[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
財務会計論
Financial Accounting
 担当者
 Instructor
講師   岡村 勝義  前学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 この講義の到達目標は、受講者が、企業の外部利害関係者(ステークホルダー)への会計情報の提供を目的とする財務会計と財務会計制度の概要を理解できるようになることである。この講義を履修し学習することによって、具体的には、(1)企業の会計情報(財務諸表)をステークホルダーに提供するのはなぜなのか、(2)会計情報提供に関する会計制度はどのようになっているか、またその目的は何か、(3)財務諸表にはどのようなものがあり、それらは企業の何に関する情報であるのか、などを受講生が主として理解できるようになる。
 経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、本科目は、会計諸学科目の中にあって基礎簿記および基礎会計の入門的科目の後に学ぶべき基礎科目の一つという位置づけであるので、これに続く連結会計論や現代会計学等の科目履修の前に履修することが望ましい。




 
授業内容
 企業の活動を知ろうとするとき、何かの手掛かりが必要である。その手掛かりとして、経済新聞記事、経営関係書、企業のホームページなどが思いつくであろう。しかし、そこで欠かせないのは、企業自らが企業情報として開示している「財務諸表」である。「財務会計論」は、企業を取り巻く多様な外部の利害関係者に財務諸表を通じて会計情報を提供する領域を扱う。
 財務諸表による情報は利害関係者の行動に大きな影響を与える。このため、財務諸表の作成や提供について会社法や金融商品取引法などの法律に基づく会計制度が設けられている。財務諸表の重要性を広く理解するためには、このような会計制度の理解が欠かせないので、会計制度について取りあげる。また財務諸表にはどのような情報がどのように処理され、どのように載せられ、いつ・どのような形でその情報を提供し、そしてそのような情報の信頼性はどのように担保されているかが重要となる。これらの会計上の諸問題も会計制度にできるだけ織り込みながら取りあげていく。
 近年、企業会計の考え方は企業の枠を越えて、政府や地方自治体、さらにNPO法人などの非営利組織にまで適用されてきている。この点で、企業会計または財務会計は私たちの社会生活に密接に関係するようになってきた。このため、会計学を専門に学ぼうとする者ばかりでなく、会計学を教養として学ぼうとする者も履修してほしい。





 
授業計画
 授業は授業回に示した内容で進めるが、時間の関係や進行の状況に応じて授業内容が前後することがある。また新聞等で取り上げられている会計に関係する時事的な問題を必要に応じて授業に取り入れることがあるので、順序がズレることがある。配布プリント中心の授業を行うので、授業に先立ち、配布プリントの該当する部分を予め読み、各授業回ごとに示してある予習課題等を予習し、わからない用語等について調べておくことが必要である。授業後には、講義内容を含めて配布プリントを読み返し、予習課題に関するポイントを確認し、それでもわからない部分は自ら調べたり質問等をすることによって補ってほしい。このような予習・復習は合わせて約4時間の自己学習を想定している。

