[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
会計史
Accounting History
 担当者
 Instructor
講師   木村 晃久  前学期 木曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は、受講生が、会計基準の変遷とその理由について説明することができるようになることである。なお、経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、会計系科目についても入門から応用まで、知識や専門的なものの見方を順を追って体系的に身につけられるようにカリキュラムを編成している。本講義はその中で、「基礎簿記」および「基礎会計」で修得した基礎的な会計の知識を前提に進めるため、これらの単位を修得済みであることが望ましい。
 
授業内容
 この講義では、下記の使用書(テキスト)をベースに、会計基準の変遷とその理由について説明する。テキストの内容について特に解説が必要な箇所や設例はスライドによって適宜補う。
 
授業計画
 各回の講義内容は以下のように予定している。予習として、各回のテキスト該当箇所を必ず読み、わからない箇所は事前に自分なりに調べておくこと。また、復習として、テキストの記述とスライドを組み合わせ、各回の内容についてレジュメを作成しておくこと。なお、予習・復習合わせて1回あたり平均4時間の自己学習を想定している。

1.ガイダンス/財務諸表の仕組み
 本講義で学習する内容を概観し、進行方法を確認したのち、本講義を受講するうえで必須となる知識である財務諸表の仕組みについて確認する。
2.純利益と包括利益
 ボトムラインの利益として、純利益だけではなく、包括利益を算定・開示するようになった理由を確認する。【予習】テキスト2章の1-2を読み、わからない点は事前に調べておくこと。
3.有価証券の評価と利益認識
 有価証券の評価と利益認識に関する会計処理がどのように変わったか、それはなぜかを確認する。【予習】テキスト3章を読み、わからない点は事前に調べておくこと。
4.請負契約の収益認識
 請負契約の収益認識の会計処理がどのように変わったか、それはなぜかを確認する。【予習】テキスト4章の1-3を読み、わからない点は事前に調べておくこと。
5.回収不能額の切り下げ
 資産の帳簿価額の切り下げの会計処理がどのように変わったか、それはなぜかを確認する。【予習】テキスト5章の1-3を読み、わからない点は事前に調べておくこと。
6.リース取引
 リース取引の会計処理がどのように変わったか、それはなぜかを確認する。【予習】テキスト5章の4を読み、わからない点は事前に調べておくこと。
7.退職給付と資産除去
 退職給付と資産除去の会計処理がどのように変わったか、それはなぜかを確認する。【予習】テキスト6章の3-4を読み、わからない点は事前に調べておくこと。
8.税効果会計
 税効果の会計処理がどのように変わったか、それはなぜかを確認する。【予習】テキストでは扱われていないため、EY新日本有限責任監査法人がweb上で公開している『わかりやすい解説シリーズ「税効果」』を読んでおくことが望ましい。
9.連結の範囲と資本連結
 連結の範囲の決定と資本連結の会計処理がどのように変わったか、それはなぜかを確認する。【予習】テキスト8章の1-2を読み、わからない点は事前に調べておくこと。
10.資本連結と成果連結
 資本連結と成果連結の会計処理がどのように変わったか、それはなぜかを確認する。【予習】テキスト8章の2-4を読み、わからない点は事前に調べておくこと。
11.持分法と比例連結
 持分法と比例連結の会計処理がどのように変わったか、それはなぜかを確認する。【予習】テキスト8章の5を読み、わからない点は事前に調べておくこと。
12.外貨換算
 外貨建取引の会計処理がどのように変わったか、それはなぜかを確認する。【予習】テキスト4章の4と7章の3を読み、わからない点は事前に調べておくこと。
13.デリバティブと新株予約権
 デリバティブ取引の会計処理がどのように変わったか、それはなぜかを確認する。【予習】テキスト4章の4-5と7章の3-4を読み、わからない点は事前に調べておくこと。
14.総まとめ
 本講義で学習した内容を包括的に整理する。

 
授業運営
 dotCampusにアップロードした講義資料とテキストを組み合わせて遠隔授業を行う。詳細はdotCampusにアップロードした「ガイダンス資料」に記載しているので、必ずチェックすること。
 
評価方法
 計4回のレポート(25%×4=100%)で評価する。各回のレポートは、講義で取り扱った会計処理の説明であり、分量は各回A4ファイル1枚である。レポート課題はdotCampusにて提示するので見落とさないように注意すること。レポートは必ず提出期間内に所定の方法で提出すること。
 レポートの評価は、①現行基準の会計処理方法が正確に説明できているか、②そのような会計処理になった理由が説明できているか、③代替的な会計処理方法が考えられる場合、その方法とそれが採用されていない理由が説明できているか、といった観点から行う。
 
オフィスアワー
 質問はdotCampusの「質問箱」にて受け付ける。詳細は「授業運営」の欄を参照。
 
使用書
斎藤静樹『企業会計入門』補訂版[有斐閣]2016年


 
 
 
[前へ戻る]