[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
消費者行動論
Consumer Behavior 
 担当者
 Instructor
准教授 藤井 誠  前学期 月曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 受講生が講義で学んだ概念や理論を踏まえ,消費者行動の理解を深めることができる。経済学部のカリキュラム・ポリシーおよびディプロマ・ポリシーをふまえ,経営学の知識を段階的に学べるよう,入門科目から応用科目まで配置されている。本講義はその中で,応用科目の位置づけである。そのため,マーケティングや流通論などの入門科目を履修した後に受講することが望ましい。
 
授業内容
 消費者行動論Ⅰでは,指定している教科書をベースに具体的な事例を適宜提示しつつ,受講生が消費者行動の考え方を理解できるように講義を進める。
 
授業計画
 各回の講義内容は以下のように予定しているが,時間の関係により若干前後する場合がある。予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定している。各回共通の予習として,次週に学習する教科書の該当章を事前に読み,重要な概念・キーワードについてチェックしておくこと。わからない言葉があれば,インターネットや辞書などを用いて明確にした上で講義に望む。復習としては,講義で学んだ内容について,新聞記事や雑誌記事に掲載されている製品・サービスなどの事例について当てはまるかどうかを考えてみる。このような姿勢で受講されると,一層の理解が深まるだろう。

(1)オリエンテーション(第1章)
シラバスの記載事項について確認するとともに,14回の講義の進め方について説明する。その上で,消費者行動論ではどのような内容を学ぶのか,概要をおさえる。

(2)知覚(第2章)
消費者行動における知覚の役割について学ぶ。
【予習】「考えてみよう」②の問いについて,具体的な事例を紹介しなさい。講義前日までにdotCampusにWordファイル(500字程度)を提出。

(3)学習(第3章)
消費者行動における学習の役割について学ぶ。
【予習】dotCampusにアップロードされたURLにアクセスし,「Pavlov’s Dog」というゲームに取り組み,ReadingのIvan Petrovich Pavlovを読んでくること。講義当日にどのようなゲームであったか,Pavlovが何を明らかにしたのかを説明してもらう。

(4)記憶(第4章)
消費者行動における記憶の役割について学ぶ。
【予習】「考えてみよう」①の問いについて,具体的な事例を紹介しなさい。講義前日までにdotCampusにWordファイル(500字程度)を提出。

(5)態度(第5章)
消費者の態度形成・変化について学ぶ。
【予習】「考えてみよう」②の問いについて,具体的な事例を紹介しなさい。講義前日までにdotCampusにWordファイル(500字程度)を提出。

(6)意思決定(第6章)
消費者の購買意思決定プロセスについて学ぶ。
【予習】「考えてみよう」②の問いについて,具体的な事例を紹介しなさい。講義前日までにdotCampusにWordファイル(500字程度)を提出。

(7)コミュニケーション(第8章)
説得的コミュニケーションによる消費者の態度変化について学ぶ。
【予習】「考えてみよう」③の問いについて,具体的な事例を紹介しなさい。講義前日までにdotCampusにWordファイル(500字程度)を提出。

(8)アイデンティティ(第10章)
消費という行為とアイデンティティとの関係について学ぶ。
【予習】「考えてみよう」①の問いについて,具体的な事例を紹介しなさい。講義前日までにdotCampusにWordファイル(500字程度)を提出。

(9)家族(第11章)
個人の意思決定とは異なる家族の購買意思決定のあり方について学ぶ。
【予習】「考えてみよう」②の問いについて,具体的な事例を紹介しなさい。講義前日までにdotCampusにWordファイル(500字程度)を提出。

(10)集団(第12章)
消費における他者の影響について学ぶ。
【予習】「考えてみよう」③の問いについて,具体的な事例を紹介しなさい。講義前日までにdotCampusにWordファイル(500字程度)を提出。

(11)ステイタス(第13章)
社会的地位を象徴するモノの役割や流行の発生について学ぶ。
【予習】「考えてみよう」②の問いについて,具体的な事例を紹介しなさい。講義前日までにdotCampusにWordファイル(500字程度)を提出。

(12)サブカルチャー(第14章)
サブカルチャーにおける消費とそうした集団に与えられるイメージについて学ぶ。
【予習】「考えてみよう」①の問いについて,具体的な事例を紹介しなさい。講義前日までにdotCampusにWordファイル(500字程度)を提出。

(13)文化(第15章)
文化と消費,聖なる消費と俗なる消費,儀式としての消費について学ぶ。
【予習】「考えてみよう」③の問いについて,具体的な事例を紹介しなさい。講義前日までにdotCampusにWordファイル(500字程度)を提出。

(14)まとめ
これまでの講義内容を振り返ることで理解を深める。

 
授業運営
 全て講義形式による。講義運営の詳細については,初回講義時間中に改めて説明する。講義ではプロジェクターを使用する。dotCampusの所定欄に講義ノート(pdf)をアップロードするので,講義時に活用してほしい。参考書は適宜紹介する。可能であれば,実務家をゲスト講師として招いて講演を行なってもらうことも考えている。
 なお,他の受講生に迷惑のかかる行為(私語,携帯電話の利用等)は厳禁であり,退席を命じる場合がある。

 
評価方法
 定期試験(100%)で評価する。ただし,講義内で自発的な発言や質問,講義の改善につながるような指摘については,プラスαで評価する。出席状況は評価の対象としない。レポートの提出は任意だが,提出した方についてはプラスαで評価する。
 レポートの評価基準について,①空白及び空白に近い状態での提出,②友人・知人の作成したものと同一と判断されるもの,といった提出条件を満たしていないレポートについては評価の対象としない。講義内ですべてのレポートを紹介することは不可能だが,優れたレポートについては,講義内で可能な範囲で紹介することで他の受講生の理解を深めることでフィードバックとする。
 なお,誹謗中傷など講義運営の妨げとなる行為をした受講生については,成績評価の対象外となるとともに事務に厳正な処分を要請する。

 
オフィスアワー
木曜日12:30-13:30(1号館708)
質問や指摘は講義終了後に受け付ける。

 
使用書
松井剛・西川英彦編『1からの消費者行動』2版[碩学舎]2020


 
 
 
[前へ戻る]