[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
社会保障論
Social Security
 担当者
 Instructor
講師   林 亜美  後学期 月曜日3時限/月曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、日本における基本的な社会保障制度の仕組みを理解すること、および各制度を自らのライフサイクルと関連させて捉えることで、多様な視点から社会保障制度の知識を応用できるようになることが本講義の到達目標である。
 
授業内容
私たちが生活する上で、社会保障制度は欠かせないものである。本講義では、少子化・高齢化の現状を踏まえつつ、社会保障制度のなかでも社会保険の医療保険制度・介護保険制度・公的年金制度、そして、社会保障の歴史と今後の展望について講義する。社会保障制度の体系的な理解のために、前学期の「社会保障論Ⅰ」と併せて通年で履修することが望ましい。
 
授業計画
 各回の講義内容は以下のように予定しているが、時間の都合や進捗状況により内容が若干前後する場合もある。予習として、適宜「Teams」内に講義の関連資料を提示するので読んでおくこと。講義の縮刷版パワーポイントのPDFも同様に提示するので、関連資料と併せて講義の予習復習として学ぶことを勧める。日頃から社会保障関連の新聞記事・ニュース等によって最新の動向に関心を持つこと。

01.ガイダンス シラバスの記載事項について確認する
02.少子高齢化社会と経済の低成長
03.医療保険制度(1)医療サービスを保障する仕組み
04.医療保険制度(2)診療報酬と医療提供体制
05.医療保険制度(3)諸外国の医療保険制度
06.介護保険制度(1)介護保険制度を保障する仕組み
07.介護保険制度(2)保険給付と介護提供体制
08.介護保険制度(3)地域支援事業と権利保護
09.公的年金(1)公的年金による所得保障の仕組み
10.公的年金(2)企業年金と国民年金基金
11.公的年金(3)財政方式と公的年金の課題
12.社会保障の歴史と今後の展望と総まとめ

※授業計画の詳細等に関しては第1回目の講義の際に説明する。途中、2回の課題を予定している。
 
授業運営
・ZOOMを用いたオンタイム型講義と課題を提示して期限内に提出する課題提示型の双方を用いる。
・ZOOMやTeamsの使用方法については、事前に大学のマニュアル等で必ず確認しておくこと。
・講義はパワーポイントを使用し、縮刷版PDFと関連資料をteamsの授業ファイルに事前にアップロードする。
・講義中は、カメラはオフ、マイクはミュートにしたままにしておく。
・講義毎に前週の簡単な復習問題を行う。
・不明な用語があった場合、復習として講義後に確認を行うこと。
 
評価方法
・2回の課題(40%)と学期末の論述試験(60%)で評価する。
・評価方法については授業中に説明するため、必ず確認すること。
 
オフィスアワー
・質問等がある場合は、大学の教員メール(pt121316lv@jindai.jp)で受け付ける。
・教員に連絡をする際には、「履修時限・学科・学年・学籍番号・フルネーム」を必ず記載すること。
 

参考書
大沢真理『生活保障のガバナンス ジェンダーとお金の流れで読み解く』[有斐閣]2014
駒村康平・山田篤裕・四方理人・田中総一郎・丸山桂『社会政策 福祉と労働の経済学』[有斐閣アルマ]2015
椋野美智子・田中耕太郎『はじめての社会保障』第17版[有斐閣アルマ]2020
※使用書の購入指定はしないが『はじめての社会保障』を用いて授業を行う
 
 
 
[前へ戻る]