[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
人文地理学概論
- 人文地理学の基礎 -
Introduction to Human Geography 
 担当者
 Instructor
教授   平井 誠  前学期 月曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本講義は,受講者が人文地理学の基礎的な用語・概念を理解し,それらの概念を現実の地域社会の理解に活用できることである。
本学のディプロマ・ポリシーに掲げられた「新しい時代に必要とされる専門的かつ体系的な知識」を得ることを目的とする。
 
授業内容
 人文地理学は、人間の諸活動を空間という視点から考察し、その特性を解明しようとする。本講義は、人文地理学における基本的な用語や概念を具体例とともに検討することで,人文地理学の特徴を総合的に理解する。
 
授業計画
 本講義は、地域や景観、分布や伝播などの人文地理学における基礎用語を具体例とともに理解し、現実の社会を空間という視点から読み解くことを目指す。
予習:以下の講義予定中に,【 】で示したキーワードについて調べておくこと。
復習:授業で取り上げた事例や場所について地図帳等で確認すること。予習・復習あわせて各回あたり約4時間を想定している。
 各週の講義予定は以下の通り。
1 ガイダンス:人文地理学とは?
2 地域とは     【地点,距離,地域,空間】
3 地域のとらえ方  【等質地域,機能地域】
4 景観とは     【景観,景観要素】
5 景観に見る地域性 【文化景観,自然景観】
6 地図の発展    【TOマップ,伊能忠敬】
7 地図の現在と電子化【地形図,GPS】
8 分布の指標    【密度】
9 分布を読む    【環境決定論,環境計画論】
10 立地       【立地,ウェーバーの立地論】
11 伝播       【伝播】
12 メンタルマップ  【メンタルマップ,認知距離】
13 時間地理学    【タイムパス,時空間プリズム】
14 まとめ/質疑応答
(各回の授業内容は履修者の関心や高校までの学習状況に応じて調整する場合がある。)

 
授業運営
オンライン授業で行う。詳細はドットキャンパスで通知するので,常に最新の情報を確認すること。
初回の講義は,ドットキャンパスによる資料と動画配付を予定している。


配付資料を用いて講義を進める。

なお本科目は教職課程履修者向けの科目であるが、高校時代に地理を履修していない学生も多いので、基礎的事項の確認・修得のために小テストを行う場合もある。
 
評価方法
講義時に数回実施する小テスト(クイズ)や課題,および期末レポートの総合評価とする。
期末レポートの詳細は,講義およびドットキャンパスで通知する。
 
オフィスアワー
オンライン授業のためメールで受け付ける。
アドレスはガイダンス時に通知する。
本文に学科,学籍番号,氏名を明記すること。

 
使用書
毎回プリントを配付する。
参考書
高橋伸夫ほか『新版 ジオグラフィー入門 』[古今書院]2008
高橋伸夫ほか『地理学への招待』[古今書院(地理学講座)]1988
中村和郎ほか『地域と景観』[古今書院(地理学講座)]1991
この他の参考書は講義時に随時紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]