01.ガイダンス・財務会計論とは何か
   シラバス記載事項を説明した後に、簿記と財務会計論、財務会計論の対象、財務会計論と制度会計論、財務会計論と会計基準について学ぶ。
02.貸借対照表と損益計算書
   会計公準を学んだ後に、貸借対照表と損益計算書の内容、貸借対照表と損益計算書との関係について学ぶ。【予習】会計公準についてまとめ、貸借対照表と損益計算書の内容を整理し、その関係についてまとめる。
03.株式会社の特質(1)
   会社の現状、法人格と会社、持分会社としての合名会社と合資会社の特徴と違いについて学ぶ。【予習】会社の現状を捉えて法人格を持つことの意味をまとめ、持分会社としての合名会社と合資会社の特徴と違いをまとめる。
04.株式会社の特質(2)
   株式会社の特徴(出資単位の株式化、株式の証券化、社員の有限責任化、機関の分化)を主として学び、合同会社についても学ぶ。【予習】株式会社の特徴について、出資単位の株式化、株式の証券化、社員の有限責任化、機関の分化の観点からまとめる。
05.会社法における財務会計の機能(1)
   会社法における財務会計の機能としての情報提供機能と利害調整機能を、株主と経営者の利害調整の側面から学びつつ、受託責任会計について学ぶ。【予習】株式会社の特徴についての理解をもとに、会社法における財務会計の機能を、株主への情報提供の側面と、株主と経営者の利害調整の側面からまとめる。
06.会社法における財務会計の機能(2)
   会社法における財務会計の機能としての利害調整機能を、株主と債権者の利害調整の側面から学びつつ、利害調整会計について学ぶ。【予習】株式会社の特徴についての理解をもとに、会社法における財務会計の機能を、株主と債権者の利害調整の側面からまとめ、利害調整が会計上どのように果たされているかについてまとめる。
07.金融商品取引法(金商法)における財務会計の機能(1)
   証券市場の仕組みを理解した上で、主として株式投資者の投資動機と意思決定会計について学び、金商法における財務会計の機能を学ぶ。【予習】証券市場の仕組みを整理し、株式投資者の投資動機をまとめ、金商法の目的と意思決定会計の関係をまとめる。
08.金融商品取引法(金商法)における財務会計の機能(2)
社債発行の仕組みを理解した上で、主として社債投資者の投資動機と意思決定会計について学び、株式投資者の投資動機と意思決定会計に関係させて、金商法における財務会計の全体的な機能を学ぶ。【予習】社債発行の仕組みと方法を整理し、社債投資者の投資動機と意思決定会計についてまとめる。その上で、07で学んだ内容と比較してみる。
09. 金融商品取引法(金商法)における財務会計の機能(3)
 金商法上の法規制の基本的な考え方を学び、財務会計の基本的課題である投資者保護と財務会計の役割について全体的に学ぶ。【予習】金商法の投資者保護の内容を整理し、それと意思決定会計の関係をまとめる。
10.会社法上のディスクロージャー制度
   会社法上のディスクロージャー制度について学ぶ。【予習】会社法上の計算書類の種類を整理し、会社法上の直接開示、間接開示および決算公告の違いをまとめる。
11.金商法上のディスクロージャー制度
金商法上のディスクロージャー制度について学ぶ。【予習】金商法上の財務諸表の種類を整理し、主として間接開示の場合について、発行市場における具体的な開示方法と流通市場における具体的な開示方法についてまとめる。その上で、会社法上のディスクロージャー制度との違いをまとめる。
12.金商法会計、会社法会計および法人税法会計の相互関係
   金商法諸法令の会計諸規定と会計基準、会社法諸法令の会計諸規定と会計基準との関係を学び、法人税法上の確定決算主義を学んだ上で、金商法会計、会社法会計および法人税法会計の全体を理解する。【予習】金商法諸法令の会計諸規定と会計基準との関係を整理し、それらが会社法諸法令の会計諸規定とどのように関係づけられているかについてまとめる。また法人税法上の確定決算主義を整理して会社法上の計算書類とどのような関係になっているかについてまとめる。
13. 課題レポート1
前半の講義内容に関するレポート
14. 課外レポート2
  後半の講義内容に関するレポート








 
授業運営
 授業計画において示したように、配布プリントを中心にして授業する。会計に係わるトピックスも必要に応じて取りあげる。今年度の前期は変則的なオンライン講義の形をとっているので、毎回の授業では、授業内容の理解のために小テストを行ったり、あるいは小レポートの課題を出すことを予定している。小テストまたは小レポートについては、授業において解説する。




 
評価方法
 平常評価(小テストまたは小レポートの評価)を総合して最終評価を行う。毎回の授業内容は前後に密接に関係しているので、授業に参加しないことがあると、単位取得が困難になるであろう。



 
オフィスアワー
 オンライン講義の形をとっているので、メール方式とする。アドレスは以下のとおり。okamuk01@gmail.com





 

参考書
岡村勝義『基礎から学ぶ財務会計』[中央経済社]2007年
桜井久勝・須田一幸『財務会計・入門』第12版[有斐閣]2018年
他の参考書や文献等は講義内容に応じてその都度案内する。
 
 
 
[前へ戻る]