[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
経営管理論
Business Management
 担当者
 Instructor
教授   小山 和伸  前学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 受講生が、いわゆるアメリカ流管理論の主要学説について、古典派から人間関係論、組織論に至学説の内容とその時代背景について、理解できることを到達目標とする。
 火曜日2時限の「経営管理論」は、留学促進のためのプログラムとして、使用言語を原則英語とする。日本語による解説を必要に応じて行う。受講生が、英語による講義の要点を、大まかにでも理解できるレベルに到達できるよう配慮する。
 各回、予習と復習に1時間程度の勉強を心がけて欲しい。

Course Target

Students will undarstand fondamental theories of management through business histories of several countries. In this class, I read lectures in English with summary in Japanese. Please prepare and review about 1 houre for each class.

 
授業内容
 近代産業社会の成立と発展の過程を概観し、経営管理論が研究対象とする企業および企業社会について解説する。大規模な分配と生産の持つ意味を考え、大量生産・分配・消費社会の成立と発展を考える。その社会的現実から要求されてきた管理論の変遷を、歴史的な背景と共に検討してゆく。
 外国人講師による、英語もしくはフランス語による講義を、可能であれば何回か実施する予定である。
Course Contents
First, I will explain the beginnings of the modern industrial society. In particular, we will learn about mass-distribution and mass-production systems using a case of the United States. In addition, we will learn about some important theories of management.

【実務経験のある教員による授業科目】--------------------------------------------------

一般社団法人メディア報道研究政策センター理事長としての経験を活かし、経営管理について教授する。
 
授業計画
1. ガイダンス:シラバス記載事項の確認、近代産業社会の成立
   A.ガーシェンクロン・モデルを中心に世界各国の産業発展を解説
2. 近代産業社会の発展
   A.D.チャンドラーJr. のVisible Hand に基づき、アメリカの産業社会成立期を解説
3. 我が国の近代産業社会
   明治維新期からの産業社会の成立・発展について、経営史的アプローチをもって解説
4. 企業社会の意味
   産業社会の中心を成す企業の意味を検討する。
5. 企業規模の拡大
   株式会社と大量生産および官僚制機構に関する解説
6. アメリカの管理論の変遷
   古典派から組織論に至概説
7. 古典派管理論
   F.W. テーラーの科学的管理法
   H.ファヨールの管理科学
8. 実践家としてのフォード
   フォーディズムの意義 
9.人間関係論
   ホーソン工場の管理実験を通じて解説  
10.動機付け理論(1)
   R.リッカートのリーダーシップ論
11.動機付け理論(2)
   H.マスローの欲求段階説と職務管理
12.動機付け理論(3)
   職務拡充計画について

※2020年度前期は、武漢ウィルスの影響により、12回の遠隔講義のため、ここまでとする。

13.現代経営組織論
   C.I.バーナードの経営者の役割
14.リーダーシップの本質について
   成功と失敗の管理
毎回テキストはドット・キャンパスで確認できるようにする。テキストの予習と授業内容の復習をしっかり行うこと。

Course Program
1. Guidance of the lecture
 The beginnings of the modern industrial society:
 The backwardness model by A. Gerschenkron
2. Progress of the industrial society: The study of the US case on progressing industrial society by A. D. Chandler Jr.
3. Progress of the industrial society: The study of the case on progressing the industrial society in Japan
4. Meaning of the corporate society: Corporate industry
5. Progressing process of corporate organization: Mass production system, corporation, and bureaucracy
6. Historical process of American management theories
7. Scientific management by F. W. Taylor
8. Management science by H. Fayol
9. A case study of the Ford Motor Company
10. Theory of human relations by E. Mayo
11. Theory of leadership by R. Likert
12. Need hierarchy theory by A. H. Maslow, Job enlargement theory by C. Argyris, and theory X and Y by D. McGregor
13. Job enrichment theory by F. Herzberg
14. The essence of leadership by K. Oyama (1)
15. The essence of leadership by K. Oyama (2)
 
授業運営
 外部講師による授業の機会を設ける場合もある。外部講師が外国人の場合、英語およびフランス語による授業の可能性もある。
 
評価方法
 学期末の(2020年度前期は、最終回講義内での)筆記試験による。小テストやレポートを課す場合もあり得る。


Notes/texts from each lecture are available through the university’s internet system. Success of the course requires the completion of a terminal examination, a short test, and a report. A foreign professor will be the guest lecturer in a special session.
 
オフィスアワー
 月~土曜日 11:00~17:00(授業時間を除く)
 
使用書
小山 和伸『救国の戦略』[展転社]
小山 和伸『リーダーシップの本質』[白桃書房]


 
 
 
[前へ戻る]