[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
国際ビジネス論
International Business
 担当者
 Instructor
講師   大東和 武司  後学期 木曜日5時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は、履修生が、①国際ビジネスの理論を体系的に理解すること、②特に日本企業が直面しているグローバル人材面での現状と課題を把握すること、③ケーススタディを通じて、国際ビジネスの実践的側面を理解すること、④さまざまな視角からの「ものの見方・考え方」を養うことです。

 本科目は、経営学関連科目(経営学総論、経営戦略論、経営組織論など)、マーケティング・流通論関連科目(ロジスティクスなども含む)、人的資源管理論や、国際貿易論などと密接に関連しており、それらの応用的な位置づけの内容です。こうした科目の履修を前提にはしていませんが、これらの科目も前後に履修することによって、国際ビジネスの諸課題についてより理解しやすくなるでしょう。


 
授業内容
 本講義では、国際ビジネス論のうち、前半は理論的側面に焦点をあてます。経済学と経営学をベースとした理論をそれぞれ体系的に解説します。後半では、昨今大きな課題となっているグローバル人材や外部組織の活用に関するマネジメントを中心に論じます。最後に全体を総括する意味合いで、製造業とサービス業のグローバル化のケーススタディを取り上げる予定です。

 なお本講義は、国際ビジネス論Ⅰと密接にリンクした内容であるので、国際ビジネス論Ⅰをすでに履修していると理解がより深まるでしょう。

 
授業計画
 予習については、①以下の参考書で該当する章を読み、不明な専門用語を調べたり、②日頃から新聞・ビジネス誌などで関連記事を読んでおくことが望まれます。復習については、①参考書で該当する章末に記載された課題について検討する、②講義で取り上げたテーマについて、自らが関心ある業界・企業でどのような動向が見られるか調べることが求められます。予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定しています。
 なお以下の講義計画は一応の目安で、以下記載の14回を12回+2回分に相当する課題研究等に変更します。ただ、各回の受講生の理解度により時間数が変わる場合もあります。

1 イントロダクション(講義の概要とシラバスの内容の確認)
2 多国籍企業の歴史的変遷 【予習】下記参考書のうち、江夏ほか(2013)第2章を読む
3 国際ビジネスの理論①(企業の海外進出要因に関する理論:ハイマーなど)【予習】下記参考書のうち、江夏ほか(2013)第3章を  
読む
4 国際ビジネスの理論②(企業の海外進出要因に関する理論:内部化理論)【予習】「取引コスト」とは何かを調べておく
5 国際ビジネスの理論③(経営学ベースの理論:資源・能力ベース)【予習】経営学における競争優位は何から生じるのか、を調べる
6 国際ビジネスの理論④(近年の諸理論:メタナショナル・モデル、ビジネスネットワーク理論)【予習】内部化理論ほかを下記の
参考書で調べておく
7 中間テストおよび解説 (レポートに代替する場合もある)
8 異文化マネジメント①:異文化マネジメントの基礎 【予習】下記参考書のうち、江夏ほか(2013)第13章を読む
9 異文化マネジメント②:異文化マネジメントとダイバーシティ【予習】「ダイバーシティ」とは何かについて調べる
10 グローバル人的資源管理(HRM)①ドメスティックHRMとグローバルHRMの違い【予習】「人的資源管理」の範囲について調べる
11 グローバル人的資源管理(HRM)②海外派遣者(expatriate)のマネジメント 【予習】下記参考書のうち、江夏ほか
(2018)第10章を読む
12 グローバル人的資源管理(HRM)③「グローバル人材」のマネジメント【予習】日本でなぜ「グローバル人材」が必要とされているのか、調べる
13 サービス・ビジネスのグローバル化 【予習】サービス業界の範囲と代表的企業がどの程度海外展開をしているか、を調べる
14 まとめ/質疑応答(レポートに代替する場合もある)

 
授業運営
 (1) 授業は、オンタイム型授業(ZOOM)で行います。
(2)第1回目の授業でカメラ機能を利用しますので、事前に確認しておいてください。
 
評価方法
 ・平常点(リアクションペーパー)50%、中間レポート20%、期末レポート30%という割合で評価します。
 ・評価方法については、授業中にも説明しますので、必ず確認してください。
 


 
オフィスアワー
 とくに設けないが、講義の前後、講義時に伝えるメールアドレスにるメールなどによって代替する。
 

参考書
『理論とケースで学ぶ国際ビジネス』第4版[同文舘出版(江夏健一・桑名義晴(編著))]2018年
『国際ビジネス入門』第2版[中央経済社(江夏健一・太田正孝・藤井健(編著))]2013年
『グローバル環境における地域企業の経営』[文眞堂(大東和武司ほか(編著))]2008年

 
 
 
[前へ戻る]