[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
財政学
Public Finance 
 担当者
 Instructor
教授   五嶋 陽子  前学期 火曜日2時限/土曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は、受講生が中央政府(国)ならびに地方自治体の歳出システムが、家計や企業と、どのようにつながっているのかを含め、公共部門の経済活動を理解する上で必要と思われる基礎的な知識を習得することと、経済学入門レベルの理論を用いて公共部門の経済活動の根拠とその影響を捉える視点を培うことです。
 また、経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、財政系科目についても入門から応用まで、知識や専門的なものの見方を順を追って体系的に身につけられるようにカリキュラムを編成しており、本講義はその中で、地方財政論や租税論など、財政系の各科目を学ぶための基礎を身につける役割を持つので、これらの科目を履修しようと計画している学生は、本科目を先に履修することが望ましいです。
 
授業内容
 「財政学」とは、公共部門の経済活動を対象とする学問です。政府は租税や公債発行によって財源を調達し、国防、外交、司法、警察、義務教育、公衆衛生、ごみ処理などさまざまな公共サービスを供給します。講義では具体的に「なぜ民間部門ではなく政府がこうしたサービスを供給しなければならないのか。政府は何に、どのくらい支出をするべきか。また、どのような政治過程を通じて財政支出が決定されるのか。」といった、政府支出と予算に関する理論と制度を取り上げます。
 
授業計画
 各回の講義内容は次のように予定していますが、時間の関係で若干前後する場合もあります。
予習は特に毎回必須ということではありません。授業の終わりに次回の講義に必要とされる予備的知識を説明します。自身で予備的知識を補充する必要があると判断した場合には自律的に行うことが求められます。復習は毎回必ず講義ノートを読み返し、講義内容を200字程度に要約してみることと専門用語、制度、そして理論をしっかりと理解できるようにすることを勧めます。予習と復習で4時間程度が必要です。

1.シラバスの確認、ガイダンス、財政学では何を学ぶのか、経済主体・経済活動・市場
【予習】経済入門レベルの経済学用語のうち、経済主体、消費、貯蓄、生産、投資、生産要素市場、財市場について調べておきましょう。

2.民間部門vs公共部門、公共部門の範囲と規模
【予習】市場メカニズムにおける価格の働きについて調べておきましょう。

3.財政運営(1)財政の指標
【予習】参考書3の4.1と4.2を読んでおきましょう。

4.財政運営(2)財政赤字
【予習】参考書1の第3章財政収支の3.3を読んでおきましょう。

5.財政運営(3)政府債務と債務管理
【予習】参考書3の4.3と4.4を読んでおきましょう。

6.予算・財政システム (1)財政民主主義の原則
【予習】参考書1の第2章財政制度の2.1を読んでおきましょう。

7.予算・財政システム (2)予算編成過程、予算循環、予算原則
【予習】参考書1の第2章財政制度の2.2を読んでおきましょう。

8.予算・財政システム (3)財政投融資
【予習】参考書1の第2章2.3を読んでおきましょう。

9.レポート課題の総評

10.公共財の理論(1)公共財とは何か
【予習】参考書1の第4章4.1を読んでおきましょう。

11.公共財の理論(2)なぜ政府が公共財の供給に介入するのか
【予習】参考書3の7.1を読んでおきましょう。

12.公共財の理論(3)公共財の最適供給
【予習】参考書1の第4章4.2と4.3を読んでおきましょう。

13.民主主義的決定 
【予習】参考書3の7.5を読んでおきましょう。

14. レポート課題の総評


 
授業運営
1.授業は神奈川大学の基本方針に則り、ZOOMとdotCampusを活用し、オンライン授業(授業12回+レポート課題の総評2回)となります。
2.同時双方型授業を予定していますが、状況によってはオンデマンド型との組み合わせなどの可能性があります。
3.履修者への連絡、資料の配布、ならびにレポート提出はdotCampusを使用します。
4.毎回授業でやったことの復習が必須です。不足する知識は各自で補うことが求められます。
5.経済学入門レベルの知識を必要とします。ミクロ経済学とマクロ経済学を併行履修ないしは履修済みであれば、なお望ましいです。
 
評価方法
 レポート提出(2回)
 
オフィスアワー
 授業内容に関する質問は授業時間内に受け付けます。 
 

参考書
 小塩隆士『コア・テキスト財政学』[新世社]2016
 佐藤進・関口浩『財政学入門』[同文舘]1998年
 釣雅雄他『グラフィック財政学』[新世社]2009年
 必要に応じて授業中紹介します。
 
 
 
[前へ戻る]