[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
国際ビジネス論
International Business
 担当者
 Instructor
准教授 灘山 直人  前学期 月曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本講義の到達目標は、受講生が①国際ビジネスの主要な理論を理解し、②具体的事例と関連付けて考えられるようになることである。また、経済学部のカリキュラム・ポリシーの従い、実践的に対応する能力を培うべく、国際ビジネスの基礎学力と応用力とをバランスよく身につけられるようカリキュラム編成をしている。

将来海外に出て働くこと、あるいは日本にいながら海外とのつながりを持って働くことを希望する学生の参加を推奨する。
 
授業内容
本講義では、国際ビジネスのなかでも特に企業の海外進出について多様な側面から広く学べるように、毎回異なるテーマが設定されている。前半では企業の海外進出についての主要な理論を学ぶ。後半では、海外進出の様々なシチュエーションについて学ぶ。

多くの受講生が十分に内容を理解できるよう、あくまで学部生レベルの理論に焦点を当て、様々な点から繰り返し説明していく。従って基礎をしっかり理解したい学生に適した講義である。

【実務経験のある教員による授業科目】
日本企業の海外子会社などで勤務した経験をもとに、多国籍企業の海外進出について多方面から考察する。
 
授業計画
※本学の決定に基づき、2020年度前期に開講される本講義はオンラインにて学習を行う。
※重要:本講義は受講生が音声付パワーポイント資料を各自で閲覧し、質問への回答を提出する形式を取る。(受講生の通信環境に配慮し、Zoomなどによるライブ配信授業を実施しない。)

本講義の12回分の授業概要を以下に示す。講義は、各回のテーマに関する国際経営の基本概念・理論の説明が中心となる。同時に、理解を深めるために都度ケースを紹介していく。

なお、本講義では時間外学習として課題レポートを行う。これらの課題レポートについては、授業時間外にて講義2回分程度の学習を想定している。

また、受講生は復習として授業で利用されたスライドを見返しながらそのケースについて再考してみる必要がある。さらに各授業の最後に次回授業での学習テーマについて説明するので、受講生は予習として次回学習に関連した企業活動につき事前に調べてみる必要がある。各回あたり約4時間分の自己学習を想定している。

■第1回授業:「イントロダクション」
企業の海外進出とはどのようなものか事例とともに考える。またシラバスの記載事項について確認し、レポート課題の進め方についても説明する。

■第2回授業:「企業の海外進出(目的および課題)」
企業の海外進出について、その3つの主要目的を学ぶ。また海外市場で直面する課題についても学ぶ。

■第3回授業:「企業の海外進出(内部化理論)」
企業の海外進出に関する基礎理論である内部化理論について学ぶ。

■第4回授業:「企業の海外進出(国際化プロセス)」
企業の海外進出に関する基礎理論である国際化プロセスの理論について学ぶ。

■第5回授業:「企業の海外進出(ケーススタディ)」
1つ目の課題レポートで取り上げた企業について、その海外進出を詳細に学ぶ。

■第6回授業:「ボーン・グローバルズの海外進出」
これまでに学んだ基礎理論をベースとして、特に新興企業(ボーン・グローバルズ)の海外進出について学ぶ。

■第7回授業:「新興国への海外進出」
これまでに学んだ基礎理論をベースとして、特に新興国への海外進出について学ぶ。

■第8回授業:「グローバルM&A」
これまでに学んだ基礎理論をベースとして、特にM&Aを用いた海外進出について学ぶ。

■第9回授業:「グローバル連携」
これまでに学んだ基礎理論をベースとして、特にグローバル連携を用いた海外進出について学ぶ。

■第10回授業:「その他の海外進出」
これまでの授業で学ばなかった海外進出の他の形態について学ぶ。

■第11回授業:「日本企業の海外進出、海外企業の日本進出」
日本企業の海外進出の動向について学ぶ。さらに海外企業の日本進出の動向について学ぶ。

■第12回授業:「総括」
本講義全体の総括を行う。
 
授業運営
本講義では、毎回音声付きのパワーポイント資料を配布し、受講生がそれを各自で閲覧し、質問への回答を提出する形式を取る。

<資料の配布>
受講生はドットキャンパス(dotCampus)のコースページ(マナビ)に格納された資料をダウンロードする。

<資料の閲覧>
受講生はダウンロードした資料を各自で閲覧してもらう。授業日のうちに閲覧すること。

<コメント提出>
パワーポイント資料の途中で、毎回受講生に質問を投げかける。受講生は質問に対する自分なりの回答を考え、ドットキャンパスのコースページ(マナビ)に設置されたレポートタスクに授業日のうちに入力する。

<質疑応答>
講師への質問がある場合には、講師にメールにて質問を受け付ける。

<レポート課題>
レポート課題については適宜音声付きパワーポイント資料のなかで説明する。

※上記の資料配布やコメント提示につき、うまくいかない場合には、灘山までメールで個別に知らせること。(naoto.nadayama@gmail.comあるいはft102011ea@kanagawa-u.ac.jp)
 
評価方法
1.課題レポート:60%
2.毎回のコメント:40%
(中間テスト・期末テストは実施しない)
 
オフィスアワー
2020年度前期は対面での相談ができないため、相談等のある人は、メールでの相談に応じる。(naoto.nadayama@gmail.com)
 

参考書
中川功一・林正・多田和美・大木清弘『はじめての国際経営』[有斐閣ストゥディア]2015
浅川和広『グローバル経営入門』[日本経済新聞社]2003

 
 
 
[前へ戻る]