[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
ロジスティクス
Logistics 
 担当者
 Instructor
講師   宮武 宏輔  前学期 月曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は、受講生が以下の3つの点を理解し、分析・説明できるようになることである。
1.現代経済におけるロジスティクス(物流)が担う役割とその重要性。
2.企業活動におけるロジスティクス(物流)管理の必要性とロジスティクス(物流)管理のための効果的な手法。
3.流通業と製造業における先進的なロジスティクス(物流)の事例について、その仕組みと企業活動における意義。
 また、経済学部のカリキュラムポリシーに従い、学修に目的意識をもたせ進路を考えながら理解を深めるために、経済学科と現代ビジネス学科ではそれぞれ3つのコースを設けている。本講義はその中で、現代ビジネス学科の①貿易と国際ビジネスを学ぶコースと③企業と会計を学ぶコースのコース科目であり、②経営とマーケティングを学ぶコースのコース指定科目である。
 本講義はロジスティクス(物流)の基礎的な知識を身に付ける講義であるため、受講生は貿易論Ⅰ・Ⅱをあわせて履修することでより理解が深めることができる。また、グローバルロジスティクスⅠ・Ⅱや貿易政策Ⅰ・Ⅱを履修する前に履修しておくことが望ましい。
 
授業内容
 この講義では、現代経済におけるロジスティクス(物流)の役割を理解していく。ロジスティクス(物流)は、企業にとって必要不可欠な活動の一つである。現代企業にとって、モノを運ぶ、保管するなどのロジスティクス(物流)の機能を単に充足するだけでなく、それを高度化して効率化することが重要になっている。多くの製造業や流通業にとって、ロジスティクス(物流)は現代企業の重要な経営戦略の一つとなっている。この講義では、現代企業の不可欠なロジスティクス(物流)の実態を明らかにするため、まずロジスティクス(物流)の基礎的な概念を把握したうえで、小売業、卸売業、製造業といった業種別のロジスティクス(物流)の特徴を明らかにする。
 
授業計画
 各回の講義内容は一応次のように予定しているが、時間の関係で若干前後する場合もある。テキストを読んだうえで出席していることを前提にしている講義で、予習として、①あらかじめ指定するテキストの該当ページを読んでおくこと、②わからない用語等は事前に調べておくこと、の2点が必要である。
 また復習としては、講義時に示した物流の新たな仕組み等を実践している企業について、具体的にどのような形で行われているかをインターネットや新聞等で調べてみることが、講義内容をさらに深く理解するために必要である。
 予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定している。

1 ガイダンス/ロジスティクスおよび物流の考え方
 まず、シラバスの記載事項について確認する。そのうえで、ロジスティクスおよび物流とはいかなる経済活動であるのかを把握し、企業活動におけるロジスティクスおよび物流の重要性について理解する。また、経済理論とロジスティクスの関係について理解する。

2 ロジスティクス、サプライチェーン・マネジメントの考え方
 従来の「物流」に対して「ロジスティクス」や「サプライチェーン・マネジメント」という考え方が普及しているが、物流の高度化した取り組みとしてロジスティクスやサプライチェーン・マネジメントの考え方を理解する。 【予習】教科書1章を読み、さらに自身で「ロジスティクス」、「サプライチェーン」といった用語の意味を調査すること。

3 ロジスティクスの機能 (1)輸送
 ロジスティクスにおいて輸送が重要な役割を占めているが、トラック、鉄道、船舶、航空機など多様な輸送手段の特性とともに企業による輸送手段(モード)の選択理由を理解する。 【予習】教科書2章2節を読み、各輸送モードの概要をまとめておくこと。


4 ロジスティクスの機能 (2)物流センター機能
 現代のロジスティクスでは物流センターの役割が増している。複合的な機能を遂行する物流センターの実態を把握したうえで、効率的な運営がどのように行われているのか、また実際の企業の物流センター運営の工夫を学ぶ。 【予習】教科書2章(3節以降)を読み、保管、荷役、包装、流通加工という言葉の意味を調査し、情報管理の方法についてまとめておくこと。


5 ロジスティクス・マネジメント (1)ロジスティクス・コスト管理
 企業活動においてコストを把握することは重要且つ難しい課題でもある。ロジスティクスのコストを把握することも同様であり、その把握の方法、さらにロジスティクス・コスト削減の方法と効果を学ぶ。 【予習】教科書3章の3節まで読み、在庫のコスト項目についてまとめておくこと。

