アプローチという考え方を解説し、「社会的再生産」のメカニズムを学ぶ。「分配」では、経済学における所得分配の考え方を解説し、分配的正義論の主要な学説を紹介する。
 
授業計画
 各回の講義内容は次のように予定している(あくまでも「予定」である)。予習・復習合わせて4時間の自己学習を想定している。予習としては、各回に【予習】として示されていることを前提とする。

1. イントロダクション
 シラバスの確認 / 社会経済学とは / 3次元アプローチ
Ⅰ 市場
2. 消費者の行動
 【予習】ミクロ経済学で学んだ消費者の行動について確認しておく
3. 企業の行動
 【予習】ミクロ経済学で学んだ企業の行動について確認しておく
4. 競争均衡
 【予習】ミクロ経済学で学んだ競争均衡の性質について確認しておく
5. 市場経済の厚生的性質
 【予習】厚生経済学の基本定理について確認しておく
6. 囚人のジレンマ
 【予習】ミクロ経済学で学んだゲーム理論について確認しておく
7. 社会的ジレンマ
 【予習】囚人が3人の場合のジレンマについて考えてみる
8. 市場と権力(1)
 抗争的交換
 【予習】ミクロ経済学で学んだ交換の利益について確認しておく
9. 市場と権力(2)
 労働市場 / 資本市場
 【予習】ミクロ経済学で学んだ労働市場について確認しておく
Ⅱ 生産
10. 生産関数
 【予習】ミクロ経済学で学んだ生産関数について確認しておく
11. 剰余アプローチの考え方
 【予習】古典派経済学者たちの社会把握について調べておく
12. 資本主義的生産
 【予習】資本主義とはどのような社会なのか考えてみる
13. 利潤と利潤率
 【予習】利潤あるいは利潤率を増加させる方法を考えてみる
14. 社会的再生産(1)
 ケネーとマルクス
 【予習】ケネーとマルクスの経済理論の特徴を調べてみる
15. 社会的再生産(2)
 投入産出分析
 【予習】プリントを配布するので読んでおく
Ⅲ 分配
16. 限界生産力理論
 【予習】ミクロ経済学で賃金がどのように決まると説明されていたか、確認しておく
17. 労働価値論
 マルクスの基本定理
 【予習】労働価値論と呼ばれる考え方の特徴を調べてみる
18. 賃金・利潤曲線
 【予習】剰余アプローチの考え方を確認しておく
19. 分配的正義の理論(1)
 概説
 【予習】社会における協働と利害対立について考えておく
20. 分配的正義の理論(2)
 功利主義
 【予習】功利主義の特徴を調べてみる
21. 分配的正義の理論(3)
 ロールズとセン
 【予習】社会契約論の考え方を調べてみる
22. 分配的正義の理論(4)
 リバタリアニズム
 【予習】市場メカニズムと所得分配について考えてみる
Ⅳ 総括
23. 経済学における2つのパラダイム
 【予習】講義でミクロ経済学とは異なる説明をしていた部分について確認しておく
24. 経済学の多様性
 【予習】特に必要なし
 
授業運営
ZOOMによるオンタイムで行う
 
評価方法
レポートによる
 
オフィスアワー
質問などについては、メールで受け付ける(ft101642@jindai.jp)
 


 
 
 
[前へ戻る]