[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
ロジスティクス
Logistics 
 担当者
 Instructor
教授   齊藤 実  後学期 木曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は、受講生が、①現代経済においてロジスティクスを支える多様な物流産業が発達していて経済活動において重要な役割を担っていることを知り、②経済のグローバル化にともないロジスティクスにおいて国際物流が展開されていることを知り、③ロジスティクスと環境問題の関係を理解してロジスティクスにおける環境対応の重要性を知り、こうしたことを通じて現代の企業活動を分析する力を身につけられることである。
 また、経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、現代の経済現象を正確に認識し、実践的に対応する能力を培い、経済学・商学の基礎学力と応用力が身に着けられるようにカリキュラムを編成しており、本講義ではその中で、他の科目として流通論Ⅰ、Ⅱを先に履修することが望ましい。

 
授業内容
 この講義では、現代経済においてロジスティクスが占める役割を理解していく。ロジスティクスとは企業にとって必要不可欠な経済活動の一つである。現代の企業はこのロジスティクスの機能を単に充足するだけでなく、それを高度化して効率化することが必要不可欠となっている。こうしてロジスティクスは現代企業の重要な経営戦略の一つとなっている。
 ロジスティクスⅡでは、企業のロジスティクスを支える物流産業の特徴を中心に明らかにする。さらにグローバル化に対応したロジスティクスにおける国際物流の展開と物流業者の対応、ロジスティクスと環境問題の関係も明らかにする。

★【実務経験のある教員による授業科目】
民間の総合研究所(シンクタンク)での研究員としての経験から、専門分野における分析・研究で蓄積されたデータとその活用のノウハウを含めて、ロジスティクスを講義する。
 
授業計画
 各回の講義内容は次のように予定しているが、時間の関係で若干前後する場合もあります。
 
1.ガイダンス(シラバス記載事項の確認)
 【予習】シラバスを良く読んでおくこと。【復習】講義レジュメをよく読んで、授業中に指示した内容についてまとめる。
2.講義レジュメ(1):物流産業の特徴について
 【予習】講義レジュメ(事前配布)をよく読んでおくこと。【復習】講義のレジュメをよく読んで、授業中に指示した内容についてまとめる。
3.講義レジュメ(2):トラック運送業について
 【予習】講義レジュメ(事前配布)をよく読んでおくこと。【復習】講義のレジュメをよく読んで、授業中に指示した内容についてまとめる。
4.講義レジュメ(3):鉄道業、海運業、航空業について
 【予習】講義レジュメ(事前配布)をよく読んでおくこと。【復習】講義のレジュメをよく読んで、授業中に指示した内容についてまとめる。 
5.講義レジュメ(4):宅配便の特徴について
 【予習】講義レジュメ(事前配布)をよく読んでおくこと。【復習】講義のレジュメをよく読んで、授業中に指示した内容についてまとめる。 
6.講義レジュメ(5):宅配便の経営戦略について
 【予習】講義レジュメ(事前配布)をよく読んでおくこと。【復習】講義のレジュメをよく読んで、授業中に指示した内容についてまとめる。 
7.講義レジュメ(6):3PLビジネスの発達について
 【予習】講義レジュメ(事前配布)をよく読んでおくこと。【復習】講義のレジュメをよく読んで、授業中に指示した内容についてまとめる。
8.講義レジュメ(7):3PLビジネスの競争優位性について
 【予習】講義レジュメ(事前配布)をよく読んでおくこと。【復習】講義のレジュメをよく読んで、授業中に指示した内容についてまとめる。 
9.講義レジュメ(8):企業物流とグローバル・ロジスティクスについて
 【予習】講義レジュメ(事前配布)をよく読んでおくこと。【復習】講義のレジュメをよく読んで、授業中に指示した内容についてまとめる。 
10. 講義レジュメ(9):グローバル企業のロジスティクス管理について
 【予習】講義レジュメ(事前配布)をよく読んでおくこと。【復習】講義のレジュメをよく読んで、授業中に指示した内容についてまとめる。 
11.講義レジュメ(10):海上コンテナ輸送とメガキャリアについて
 【予習】講義レジュメ(事前配布)をよく読んでおくこと。【復習】講義のレジュメをよく読んで、授業中に指示した内容についてまとめる。  
12.講義レジュメ(11):航空貨物におけるインテグレータとフォワーダーについて
 【予習】講義レジュメ(事前配布)をよく読んでおくこと。【復習】講義のレジュメをよく読んで、授業中に指示した内容についてまとめる。 
13.講義レジュメ(12):ロジスティクスと環境対応について
 【予習】講義レジュメ(事前配布)をよく読んでおくこと。【復習】講義のレジュメをよく読んで、授業中に指示した内容についてまとめる。
14 全体まとめ
 【予習】講義レジュメ(事前配布)をよく読んでおくこと。【復習】講義のレジュメをよく読んで、授業中に指示した内容についてまとめる。

※授業計画は全14回の内容を担保することを前提として、12回で実施します。
  授業計画の詳細等に関しては第1回目の授業の際に説明します。




 
授業運営
 授業は、オンタイム型授業(ZOOM)で行います。
 
 
評価方法
 (1)講義において小テストを適宜行います。さらに期末にレポートを提出してもらいます。小テスト50%、期末レポート50%の割合で評価します。
 (2)評価方法については、授業中にも説明しますので、必ず確認してください。
 
オフィスアワー
 質問・相談などはメールで受け付けます(saitom01@jindai.jp)
 
使用書
 齊藤 実 他『物流論』第2版[中央経済社(ベーシックプラス)]2020年

参考書
 齊藤 実『物流ビジネス最前線』[光文社]2016年

 
 
 
[前へ戻る]