6 ロジスティクス・マネジメント (2)在庫管理
 在庫管理は企業の事業展開において重要であり、業種、扱う製品や商品の種類、経営戦略によって適切な在庫管理は異なる。在庫管理の手法を学ぶことによって、効率的なロジスティクス・マネジメントと企業経営について理解を深める。 【予習】教科書3章(4節以降)を読み、輸送と在庫の関係をまとめておくこと。また、3章を確認しつつ在庫管理の具体的手法について調査しておくこと。

7 小売業とロジスティクス 
 流通業は小売業や卸売業から成り立つ。流通業においてロジスティクスが果たしている機能を理解するため、小売業の中でも急激な成長を遂げてきたコンビニエンスストアとスーパー等の特有のロジスティクス・システムの特徴を理解する。 【予習】教科書4章(2節まで)を読み、小売業の種別による特性とロジスティクスの関係をまとめておくこと。

8 卸売業とロジスティクス
 流通において、製造業と小売業のあいだに位置する卸売業の特有の役割を把握したうえで、卸売業が展開するロジスティクスの特徴を理解する。 【予習】教科書4章3節以降を読み、卸売業の特性について整理しておくこと。また、商社の役割と機能についてWeb等も利用して調査しておくこと。

9 製造業とロジスティクス
 モノ造りとロジスティクスが相互に与える影響に注目し、両者の関係を把握し、具体的事例と参照して企業の経営活動について理解する。 【予習】教科書5章3節までを読み、サプライチェーンにおける小売・卸・製造が消費者需要の変化に対応する方法についてまとめておくこと。

10 メーカーとロジスティクス (1)メーカーの調達物流
 メーカーにとって原材料や部品の調達する調達物流の特徴を理解するとともに、ジャストインタイムやミルクラン方式の調達物流の仕組みを理解する。【予習】教科書5章4節を読み、またWebや参考文献を使いつつ、「かんばん方式」、「VMI」、「ミルクラン」という用語の意味を調査すること。

11 メーカーのロジスティクス (2)メーカーの販売物流
 メーカーが生産した製品を小売店まで届けるまでの物流(販売物流)が、どのように構築されているかを理解する。【予習】教科書5章5節とWeb情報から、販売のためのマーケティングとロジスティクスの関連性について事前調査すること(自動車組み立てメーカーなどを例にするとよい)。

12 ネット通販とロジスティクス (1)ネット通販における物流機能の重要性
 近年、急激に拡大しているネット通販の実態と、ネット通販の物流機能がいかに重要や役割を演じているのかを理解する。特に、ネット通販における物流センター機能と宅配機能の重要性について、事例を参照しながら確認する。 【予習】教科書6章2節までを読み、ネット通販の現状についてまとめること。また、自身がなぜネット通販を利用するのか、状況ごとに理由を整理しておくこと。

13 ネット通販とロジスティクス (2)買い物弱者問題とオムニチャネル
 ネット通販は日常の買い物に行くことが困難な人々を支える手段としても注目されている。また、ネット通販の発展は、小売業の販売形態の多様化と商品の受け取り方を消費者に提示している。ネット通販の新しい活用と物流の役割の変化を理解する。 【予習】教科書6章(3節以降)を読み、ネット通販の社会的役割について整理しておくこと。

14 まとめと復習
 これまでの講義内容についてまとめを行い、さらに本講義に対する質疑応答の時間を設ける。【予習】これまでの講義の質問点等をまとめておくこと。
 
授業運営
 全て講義形式による。授業運営の詳細については、初回授業時間中に改めて説明する。授業計画に沿って講義するなかで、関連する新聞記事、経済誌などを紹介して解説する。
 また講義に関連する映像も必要に応じて上映する。講義ではプロジェクターを使用する。
 受講者は毎回事前に指定する講義使用書の範囲をあらかじめ熟読しておくことが必要である。
 
評価方法
 小テスト・課題50% 期末課題50%で評価する。
 
オフィスアワー
 授業終了後にその場で、質問や指摘などは受け付ける。なお、メールでは常時受け付ける。メールアドレスについては、第1回目の講義にて提示する。
 
使用書
齊藤実、矢野裕児、林克彦『物流論』1[中央経済社]2015


 
 
 
[前へ戻る]