[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
ベンチャー企業論
Venture Companies
 担当者
 Instructor
講師   坂本 恒夫  後学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
受講生が、①ベンチャー企業とは何かを、経済社会・経営社会の中で認識すること。②ベンチャー企業の歴史的発展とそこでの経営課題を確認すること。③ベンチャー企業の経営環境を理解すること。④今日の経営課題、グローバル化と地域経済の疲弊について、その解決策を検討する。⑤NPOやソーシャルビジネスと比較することによって、将来課題を確認する。
 また、経済学部のカリキュラムポリシーに従い、現代ビジネス学科、経済学科の中でのベンチャー企業論の位置づけを明確にして、主要科目、関連科目との繋がりを明らかにしていく。

 
授業内容
 日本の経済社会、経営社会の中で、量的にも質的にも大きな存在であるベンチャー企業の現状、経営内容、そして経営課題を認識できるよう、事例を具体的に示して、理論的、実証的かつ本質的に説明する。
 講義内容は、以下のとおりであるが、予習としては、テキストの該当頁を事前に読んでおくこと、分からない用語や制度について調べておくことが重要である。
 また復習としては、講義時に示した理論・知見を身近な経営問題等に当てはめて考察すること、関連科目の理論や内容を確認しながら、整理しておくことである。
 予習・復習合わせて各回約4時間の自己学習を想定している。

01.<ガイダンス> ベンチャー企業とは何か → ベンチャーと中小企業の違いについて調べておこう。
02.機関投資家とベンチャー・キャピタル → 機関投資家とは何かについて調べておこう。
03.新規公開市場とビジネスプラン → ビジネスプランを書いてみよう。
04.ファイナンスとマーケティング → デザインシンキングについて調べてみよう。
05.会計と法務 → 企業倫理について調べておこう。
06.産学連携とビジネスシーズ → ベンチャービジネスの設立動機について調べておこう。
07.ベンチャー企業と中小企業 → ベンチャービジネスの設立方法について調べておこう。
08.産業構造の変化とベンチャー企業 → ITとビジネスの関わりについて調べておこう。
09.情報化とベンチャー企業 → 産業構造とベンチャービジネスの関わりについて調べておこう。
10.グローバル化とベンチャー企業 → ベンチャー企業の国際化について調べておこう。
11.ベンチャー企業と環境問題 → 地域活性化について調べておこう。
12.ベンチャー企業と銀行 → ベンチャー企業と銀行との、最近の関わりについて調べておこう。

 
授業計画
01.<ガイダンス> ベンチャー企業とは何か
02.機関投資家とベンチャー・キャピタル
03.新規公開市場とビジネスプラン
04.ファイナンスとマーケティング
05.会計と法務
06.産学連携とビジネスシーズ
07.ベンチャー企業と中小企業
08.産業構造の変化とベンチャー企業
09.情報化とベンチャー企業
10.グローバル化とベンチャー企業
11.ベンチャー企業と環境問題
12.ベンチャー企業と銀行

 
授業運営
中間試験・期末試験の未受験、欠席の1/3以上は失格となります。
 
評価方法
中間・期末の両試験、出席などの結果で総合的に評価。
 
オフィスアワー
 講義終了時に受け付ける。
 
使用書
坂本恒夫・鳥居陽介『新ベンチャービジネス論』1[税務経理協会]2019


 
 
 
[前へ戻る]