[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
ロジスティクス
Logistics 
 担当者
 Instructor
教授   齊藤 実  前学期 木曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は、受講生が、①現代経済においてロジスティクスが発達しており経済活動に重要な役割を担っていることを知り、②企業活動においてロジスティクス管理が必要でロジスティクス管理のための効果的な手法を知り、③流通業と製造業における先進的なロジスティクスの仕組みを知り、これらのことを通じて現代の企業活動を分析する力を身につけることである。
 また、経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、現代の経済現象を正確に認識し、実践的に対応する能力を培い、経済学・商学の基礎学力と応用力が身に着けられるようにカリキュラムを編成しており、本講義ではその中で、他の科目として流通論Ⅰ、Ⅱを先に履修することが望ましい。

 
授業内容
 この講義では、現代経済においてロジスティクスが占めている役割を理解していく。ロジスティクスは、企業にとって必要不可欠な活動の一つである。現代の企業はこのロジスティクスの機能を単に充足するだけでなく、それを高度化して効率化することが重要になっている。こうしてロジスティクスは現代企業の重要な経営戦略の一つとなっている。このような現代企業の不可欠なロジスティクスの実態を明らかにする。まずロジスティクスの基礎的な概念を把握したうえで、小売業、卸売業、メーカーといった業種別のロジスティクスの特徴を明らかにする。

【実務経験のある教員による授業科目】
民間の総合研究所(シンクタンク)での研究員としての経験から、専門分野における分析・研究で蓄積されたデータとその活用のノウハウを含めて、ロジスティクスを講義する。
 
授業計画
 各回の講義内容は次のように予定しているが、時間の関係で若干前後する場合もある。
 テキストを読んだ上で出席していることを前提に講義するので、各回共通の予習として、①該当箇所全体の概要を掴む、②分からない用語などについて調べておく、③疑問点を整理しておく、の3点が必要となる。これらに加え、講義ごとの予習事項を下記各回に「【予習】」として示すので、それについても取り組むこと。
 また復習としては、講義時に示したロジスティクスの新たな仕組み等を実践している企業について、具体的にどのような形で行われているかを調べてみることが講義内容をさらに深く理解するために必要である。
 なお、予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定している。

1 ガイダンス/ロジスティクスおよび物流の考え方
   まず、シラバスの記載事項について確認する。そのうえで、ロジスティクスおよび物流とはいかなる経済活動であるのかを把握し、企業活動におけるロジスティクスおよび物流の重要性について理解する。
2 ロジスティクス、サプライチェーン・マネジメントの考え方(第1章)
   従来の物流に対してロジスティクスやサプライチェーン・マネジメントという考え方が普及しているが、物流の高度化した取り組みとしてロジスティクスやサプライチェーン・マネジメントの考え方を理解する。【予習】物流、ロジスティクス、サプライチェーン・マネジメントという用語が実際にどのように使われているか調べて、概念の違いを比較してみる。
3 ロジスティクスの機能 (1)輸送(第2章1、2)
   ロジスティクスにおいて輸送が重要な役割を占めているが、トラック、鉄道、船舶、航空機など多様な輸送手段の特性とともに企業による輸送手段の選択理由を理解する。【予習】実際に企業が物流においていかなる輸送手段を利用しているのか、そしてなぜその輸送機関を利用しているのか事前に調べる。
4 ロジスティクスの機能 (2)物流センター機能(第2章3~7)
   現代のロジスティクスでは物流センターの役割が増しており、複合的な機能を遂行する物流センターの実態を把握したうえで、効率的な運営がどのように行われているのかを学ぶ。【予習】物流センターとは何であり、なぜそれが重要な役割を担うようになったのかを事前に検討する。
5 ロジスティクス・マネージメント (1)ロジスティクス・コスト管理(第3章1~3)
   企業活動においてロジスティクス・コストを把握することが必要であり、それがどのような形で把握されているのかを知り、さらにロジスティクス・コスト削減の方法と効果を学ぶ。【予習】企業がロジスティクス・コストをどの程度負担しているのか、さらにロジスティクス・コストを削減するためにいかなる対応を行っているのかを事前に調べる。
6 ロジスティクス・マネージメント (2)在庫管理(第3章4)
   在庫管理は企業の事業展開において重要であり、在庫管理の手法を学ぶことによって効率的な運営の仕方を学ぶ。【予習】そもそもなぜ在庫管理が必要なのか企業の事業活動にそくして事前に考えてみる。
7 流通業とロジスティクス(第4章1)
   流通業は小売業や卸売業から成り立つが、商品を販売している流通業においてロジスティクスが果たしている機能を理解する。【予習】流通業としてどのような企業が存在しているのかを明らかにし、こうした流通業の企業が販売以外の事業活動で何が重要になっているのかを検討する。
8 小売業とロジスティクス(第4章2) 
   急激な成長を遂げてきたコンビニエンスストアやスーパーは特有のロジスティクス・システムを構築しており、その特徴を理解する。【予習】コンビニエンスストアがこれまでどのようにして成長してきたのかを把握する。
9 卸売業とロジスティクス(第4章3)
   メーカーと小売業のあいだに位置する卸売業の特有の役割を把握したうえで、卸売業が展開するロジスティクスの特徴を理解する。【予習】卸売業ではどのような企業が存在するのかを把握して、こうした企業がいかなる事業展開を行っているのかを調べる。
10 製造業とロジスティクス(第5章1~3)
   もの造りとロジスティクスがどのように関わり連動しているのかその仕組みを理解する。【予習】メーカーが生産以外にどのような活動を繰り広げているのかを調べる。
11 メーカーとロジスティクス (1)メーカーの調達物流(第5章4)
   メーカーにとって原材料や部品の調達する調達物流の特徴を理解するとともに、ジャストインタイムやミルクラン方式の調達物流の仕組みを理解する。【予習】トヨタ自動車が開発したかんばん方式とは何かを把握する。
12 メーカーのロジスティクス (2)メーカーの販売物流(第5章5)
   メーカーが生産した製品を小売店まで届けるまでの販売物流をどのように構築しているかを理解する。【予習】花王というメーカーがロジスティクスをどのように展開しているのか調べる。




 
授業運営
 全て講義形式による。授業運営の詳細については、初回授業時間中に改めて説明する。講義ではパワーポイントを使用する。「dotCampus]に講義で使用するパワーポイントスクリーンと同じ内容の資料をあらかじめ掲載するので、それを活用すること。 授業計画に沿って講義するなかで、必要に応じて関連する新聞記事、経済誌などを解説する。理解の程度を把握するために小テストを適宜講義内で実施する。



 
評価方法
 レポートの作成を求めこれを主要な評価対象とする。さらに講義中に行う小テストも評価対象に加える。成績評価基準は、レポート60%、小テスト40%とする。レポートの評価基準としては、課題の意図を正しく把握し正確な事実把握を行って論理的に説明しているものを高く評価する。



 
オフィスアワー
 大学が封鎖されているためにオフィスアワーは設定できないが、質問や指摘はメールで連絡してください。


 
使用書
齊藤実他『物流論』第2版[中央経済社(ベーシックプラス)]2020年

参考書
齊藤実『物流ビジネス最前線』[光文社]2016年

 
 
 
[前へ戻る]