[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
社会学概論
Introduction to Sociology 
 担当者
 Instructor
講師   植木 豊  前学期 木曜日3時限/金曜日3時限
      /金曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本講義の目標は、受講生が、戦後日本社会の変質過程を、社会学的なものの見方によって、考察できるようになることである。
その際、社会学的ものの見方に関しては、法学部および経済学部の教職科目カリキュラム方針に従い、時代の課題と社会の要請に応じた内容に配慮する。
 
授業内容
社会学概論Iでは、1950年代から2010年代にいたるまで、日本社会の変質過程を、ジェンダー・家族・少子化高齢化・福祉・都市・消費文化・格差等を軸にして、概観していく。社会学的なものの見方を採用することによって、今日の社会の有り様が、どのように成立しているか理解できるようになること、これを目標としている。なお、木曜3限、金曜3限、金曜4限の講義内容は、すべて同一である。
 
授業計画
I 社会学と戦後日本社会の変質
1 社会学の対象と社会学的なものの見方
2 「貧しい社会」、「豊かな社会」、「格差社会」

II ジェンダーと家族
3 <サラリーマン+専業主婦+子供二人>家族の成立と再編
4 ジェンダー・家族・労働−M字型カーブ
5 少子化は、なぜ、止まらないのか

III 少子高齢化と福祉社会の変質
6 福祉国家の成立(政府・市場・家族)
7 家族形態の変質と疾病構造の変化
8 福祉の外部化・社会化

IV 消費文化と都市空間の変質
9 モノの消費から時間・空間の消費へ
10 消費文化の変質と都市空間の変質
11 文化産業と都市空間

V まとめ
12 日本社会の行方

毎回プリントを配布するので、予習にあたっては、事前に読んでおき(1時間)、復習にあたっては、
プリントの内容を要約しておくこと(1時間)。

木曜3限、金曜3限、金曜4限の講義内容は、すべて同一である。
 
授業運営
テキストは用いず、毎回、資料(新聞記事や文献のコピー)を配布して、これを基に講義を行う。
これらを予習・復習に積極的に用いること。予習時には、事前に目を通しておき、
復習時には、講義中に示したテーマに即して、資料の該当箇所に線を引いておくことが必要となる。

なお、受講生の論述式答案作成能力に応じて、授業時に、答案作成演習を行うこともありうる。
 
評価方法
学期末試験(論述式)。持ち込みは、A4サイズ以下の用紙2枚以内の予定。
 
オフィスアワー
メール等による。
 


 
 
 
[前へ戻る]