[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
都市経済論
Urban Economy
 担当者
 Instructor
講師   山崎 将太  前学期 土曜日2時限/土曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本講義の到達目標は、受講生が、①都市・地域の経済分析に必要となる基礎的な分析手法・スキルを習得すること(「視点の確立」)、ならびに②我が国の都市・地域が直面している具体的な諸問題や諸課題に対して、都市・地域経済学の見地からどのような政策的アプローチができるかを論理的に立案・提言する素養を身につけることである(「視野の拡大」)。

 なお、本講義は、主にミクロ経済学のフレームワークをベースに行うため、本講義の履修前にミクロ経済学の単位を「良」以上の成績で修得済か、同程度の知識があることが望ましい(必要となるミクロ経済理論については講義時に丁寧に復習を行う)。また、初等関数、四則演算の知識は前提とする。

 
授業内容
本講義は、応用ミクロ経済学としての都市・地域経済学を入門レベルで講ずる。
具体的には、都市・地域経済の形成・発展・運行メカニズムを考察する際の理論的フレームワークや、都市・地域が直面する諸問題(交通、環境問題等)に対する経済政策的アプローチ手法について講義を行う。

 また、時間が許せば、ICT(情報通信技術)を活用した都市・地域政策やビジネス展開に係る最新動向(コンパクト/スマートシティ、ICT×地域・地方創生、BigData/AI/IoT×都市デザイン等)についても紹介したい。
なお、「都市経済論Ⅰ」と「都市経済論Ⅱ」はセットで履修することが望ましい。
 
授業計画
■各回の講義内容は一応次のように予定するが、講義の進捗状況や、履修者のレベルに応じて若干前後したり、追加の内容を講義す
 る場合もある(カッコ内は、後掲使用書の該当章節を示す)。

■テキストを事前に読んだ上で出席していることを前提に講義するので、予習として、①各回の該当頁を予め読んでおくこと、②分
 からない用語や概念について自分なりに調べてみることの2点が不可欠である。

■また、復習としては、①講義で提示・説明された経済理論・モデルについて、当該理論モデルに課されている仮定や、想定されて
 いる経済環境等を再確認すること、②その理論・モデルから導出された命題の経済学的意味を理解すること、➂導出された命題と
 現実の経済現象との関連性を自分なりに考察してみることが望ましい。

■予習・復習合わせて各回あたり4時間以上の自己学習を想定する


1.ガイダンス/都市経済学とは何か―分析の射程と学び方―
  まず、シラバスの記載事項について確認する。その上で、現代経済学の体系における都市・地域経済学の位置づけ、都市・地域経済学の分析射程について概説する。

2. 地域の概念整理と我が国の地域と都市(第1章)
  「地域」の概念について整理しつつ、我が国における地域の人口規模、産業構造、所得格差等の特徴や差異を理解する。【予習】テキストの該当頁を読んでおくこと。

3. 県内総生産と地域間交易(第2章)
  「県内総生産」、「地域間交易」の概念について整理しつつ、地域の経済活動や地域間のつながりの特徴について理解する。【予習】テキストの該当頁を読んでおくこと。

4. 県内総生産の決定要因-その①: 需要主導型モデル-(第2章)
  県内総生産の決定モデルの1つである「需要主導型モデル」について理解する。【予習】テキストの該当頁を読んでおくこと。

5. 県内総生産の決定要因-その② :供給主導型モデル-(第2章)
  県内総生産の決定モデルの1つである「供給主導型モデル」について理解する。【予習】テキストの該当頁を読んでおくこと。

6.地域間人口移動の経済分析-その①: 基本モデル-(第3章)
  我が国における地域間人口移動の特徴について概説した後、基本モデルを用い、人口移動が地域経済の効率性に与える影響を考察する。【予習】テキストの該当頁を読んでおくこと。

7. 地域間人口移動の経済分析-その②:ハリス=トダロモデル-(第3章)
  第6講で学習した人口移動の基本モデルを拡張したハリス=トダロモデルを用い、どのような条件のもとで人口移動が地域経済の効率性を向上させるのかを考察する。【予習】テキストの該当頁を読んでおくこと。

8.集積の経済と都市化-その①-(第4章)
  人・企業が集まることの利益・不利益について経済学的な考察を行う。【予習】テキストの該当頁を読んでおくこと。

9.集積の経済と都市化-その②-(第4章)
  集積の経済の要因、およびその発生メカニズムについてモデル分析を用いて理解を深める。【予習】テキストの該当頁を読んでおくこと。

10.住宅市場の経済分析-その①-(第5章)
  我が国における住宅市場や住宅・土地価格の特徴について理解する。【予習】テキストの該当頁を読んでおくこと。

11.住宅市場の経済分析-その②-(第5章)
  住宅価格と家賃、地価と地代との関係について理解する。【予習】テキストの該当頁を読んでおくこと。

12.都市土地利用の分析-その①:チューネンモデル-(第6章)
  土地利用パターンを考察する際の基本モデルの1つである「チューネンモデル」について理解する。【予習】テキストの該当頁を読んでおくこと。

13.都市土地利用の分析-その②:単一中心都市モデル-(第6章)
土地利用パターンを考察する際の基本モデルの1つである「単一中心都市モデル」について説明し、土地利用パターンが地価・地代に与える影響について理解する。【予習】テキストの該当頁を読んでおくこと。

14. 全体のまとめ・質疑応答
本講義のまとめ、及び質疑応答の時間を設ける。


 
授業運営
全て講義形式とし、指定した教科書の内容に沿いつつ、板書を中心とした講義を行う。授業運営の詳細については、初回授業時間中に改めて説明する。参考資料を配布する場合は、前日までに「dotCampus」に掲載するので各自で印刷の上、持参すること。
講義中の私語は、許可された場合を除き、一切厳禁とする(教員の注意勧告に従わない場合は、退出を指示する場合がある)。
 なお、授業中に不明点や疑問点がその都度、質問いただいて構わないので、わからない箇所や事項はそのままにせず、出来る限りその場で解決すること。

 
評価方法
【評価方法】
定期試験(持ち込み不可)80%、持ち帰り試験(4回程度)20%で換算した合計得点で相対評価する。具体的には、当該合計得点の上位75%程度を合格とする(相対評価は、本科目に限らず、履修者が100名を超える授業科目について経済学部でとられている措置である)。

出席状況は評価対象としない。

 
オフィスアワー
授業終了後、その場で受け付ける。なお、電子メールの場合は、時間指定なく受け付ける。
 
使用書
佐藤泰裕『都市・地域経済学への招待状』[有斐閣]2014年

参考書
山田浩之・徳岡 一幸『地域経済学入門』第3版[有斐閣]2018年

 
 
 
[前へ戻る]