[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
経済史
Economic History 
 担当者
 Instructor
教授   松村 敏  後学期 月曜日3時限/月曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 「経済史Ⅱ」は、「経済史Ⅰ」とともに、主に1年生を対象にしており、また経済学科:現代経済専攻の学生にとっては専攻基本科目であり、いわば「経済史入門」という性格をもっている。そこでこの授業は、経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、細かい歴史的事実を詳しく紹介して受講生がそれを憶えることを目的とするのではなく、今日の経済学の基本的な概念を理解しながら、経済の歴史を通じて経済学的なものの考え方に慣れることを到達目標とし、またそれにより今日の日本経済や世界経済の歴史的な位置づけを学ぶことも目標とする。したがって高校までの歴史の授業などとは異なって、受講生は史実を憶えることに努力するのではなく、論理的に考えることに努力し慣れることが重要である。内容は、とくに経済学科の「経済入門」を踏まえたものとなる。
 
授業内容
 下記のテキストの内容に従って、順を追って解説する。通常の歴史の授業と異なり、古い時代から新しい時代へと順に歴史の流れを解説するスタイルはとらず、いくつかの大きな主題のもとに、古今東西の歴史の中から関係する事例を拾い出して、経済学の考え方のもとで新しい解釈の仕方を学ぶ。
 なおこの授業は、教職課程「教科に関する科目」の「日本史及び外国史」等の科目でもある。その点を配慮して、基本的な歴史事項についての知識が身につくようにも配慮して授業を行う。
 
授業計画
 下記の授業計画は、ほぼテキストの目次どおりなので、予習として、テキストの該当頁をよく読んで不明の箇所を明らかにしておき、復習として再度テキストを読み、理解を深めておくこと。経済学の学習もスポーツと同じで繰り返しが重要である。
また予備知識として、「経済入門」(経済学科用)程度の経済学理解が必要である。現代ビジネス学科や経済学部以外の学生は、経済学科用の「経済入門」のテキスト(『初めて学ぶ人のための経済入門』培風館、2010年刊)を読んで、予習・復習をしておくこと。
 なお、予習・復習合わせて各回にあたり約4時間の自己学習を想定している。

1. 「産業革命」 なお最初に、シラバスの記載事項について確認する。 【予習】教科書第5章第1節を読み、規模の経済性、成長会計などについて、可能な限り調べて、理解を深めておくこと。
2. 「ボスたちは何をしているか?」 【予習】教科書第5章第2節を読み、工場制と問屋制の相違について理解を深めておくこと。
3. 「見える手」の革命 【予習】教科書第5章第3節を読み、19世紀以降のアメリカ経済の発展について、可能な限り理解を深めておくこと。またミクロ経済学の初歩も復習しておくこと。
4. 生産・流通組織の選択 【予習】教科書第5章第4節を読み、資産特殊性、企業の垂直統合・水平統合とは何かについて理解を深めておくこと。
5. 奴隷制(1)―「奴隷制とは何か」「綿花栽培とアメリカ南部の奴隷制」【予習】教科書第6章第1節を読み、かつアメリカの奴隷制と奴隷解放令について調べ理解を深めておくこと。また、将来利益の割引現在価値、収益還元法による資産価格の算出についても調べておくこと。
6. 奴隷制(2)―「奴隷労働の生産性」「奴隷労働のインセンティブ構造」【予習】教科書第6章第1節を読み、 マルチタスキングとは何かを調べ、身近にあるマルチタスキングの例を考えておくこと。
7. 地主制 【予習】教科書第6章第2節を読み、土地を利用する農業のあり方には種々の方法があることを理解しておくこと。
8. 問屋制 【予習】教科書第6章第3節を読み、エージェンシー関係とそこから生じる問題について、再度予習しておくこと。
9. 金融システムの歴史(1)―「初期の金融システム」【予習】教科書第7章第1節を読み、金融とは何か、なぜ経済発展に金融が重要かをよく理解しておくこと。
10.金融システムの歴史(2)―「市場型システム」と「銀行型システム」の分化 【予習】教科書第7章第1節を読み、社会における資金の太い流れとはどのようなものか、また間接金融と直接金融について、よく理解しておくこと。
11.金融システムと経済発展 【予習】教科書第7章第2節を読み、流動性、資本蓄積とは何かをよく理解しておくこと。
12.「関係融資」の光と影(1)―「金融取引のガバナンス」「19世紀ニューイングランドの銀行システム」 【予習】教科書第7章第3節を読み、情報の非対称性から発生する逆選択やモラルハザードの意味をよく理解しておくこと。
13.「関係融資」の光と影(2)―「関係融資の健全性の条件」「関係融資と金融危機」「戦前日本の機関銀行」 【予習】教科書第7章第3節を読み、企業統治、自己資本、他人資本などについてよく理解しておくこと。
14.資本市場の発展と資本取引のガバナンス 【予習】教科書第7章第4節を読み、株式市場の効率性とは何かについて、よく理解しておくこと。

授業計画は全14回の内容を担保することを前提として、12回で実施します。
授業計画の詳細等に関しては第1回目の授業の際に説明します。
各回とも、教科書の該当部分を2時間程度予習し、不明の箇所を明確にしたうえで、授業に臨むこと。
各回とも、授業後、再度教科書の該当部分を2時間程度復習し、不明の箇所が解消されたかを確認し、なお不明の部分がある場合は、教員に質問すること。
 
授業運営
 授業は、オンタイム型授業(zoom)で行います。
 授業は、下記の教科書に沿って行う。この教科書は経済学の最新の動向をベースにしたユニークなものであり、経済学の初学者にとっては独習用としてはやや難しいと思われる。そこで授業では、教科書の各頁、各箇所を具体的に指示しながら平易に解説する。授業に出席せず「教科書があるから大丈夫」と思っていると、いざ試験の前になってチンプンカンプンということになりかねない。したがって必ず出席し、またそれほど高価な教科書ではないので、受講者は教科書を必ず授業に持参してほしい。
 なお教科書にでてくる数式や計量分析については授業では簡単に説明するが、飛ばしていただいてかまわない。
 
評価方法
 評価は、授業期間の終わりころに提示する課題に対する、FORMSに提出された答案で行います。出席状況は評価の対象としませんが、授業をちゃんと聞いていないと課題には答えられないようになっています。
 評価方法については、授業中にも説明しますので、必ず確認してください。
 
オフィスアワー
 質問対応メールアドレス:matsus02@jindai.jp
その他、ZOOMでの授業終了時にチャットで質問を受け付けます。
 
使用書
岡崎哲二『コア・テキスト経済史 増補版』[新世社]2016年


 
 
 
[前へ戻る]