[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
経営学総論
Business Theory 
 担当者
 Instructor
講師   加藤 寛之  前学期 木曜日4時限/木曜日5時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
受講生がこれから学ぶ様々な各論のイントロダクション、すなわち、企業形態論、経営組織論、企業分析論から構成される経営学の枠組を学習すると同時に、21世紀に通用する経営原理を理論構築し、それを習得することを目標とします。
 
授業内容
【授業内容】

この講義は、経営学をはじめて学ぶ学生を対象とし、経営学の基礎原理を習得させることを目的とします。また、経営学を専攻しない学生に対しても基礎科目として経営学の学問の現代的意義にふれることにします。
 この講義を通じて、これから学ぶ様々な各論のイントロダクション、すなわち、企業形態論、経営組織論、企業分析論から構成される経営学の枠組を提供すると同時に、現代経営学の新動向を明らかにし、21世紀に通用する経営原理の理論構築を目標とします。




【アクティブ・ラーニングについて】---------------------------------------------------
(例)本授業は、アクティブ・ラーニング(反転授業)を取り入れている授業です。





【実務経験のある教員による授業科目】---------------------------------------------------
 
授業計画
01.ガイダンス
 経営学の体系、シラバス記載事項の確認。(本講義の目的・到達目標、講義の進め方・日程の確認、成績評価方法、参考書の紹介)
02.企業ランキング
 総合的評価に基づく比較分析(企業ランキング等)について考える。
03.企業形態論①
 個人企業、合名会社、合資会社を学ぶ。
04.企業形態論②
 株式会社、有限会社を学ぶ。
05.コーポレートガバナンス①
 代表的な機関設計(監査役会設置会社)のタイプを学ぶ。
06.コーポレートガバナンス②
 代表的な機関設計(指名委員会等設置会社、監査等委員会設置会社)のタイプを学ぶ。
07.企業戦略論
 競争戦略、全社戦略、機能戦略について学ぶ。
08.人的資源管理論
 テイラーと科学的管理法、メイヨーやレスリスバーガーと人間関係論、マズローと欲求段階説を学ぶ。
09.経営組織論①
 職能部門別組織、事業部制組織を学ぶ。
10.経営組織論②
 カンパニー制組織、マトリックス組織、持株会社制を学ぶ。
11.企業分析論
 財務諸表のうち、貸借対照表・損益計算書を学ぶ。
12.経営財務
 企業の資金調達を学ぶ。
13.
14.
 
授業運営
zoomで授業を行います。ドットキャンパスに資料を掲載します。時々、zoomの投票機能を用いて理解度アンケートを行います。
 
評価方法
期末レポート課題です。Formsでレポートを出します。
 
オフィスアワー
zoomでの授業の後に質問タイムをもうけます。zoomのチャット機能を用いて質問を募集し、口頭でお答えします。
 


 
 
 
[前へ戻る]