[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
中級ミクロ経済学
Intermediate Microeconomics
 担当者
 Instructor
教授   吉岡 忠昭  前学期 火曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
 
到達目標
 1年次の「ミクロ経済学」で扱われた内容を、受講生が数式を用いて再確認し、計算問題をふくむ各種の問題を解くことで理解を深めることがこのクラスの目標である。したがって、この科目の履修登録には「ミクロ経済学」および「基礎経済数学I, II」で学んだ内容が十分理解されていることが前提である。
 
授業内容
 生産者行動・消費者行動・完全競争市場・不完全競争市場・経済厚生・その他のトピックについて、まず、経済モデルを数式を用いて定式化し、計算問題を解くことなどを通じて理解を深め、現実の経済問題とモデルの関連性についても検討していく。
 
授業計画
 以下の授業計画は実際の進行の都合等により変更があり得る。 授業の前には1年次に使用した「ミクロ経済学」の教科書とノートで各回の内容を再確認し、各回の項目の行末に示した奥野編(2018)の問題など予習に約2時間、また、授業の後にノートを整理し重要用語を再確認するなど復習に約2時間、合計して約4時間の自己学習が必要と想定している。授業中に指示された演習問題がある場合は、授業後できるだけ早くそれらを解いてノートを作成する必要がある。

 1.ガイダンスと数学的準備 1.1
 2.生産者行動その1 (生産関数)2.1 ,追加的予習項目p.40-p.41 基本的事項の確認
 3.生産者行動その2 (利潤最大化)2.2
 4.生産者行動その3 (費用最小化)2.3
 5.消費者行動その1 (選好関係) 1.2, 1.3, 追加的予習項目p.4-p.5 基本的事項の確認       
 6.消費者行動その2 (効用最大化)1.4, 1.6, 1.7         
 7.消費者行動その3 (スルツキー方程式)1.10, 1.17, 1.19         
 8.完全競争市場その1 (部分均衡分析) 3.1, 3.5, 3.7,追加的予習項目p.66-p.67 基本的事項の確認 
 9.完全競争市場その2 (一般均衡分析) 3.9(1)
10.厚生経済学     (市場の失敗) 3.8, 3.9(2)(3), 7.1, 7.3, 7.7, 7.12
11.ゲームの理論その1 (標準型のゲーム) 4.1, 4.3, 4.5,追加的予習項目p.108-p.109 基本的事項の確認
12.ゲームの理論その2 (展開型のゲーム) 4.6, 4.9, 4.10
13.不完全競争市場その1 (独占・複占) 5.1, 5.2, 5.5,追加的予習項目p.136-p.137 基本的事項の確認
14.不完全競争市場その2 (情報の非対称性)6.1, 6.4, 6.9, 6.11,追加的予習項目p.162-p.163 基本的事項の確認
 
授業運営
 このクラスでは、取り上げるトピックに関する解説と練習問題を組み合わせながら授業を進める。練習問題は授業中にミニテストやQuizとして行われたり、黒板を利用して受講者に答案を発表してもらうことがある。
 各回ともに、教室に設置されたICカードリーダーを利用して出席を申告し、1年次の「ミクロ経済学」で各自が作成したノートを持参すること。
 詳細は第一回目で説明するので、必ず出席すること。
 
評価方法
 学期末試験が60パーセント、授業中の演習などの平常点が40パーセントの割合で総合的に評価する。
 
オフィスアワー
 講義のある木曜日(前学期)の19時00分から19時30分まで1号館712研究室にて。または各回の終了時に教室で申し出ること。
 
使用書
奥野正寛(編)『ミクロ経済学演習』第2版2018

参考書
神取 道宏『ミクロ経済学の力』[日本評論社]2014
奥野正寛(編著)『ミクロ経済学』[東京大学出版会]2008
1年次の科目「ミクロ経済学」で利用したテキストとノートは必ず準備すること。
 
 
 
[前へ戻る]