[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
財政学
Public Finance 
 担当者
 Instructor
准教授 森田 圭亮  後学期 火曜日5時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本講義の到達目標は、景気対策をはじめとする政府の活動の在り方について理解を深め、今日の様々な問題に対してどのような政策が必要であるのかについて、学生ひとりひとりが自主的に考える力を養うことである。
 
授業内容
 本講義では、経済学の知識を利用して財政学の基本的な考え方を理解することに主眼を置いている。特に、本講義ではマクロ経済学を応用して講義を進めていく。
 また、経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、現代の経済現象を正確に認識し、実践的に対応する能力を培い、幅広い教養とコミュニケーション能力を身につける一環として、経済理論を応用しながら財政のあるべき姿や今日の財政を取り巻く実態や課題を掘り下げて講義する。そのため、ミクロ経済学やマクロ経済学についての理解を深めておくことが望ましい。
 
授業計画
 各講義で予定している講義内容は以下のとおりである。ただし、進捗状況により、講義内容が前後することがある。
 講義内容は経済理論を活用することがあり、また適宜時事的な話題にも触れるため、各回共通の予習として①ミクロ経済学やマクロ経済学の確認を行う ②新聞やテレビなどのニュースを注視すること の2点を実践することを推奨する。これらに加えて、下記に示す通り、各講義ごとの予習や復習をおこなうことが望ましい。なお、予習・復習合わせて各回あたり4時間程度の自己学習を想定して課題を提示している。

1.序論:シラバスの記載事項について確認する。また、歳出のための財源の基本知識や日本の現状について説明する。
2. 景気と政策①〜ベンチマーク・ケース
  次回以降の講義のベースとなるモデルの構築を行う。【予習】マクロ経済学の基礎について確認する。
3. 景気と政策②〜乗数効果
  大きな政府の概念に関連した事項を説明する。【予習】財市場均衡について確認する。
4. 景気と政策③〜クラウディングアウト
  小さな政府の概念に関連した事項を説明する。【予習】IS-LM分析について確認する。
5. 景気と政策④〜財政政策と金融政策
  財政政策と金融政策の組み合わせを景気と関連づけて説明する。【予習】前回までの講義などを参考に、乗数効果やクラウディングアウトの概念を確認する。
6. 公債①〜公債発行の功罪
  公債発行が景気に与える影響を説明する。【予習】使用書第4.2節などを参考に、現在の債務残高の状況や、財政法における公債発行の原則を確認する。
7. 公債②〜中立性命題
  公債に関する中立性命題について説明する。【予習】使用書4.4節などを参考に、公債の中立性命題について確認する。
8. 公的事業と民営化
  公的事業の民営化について説明する。【予習】使用書第8章などを参考に、公的事業の民営化について確認する。
9. 地域経済と社会保障政策①〜地域間格差
  労働者の居住地選択に注目しつつ、地域間の人口規模格差が生じる背景の1つを説明する。【予習】新聞などを参考に、地域間格差の実態を確認する。
10. 地域経済と社会保障政策②〜社会保障政策と失業
  社会保障政策が失業に与える影響の1つを、人口の地域間移動に関連づけて説明する。【予習】前回講義における人口の地域間移動に関するメカニズムを確認する。
11. 地域経済と経済政策①〜過疎・過密
  過疎や過密が生じる背景の1つを説明する。【予習】ミクロ経済学における効用最大化問題を確認する。
12. 地域経済と経済政策②〜経済政策と地域間格差
  前回講義をベースにして、経済政策が地域間格差に与える影響の1つを説明する。【予習】前回講義における過疎や過密のメカニズムを確認する。
13. 最適都市規模①〜余剰分析
  地域間格差について説明する。【予習】ミクロ経済学における企業活動を確認する。
14. 最適都市規模②〜社会厚生
  社会厚生最大化の視点から都市規模のあり方について考え方の1つを説明する。【予習】ミクロ経済学における余剰分析を確認する。
 
授業運営
 授業は基本的に板書による講義形式で進める。授業の理解度を高めるために、必要に応じて小テストやグループワークなどを行う。小テストやレポートは大学ウェブサイトを通じて提示することがあるので注意されたい。講義内容の理解を深めるために、講義中に数学を用いることがある。板書をベースとして講義を進めるため、必ず自筆用のノートを準備すること。携帯電話などによる写真・動画撮影など、携帯電話などの電子機器を講義中に活用することを原則認めない。許可なく使用した場合は、厳正に処分することがあるので注意すること。また、講義の出欠訂正は速やかに届け出ること。

遠隔授業の種類)オンタイム型授業

使用するツール)Zoom,Teams

 
評価方法
 定期試験を中心に評価を行う。また、必要に応じて実施する小テストやレポート課題なども評価の対象とする。講義を4回以上欠席したものは評価の対象としない。
 
オフィスアワー
水曜日12:30~13:30
 
使用書
兼子良夫『財政学』[税務経理協会]2018年
 開講時に指示する。
参考書
井堀利宏『財政学(新経済学ライブラリ)』[新世社]2013年
奥野信弘、八木匡、小川光『公共経済学で日本を考える』[中央経済社]2017年
赤井伸郎 編『実践 財政学』[有斐閣]2017年

 
 
 
[前へ戻る]