[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
国際法
International Law 
 担当者
 Instructor
教授   近江 美保  前学期 月曜日2時限/木曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は、受講生が、①国際社会のルールとしての国際法の意義や内容を理解できるようになること、②国際法の前提となる原則とその制約を理解できるようになること、③国際法と現実の国際/グローバル社会で起きていることを結びつけて考えることができるようになることである。
 また、法学部のカリキュラム・ポリシーでは、国際法関係科目を入門から応用まで体系的に身に着けられるようカリキュラムを編成しており、本講義は、その中でも国際法の基礎的かつ全般的な知識を得るために不可欠なものである。さらに、国際政治学等においても国際法の基礎的な知識は重要であるので、これらの科目の履修を計画している学生は、本科目を早い段階で履修することが望ましい。


 
授業内容
 この授業では、国際法の一般的な性格を理解するために、国際法の主体である国家およびその国家を中心として発展してきた国際法の基本的な枠組を中心に学ぶ。また、国際法を初めて学ぶ学生や教職関連科目として履修する学生も多いと予想されるので、必要に応じて教科書以外の資料も使用し、時事問題など現実社会と国際法との関わりについて考え、国際法を身近なものとしてとらえられるような機会も提供する。
 
授業計画
 各回の授業内容は下記の通りであるが、以下の注意事項に留意すること。また、授業の進捗状況によっては、各回の内容について調整する場合がある。
(1)授業は、基本的にはオンライン講義形式で進めるが、各回の具体的な内容については事前にdotCampusに掲載するので、毎回授業開始前にdotCampusをチェックし、指示に従うこと。
(2)各回共通の予習として、教科書の指定された部分(下記の各回見出しの最後に記載。教科書の順番通りではない場合もあるので気をつけること。)および講義のレジュメ(dotCampusで配布)を必ず読み、①該当箇所の要点を把握する(自分で要点を書き出した予習ノートを作り、整理しておくとよい)、②わからない用語等について自分で調べる、③その他の疑問点をまとめておく。
(3)復習としては、講義の内容や具体例等を交えて予習ノートをまとめ直すことや、新聞やニュースに出てくる時事問題について、授業で学んだ内容に照らして考えてみることを勧める。
(4)予習・復習を合わせて、授業1回あたり約4時間の自己学習が想定されている。授業内容は、最初に学んだことを基礎として、そのうえにさらなる知識を積み上げていくことになるので、それぞれの授業について確実に理解していくことが望ましい。
(5)学期の中間(オンデマンド方式)及び最後に振返りのセッションを実施するので、復習の機会として活用すること。また、振返りセッションでは、具体的な事例の検討など、知識を受け取るだけではなく、自分で考えることにも挑戦してほしい。

