[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
国際商取引論
International Commercial Transaction 
 担当者
 Instructor
講師   宮崎 千秋  前学期 木曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本授業の到達目標は、カリキュラムポリシーに従い、後期の「国際商取引論Ⅱ」と合わせ、受講生が、国際商取引の中でも特に物品の貿易についての実務に関し基本的な知識を習得すること、及び国際商取引に直接関係する各種の制度や政策、特に関税及び通関手続に関する知識の習得に加え、これら関係する貿易の円滑化、WTO協定や自由貿易協定等、国際的な動きを理解し、国際商取引に応用するための基礎的知識を習得することです。
 
授業内容
【授業内容】
この講義では、基本的な国際貿易取引の仕組みについて、国内取引との比較をしながら分かり易く解説する。具体的には、国際商取引の売買契約、代金決済及び国際貿易貨物の運送等の物流について、並びにこれらに関連する輸出入手続のうち特に輸出を中心に概説します。また、貿易実務検定試験B又はC級にチャレンジすることも意識した授業内容とします。
なお、関税制度、通関手続、貿易の円滑化など、国際商取引に関係する各種の制度、政策等は「国際商務論Ⅱ」で扱うこととするが、関税、通関手続等については、前期の本講義でも適宜触れることとします。
授業内容については時間の許す限り、講師のこれまで財務省関税局及び国際機関における勤務経験(関税行政関係)と税関実務の経験も交えながらから、分かり易く論じます。

【実務経験のある教員による授業科目】
財務省関税局及び税関、国際機関(世界税関機構)における勤務経験をもとに、国際商取引に関し、関税・貿易政策及び通関手続に関する最近の課題等についても論じていきます。
 
授業計画
授業の内容は以下のとおりであるが、授業の進捗状況等により多少前後することがあるります。
コロナウイルスの関係で,講義形式ではなくドットキャンパスを使った遠隔授業となります。予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定しています。
使用書の他、使用する資料を適宜事前にdotCampusに掲載するので必ずテキストの該当章と共に事前に予習をして授業に臨んで下さい。また、分かりにくいところ、疑問に思ったところについては、適宜質問(今回はドットキャンパス又はメール等)するなどして必ず理解するよう努めて下さい。
また、授業終了後は再度テキストの関連部分を参照のうえ、配布した資料も含めて毎回授業内容をノートに整理しておくことをお勧めします。

01.授業ガイダンス、国際商取引論について (第1章「貿易」とは)
   シラバスの記載事項について確認し、国際商取引論で扱う分野について概要を説明します。
   貿易実務の仕組みについて国内取引との比較をしながらその特性を理解して頂きます。そのため、国内の商取引と国際商取引の違い   について予習しておいてください。
02.新しい貿易取引形態(第3章)
   契約の締結、輸出手続、輸入手続、貨物とお金の流れなどについて概説しますので,使用書第3章を予習しておいてください。
03.国際貿易体制と経済連携協定(第4章)(その1)
   国際貿易体制と近年の経済連携協定の関係について論じます。使用書第4章及びdotCampusで事前に配布する資料の内容を予習して   おいて下さい。
04.経済連携協定/自由貿易協定(第4章)(その2)
   経済連携協定(特にFTA自由貿易協定)の内容と貿易の形態(直接貿易、間接貿易等)について解説します。国際商取引において   どのような問題が起こり得るか考えて授業に臨んで下さい。
05.市場調査と取引先の決定(第5章)
   海外市場調査の必要性、調査方法などを学び、また、諸外国における輸入規制の概要及びそれの内容を知る方法、特に輸出を中心 
   に、取引先の選定及び日本の輸出規制及び貿易相手国の輸出国における輸入規制の内容について論じますので事前に第5章について   予習しておいてください。
06.取引条件と契約(第6章)
   国際商取引交渉と品質条件、数量条件、価格条件等の取引条件について論じます。該当する第6章について予習しておいて下さ  
   い。
07.インコタームズと価格算定(第7章)(その1)
   貨物の受渡し場所、リスクの移転時点、運送の手配と運賃の負担区分などとインコタームズ(国際商業会議所が定めた定型的な貿易   条件)について論じます。使用書第7章及び配布資料を事前に予習して内容を理解しておいて下さい。
08.インコタームズと価格算定(第7章)(その2)
   価格算定(その2):輸出価格の算定方式、契約の基本事項、取引一般条件、契約書の例などから、そのポイントを論じます。
   これまでのところを十分復習しておいて下さい。 
09.外国為替相場と代金決済(第8章)
   輸出貨物代金決済方法の種類について学び、信用状及びその意義と最近の決済における信用状の立場などについて把握する。また、
   為替リスクの対策等について学ぶ。
10.貨物の輸送と船積み書類(第9章)、貿易保険等(第10章)
   貨物の輸送手段、船積み手続等に関連する手続、船積み書類及びその機能等について、また貿易取引に関する保険について論じま    す。第9章、菜10章について予習しておいて下さい。
11.貿易管理制度(第11章)
   輸出貿易管理令関係、特に輸出貨物に関する武器関連物品、キャッチオール規制等安全保障関係手続について論じます。事前に配布   する資料を参考に第11章について予習しておいて下さい。
12.通関手続(第13章)
  輸出貨物の通関手続に関する知識を習得するとともに、その意義及び貿易の円滑化との関係でAEO制度について議論します。
   事前に資料配布する予定です。国際商取引における貨物の輸出に関ポイントとなる事項です。第13章について、配付資料と共に予   習をしておいて下さい。



 
授業運営
授業は、ドットキャンパスを活用した遠隔授業形式で行います。テキストを中心に,適宜必要に応じドットキャンパスで配布した資料を用いて進めていきます。
可能な限り授業(木曜日第4限)の一週間程度前(遅くとも3日前(月曜日))までに必要な資料の掲載、指示をドットキャンパスで行います。授業計画に沿って、授業該当の使用書関係章及び配付資料を予習して、授業に臨んで下さい。授業(木曜第4限)では、毎回その内容に関する簡単な質問を出しますので適宜回答して下さい。授業終了後、原則その日のうちに解答例をドットキャンパスに掲載しますので、適宜復習して下さい。
疑問点、専門用語など理解できなかった点などは、ノートしておき、ドットキャンパス又はメールで質問して下さい。
(メールアドレスは下記「オフィスアワー」参照)
 
評価方法
定期試験は行いません。従って、毎回の質問に対する回答状況、その内容等を、また場合によって小テストを実施した場合はその結果もふくめ、総合的に判断して評価することとします。





 
オフィスアワー
授業時間後、ドットキャンパス又はメール等によるご質問や相談等をお受けします。
メールアドレスは、chiaki.miyazaki@nifty.com 又はcmiyazaki79@gmail.comがアクセスしやすいです。
不都合がある場合は,090-6318-9356にご連絡下さい。
 
使用書
石川雅啓『新しい貿易実務の解説』[文眞堂]2019年

参考書
嶋 正和『戦略的FTA活用ハンドブック』[ブイツーソリューション]2018年

 
 
 
[前へ戻る]