[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
農業経済論
Agricultural Economy
 担当者
 Instructor
講師   竹田 麻里  前学期 金曜日2時限/金曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本講義の到達目標は、経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、
受講生が食と農に関する社会科学的な理解を深めることです。
 
授業内容
講義では世界の農業と日本の農業に関わるトピックについて、経済学をベースにできるだけ平易に解説します。
 
授業計画



01.授業ガイダンス シラバスの確認と、イントロダクション ―農学のなかの農業経済、経済学のなかの農業経済―
02.農産物の需給調整
03.ミクロ経済学の生産理論
04.世界の食料①―経済発展と農業―
05.世界の食料②―農産物貿易と農業保護―
06.世界の食料③―世界の人口と食料―
07.世界の食料④―資源・環境と農業―
08.日本の農業①-食料自給率で読み解く日本の農業
09.日本の農業②―農業生産と土地―
10.日本の農業③―農業生産にかかわる組織―農協・農業委員会・土地改良区―
11.日本の農業③―日本の農業政策①農業基本法と食糧管理制度―
12.日本の農業④―日本の農業政策②食糧・農業・農村基本法と現代の政策―

※進捗状況に応じて内容が前後します
※時間外学習は4時間を想定し、復習を中心とします。
復習の方法は、
・講義で配布された資料をもとに中心となる概念や理論について自分で整理すること
・新聞・雑誌等の農業・食料関連の記事を読み、講義で学習した概念や理論に関連付けて考察をすること
・授業で取り上げた例題や適宜配信されるウェブテストなどの問題に取り組むことなどです。


※上記の講義計画は、進捗状況によって内容が前後する場合があります。
 
授業運営
予習は特に必要ありませんが、復習を中心に、各回あたり約4時間の自己学習を想定しています。
復習としては、講義中にメモを取った資料を読み返すこと、新聞・雑誌等の農業・食料関連の記事を読み、
個々のテーマに関して講義で聞いた重要な概念や考え方と結びつけながら考察を深めることなどが有効です。
なお、ミクロ経済学を基礎としていますので,各自でミクロ経済学の予習・復習を行うことが理解の大きな助けになります。

 
評価方法
①毎回の授業で提出するリアクション・ペーパー(もしくはそれに準じた措置)20%
②授業期間中に複数回配信する小テスト(ウェブテスト)80%

※フィードバックの方法は、前回に提出されたリアクション・ペーパーで多くなされた質問や重要な質問を取り上げ、次回の講義の冒頭で補足説明を行う形で行います。
※評価方法については、追って変更がある可能性があります
 
オフィスアワー
講義の前後もしくはE-mailでの連絡とします。
連絡先は講義冒頭でお伝えします。
 

参考書
荏開津 典生,‎ 鈴木 宣弘『農業経済学』4[岩波書店]2015

 
 
 
[前へ戻る]