第1回 ガイダンス/国際法の基本原理:国際法の発展、国際法の主体、国際法と国内法の関係(第1章)
    シラバスの内容を確認し、国際法の基本的な性格やその背景について学ぶ。
   【予習】国内法と国際法の違いを念頭に置き、国際法の性格についてまとめる。
第2回 国際法の法源:国際法とは何か、条約と国際慣習法、その他の形態の国際法(第2章)
    国内法とは異なる国際法の存在形態について学び、国際社会のルールとして発展してきた国際法のあり方を理解する。
   【予習】条約や国際慣習法とは何か、それぞれの特徴、なぜこのような形態が必要なのかについて考えてみる。
第3回 国際法と国家(1):国家とは何か、国家承認と政府承認、国家・政府の承継(第3章1~4)
    国家は国際法の主たる主体であり、その国家の性格や権限を理解することは、国際法を学ぶうえで不可欠である。
    まず、国家とはどういうものかを理解し、次回の授業につなげる。
   【予習】国家の成立や承認・承継について要点をまとめ、実際にこれらが問題となった事例について調べてみる。
第4回 国際法と国家(2):国家の基本的権利義務(第3章5)
    国家に認められている基本的な権利義務を理解し、国家の行為が持つ意味や影響について考える。
   【予習】国際法上、国家に認められている権利義務について整理し、それらが実際に及ぼしている影響について考えてみる。
第5回 国家の領域:国家領域の構成要素、領域主権、領域の取得(第6章)
    国家の成立に不可欠な領域という要素について理解し、領域に関する問題を考える上での基礎的な知識を身につける。
   【予習】国家の領域について整理し、領域に関する具体的な問題についてどう考えたらよいか、自分なりに検討しておく。
第6回 国家の国際交渉機関:外交使節、領事機関、外国軍隊の特権免除(第4章)
    国家間の関係を担う外交使節ほか、国家が他の国家と交わる際のルールについて理解する。
   【予習】国家の機関が国外でになっている役割等について整理しておく。 
第7回 国家の国際責任:国家責任とは何か、国家責任の発生と解除、国家責任の追求(第5章)
    国際社会で国際法に基づき国家が負う責任(国家責任)とはどのようなものかと、その対応方法について理解する。 
   【予習】国家責任に関する内容や手続きについて整理し、どのような場合に問題になるか、具体的な事例を探してみる。
[オンデマンド課題1] 振返りセッション(1)
    dotCampus上の教材により、第1回~第7回の内容を振り返るとともに、国際法が現実社会でどのように用いられているか、どのような影響を与えているかについて考え、その結果を小レポートとして提出する。
   【予習】これまでの授業内容について、改めて復習し、自分でまとめておく。
第8回 小レポートのフィードバック/国際法と国際機構:国際機構の発展、加盟国、国際機構の構造と意思決定(第12章)
    国際機構とは何か、国際法の中で国際機構が果たしている役割等について学ぶ。
    【予習】教科書の内容について理解し、自分が知っている国際機構について調べてみる。
第9回 条約法:条約とは何か、条約の締結手続き、条約の効力と留保、条約の解釈(第13章)
    国際法の主たる存在形態である条約に関するルールについて理解する。
    【予習】条約の定義や関連する手続きについて整理するとともに、自分が知っている条約について調べてみる。
第10回 国際紛争の平和的解決(1):国際紛争とは何か、非裁判手続き(第14章1~2)
    国際法の大きな目的のひとつは国際紛争の平和的解決である。国際法上の紛争について学び、紛争を平和的に解決するための手段について理解する。
    【予習】国際紛争とその解決手続きについて整理しておく。非裁判手続きで解決された事例について調べてみる。
第11回 国際紛争の平和的解決(2):国際裁判手続き、国際司法裁判所(第14章3~4)
    国際紛争の平和的解決について、司法手続きに焦点を当てて学ぶ。
    【予習】国際司法裁判所が扱う問題と、どのような場合に裁判を利用することができるのかについて整理しておく。
[オンデマンド課題 2] 国際公域:国際河川・運河、南極・空・宇宙(第8章)
    dotCampus上の教材により、国家の領域には含まれていない領域(国際公域)について、その位置づけや目的、具体的な運用について理解し、小テストを実施する。
    【予習】国家の領域となっていない領域にはどのようなものがあるか、自分が興味を持った領域について調べてみる。
第12回 振返りセッション(2)
    これまでの内容を振り返り、具体的な事例を用いて、国際法が現実社会でどのように用いられているか、どのような影響を与えているかについて考える。
    【予習】これまでの授業内容について、改めて復習し、疑問点等を整理しておく。

 
授業運営
 基本的に講義形式(オンライン授業)で行う。授業運営の詳細については、初回のガイダンスで説明する。授業のレジュメ及び追加資料は、毎回、事前にdotCampusに掲載するので、教科書と同様に、あらかじめよく読んでから授業に臨むこと。本講義では、後掲の教科書に基づいて授業を行うが、2020年度の授業については、教科書の入手が困難な場合も考慮しながら授業を行う。また、dotCampusの掲示板で質問および学生間の意見交換の機会を設けるので、活用してほしい。
なお、dotCampus上での小テストおよびオンデマンド課題の小レポートも評価の対象となるので、必ず提出すること。(下記「評価方法」参照)

 
評価方法
 小テスト(6回)30%、小レポート(オンデマンド課題1)20%、期末レポート50%とする。小テスト及び小レポートの提出はdotCampusにより行う。小レポートについては、課題について授業で学んだ内容と結びつけて理解することができているか、そのうえで自分の考えが記述できているかを評価基準とする。
期末レポートの課題および提出要領は、7月半ばまでに授業内およびdotCampusにより発表する。期末レポートの評価は、問題に対して必要な事項を授業内容の正確な理解に基づいて記述できているかに加えて、必要な場合には、それらの知識に基づいて自分の考えを述べることができているかにより判断する。内容を正確に伝える文章が書けていない場合(誤字・脱字を含む)は減点の対象となる。
出席状況は評価対象としないが、当然のことながら、小テスト、小レポート、期末レポートは授業に出席していることを前提として出題する。


 
オフィスアワー
質問はdotCampusの掲示板で受け付ける。個別のオンライン面談を希望する場合には、dotCampusを通じて担当教員に連絡すること。
 
使用書
渡部茂己・喜多義人編『国際法』第3版[弘文堂(Next教科書シリーズ)]2018
位田 隆一・最上敏樹編集代表『コンサイス条約集』第2版[三省堂]2018
ISBN978-4-335-00232-8, ISBN978-4-385-32325-1
参考書
森川幸一・森肇志ほか編『国際法で世界がわかる~ニュースを読み解く32講』[岩波書店]2016

 
 
 
[前へ戻る]