[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
ロジスティクス
Logistics 
 担当者
 Instructor
講師   宮武 宏輔  後学期 月曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は、受講生が以下の能力を身に付けることである。
1.物流産業の業態や宅配便サービスと3PLビジネスの仕組みと特徴などを把握し、説明できる。
2.経済のグローバル化にともない、ロジスティクスにおいて国際物流が展開されていることを知り、具体的な事例の内容とその意義を説明できる。
3.ロジスティクスと環境問題の関係を理解して、物流における環境対応の重要性を把握し、現代の企業活動との関係を分析する。
 また、経済学部のカリキュラムポリシーに従って、学修に目的意識をもたせ進路を考えながら理解を深めるために、経済学科と現代ビジネス学科ではそれぞれ3つのコースを設けている。本講義はその中で、現代ビジネス学科の①貿易と国際ビジネスを学ぶコースと③企業と会計を学ぶコースのコース科目であり、②経営とマーケティングを学ぶコースのコース指定科目である。
 本講義はロジスティクス(物流)の基礎的な知識を身に付ける講義であるため、受講生は貿易論Ⅰ・Ⅱをあわせて履修することでより理解が深めることができる。また、グローバルロジスティクスⅠ・Ⅱや貿易政策Ⅰ・Ⅱを履修する前に履修しておくことが望ましい。
 
授業内容
 この講義では、現代経済におけるロジスティクス(物流)の役割を理解していく。ロジスティクス(物流)は、企業にとって必要不可欠な活動の一つである。現代企業にとって、モノを運ぶ、保管するなどのロジスティクス(物流)の機能を単に充足するだけでなく、それを高度化して効率化することが重要になっている。多くの製造業や流通業にとって、ロジスティクス(物流)は現代企業の重要な経営戦略の一つとなっている。この講義では、現代企業の不可欠なロジスティクス(物流)の実態を明らかにするため、まずロジスティクス(物流)の基礎的な概念を把握したうえで、小売業、卸売業、製造業といった業種別のロジスティクス(物流)の特徴を明らかにする。
 
授業計画
各回の講義内容は一応次のように予定しているが、時間の関係で若干前後する場合もある。テキストを読んだうえで出席していることを前提にしている講義で、予習として、①あらかじめ指定するテキストの該当ページを読んでおくこと、②わからない用語等は事前に調べておくこと、の2点が必要である。
 また復習としては、講義時に示した物流の新たな仕組み等を実践している企業について、具体的にどのような形で行われているかをインターネットや新聞等で調べてみることが、講義内容をさらに深く理解するために必要である。
 予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定している。

1 ガイダンス/物流産業の特徴
 まず、シラバスの記載事項について確認する。そのうえで、わが国の物流産業にはどのような業種があり、いかなる物流サービスを提供しているかを把握するとともに、産業構造上の特徴を理解する。

2 トラック運送業の特徴
 物流産業において大きなウエイトを占めているのがトラック運送業である。トラック運送業の現事情について学習し、その特徴を把握するとともに特有の構造的な問題を理解する。 【予習】教科書7章(2節まで)を読み、日本における物流業界の現状や物流市場についてまとめておくこと。

3 鉄道業、海運業、航空業の特徴
 それぞれの業種は輸送手段の特性を生かした輸送サービスを提供しており、こうした輸送サービスの特徴を把握するとともに荷主企業をめぐる競争関係を理解する。 【予習】教科書7章(3節以降)を読み、鉄道・海運・空運・倉庫の役割をまとめること。また2章も参照するとよい。

4 宅配便の経営戦略 (1)宅配便の特徴
 現代の消費者経済においてインフラ的役割を担っている宅配便の特徴と、宅配便事業者の現状を学び、宅配便がたどってきた発展過程を理解し、宅配便ネットワークの成立過程について把握する。 【予習】8章(2節まで)を読み、宅配便サービスの特徴についてまとめておくこと。

5 宅配便の経営戦略 (2)宅配便の競争と宅配便の成長要因
 宅配便市場においては、革新的で多様な輸送サービスが提供されている。近年のネット通販サービスとの関係性をはじめとした、宅配便の成長要因についての理解を深め、何故そのようなサービスが提供されるようになったかを学ぶ。 【予習】8章(3節以降)を読み、宅配便の発展過程と物流ネットワークの特徴をまとめておくこと。また、6章も参照するとよい。

6 サードパーティ・ロジスティクス
 現在物流業界において急速に発展しているビジネスがサードパーティ・ロジスティクス(3PL)である。3PLビジネスの特徴と成長要因について学習し、企業が物流機能を内製する(自社で用意する)場合と外注する背景についての理解を深める。また、3PLを提供する物流事業者が市場での競争優位を獲得するために必要な能力を理解する。 【予習】9章を読み、サードパーティロジスティクスの特性についてまとめておくこと。

7 グローバルロジスティクス(1)企業物流とグローバルロジスティクス
 経済のグローバル化の進展によってわが国の企業は海外展開を推し進めている。それに伴い物流もグローバル化する必要が生じている。このような各企業の動きから、グローバルロジスティクス(国際物流)の重要性が高まってきた背景を学習し、企業物流の国際化に伴う課題とそれを解決するための施策を理解する。【予習】10章(2節まで)を読み、グローバルロジスティクスのコストが高くなる要因についてまとめておくこと。

8 グローバルロジスティクス(2)グローバル企業のロジスティクス管理
 グローバル企業における世界的規模のロジスティクス管理の仕組みをについて、いくつかの具体的事例を参照しつつ、そのシステムと管理手法を学習して、企業の国際展開における考え方を理解する。 【予習】10章(3節以降)を読み、企業の製造・在庫管理・販売の国際管理の特徴を整理しておくこと。トヨタ等の実際のグローバル企業を参考に調査するとよい。

9 国際物流サービスの提供(1)海上コンテナ輸送とメガキャリア
 コンテナリゼーションの進展にともないコンテナ船会社の役割が増大している。海運におけるグローバルアライアンスの重要性と近年の国際的な経済競争の変化との関係性を理解する。 【予習】11章(1節まで)を読み、またWeb等で調査して、世界の海運会社と代表港湾についてまとめておくこと。

10 国際物流サービスの提供(2)航空貨物におけるインテグレータとフォワーダー
 国際物流において迅速性が求められるなか航空貨物輸送の重要性が増している。そのなかでインテグレータとフォワーダーの事業展開について学習する。 【予習】「フォワーダー」と「インテグレーター」という用語について、両者を比較しつつその意味をまとめておくこと。

11 ロジスティクスと環境対応(1)環境問題の実態と物流における環境政策
 ロジスティクスの活動と環境問題の関係について把握し、環境問題の深刻化に対応した物流面における環境政策を学習する。また、物流事業者が環境問題に取り組む社会的背景について理解する。 【予習】教科書13章を読み、また国土交通省のHPから、日本における物流分野における環境対策に関する取り組みを調査しておくこと。

12 ロジスティクスと環境対応(2)企業の対応策
 環境問題に対応するため、政策だけでなく企業の対応も注目されている。環境にやさしい物流、いわゆるグリーンロジスティクスが重要になっており、環境負荷を軽減するために企業が実施している物流分野の施策を学習する。 【予習】国土交通省グリーン物流パートナーシップ会議の優良事業者や、自身の興味を持った企業のCSRレポートを読み、企業の物流分野における環境対策を調査しておくこと。

13 震災とロジスティクス
 過去の震災はサプライチェーンを寸断し、経済活動に大きな影響を及ぼした。これまでの震災で生じた課題から、震災に対応したロジスティクスの在り方を理解する。 【予習】教科書14章を読み、また阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震、北海道台風などの災害から1つ以上調査して、物資の不足や交通網の被害状況についてまとめておくこと。

14 新型コロナがロジスティクスに与えた影響(2020年度12月まで)
 これまでの講義で学んだ内容を踏まえて、新型コロナのロジスティクスに与えた影響について学習する。【予習】新聞記事やニュースをまとめておくこと。具体的な企業、業界について焦点を当てて調べ、需要の急変の影響、企業の危機対応、外部環境(取引先企業や社会的な要請)の変化への対応という観点からまとめておくとよい。

※授業計画は全14回の内容を担保することを前提として、12回で実施します。
 授業計画の詳細等に関しては第1回目の授業の際に説明します。
 
授業運営
(1)授業はオンタイム型授業(ZOOM)とオンデマンド型(dotCampus)の併用で行う。
(2)授業資料(pdf)は、ZOOMでのオンタイム型授業前にdotCampusにアップする。
(3)ZOOMでのオンタイム型授業では出席は取らない。また、録画を行うのでプライバシー保護、動画容量の削減のために皆さんのカメラはオンにしないこと。
(4)各回のオンタイム型授業後に、最低1週間の期限で課題を出すので、それに取り組むことで評価を行う(評価方法参照)。
(5)オンタイム型授業(ZOOM)の様子は録画して、翌週の授業までの期間限定でアップする。
(6)質疑はZOOMでのチャット、授業前後のメールで受け付ける。

※皆さんのオンライン環境の差異や対面授業の出席を考慮して、オンデマンドのみで課題も取り組めるようにはします。
 ただ、動画等で授業資料に記載した事柄の背景や前後関係を補足することもあるので、余裕があれば後からアップする動画でも良いので閲覧しておくとよいと思います。
 また、Ⅰの時にはZOOMのチャットでの質疑が圧倒的に多かったので、時間や通信容量の余裕がある方はZOOMへの参加をお勧めします。

※基本的にはdotCampasを利用したいが、アクセス分散のために別のシステムを利用する可能性がある場合は、必ず皆さんの大学のアドレスに知らせますので大学のメールは常に確認しておいてください

 
評価方法
 毎回の授業後課題で評価を行う。
 授業後課題は可能であればdotCampasで行う予定であるが、
 前期のようにアクセス分散のために別のシステムを利用する要請があれば変更する可能性もあるので、メールを常に確認すること。

 成績評価基準は、授業後課題100%(選択型がメインであるが、場合によっては小論述問題を課すこともある)。
 ZOOMのチャットやメールで質問や教員の問いかけに対するレスポンスなどを行った場合、上記に加えて評価をするので、積極的な授業参加を望む。
 
オフィスアワー
 ZOOMでのオンタイム授業中にチャットで質問や指摘などは受け付ける。なお、メールでは常時受け付ける。
 メールアドレスは下記を参照(アットマークを@に変換すること)。

 miyatake[アットマーク]rku.ac.jp
 
使用書
齊藤実、矢野裕児、林克彦『物流論』1[中央経済社]2015


 
 
 
[前へ戻る]