[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
ミクロ経済学
Microeconomics
 担当者
 Instructor
准教授 大滝 英生  後学期 月曜日1時限-木曜日3時限
 単 位
 Credit
4

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
経済学部のカリキュラム・ポリシーにしたがい、本講義は次の2点を到達目標にします。
(1)現代経済学を理解する際の土台の1つとなる『ミクロ経済学』のうち、基本的な話題について理解し、説明できるようになる。
(2)それらの具体的な問題を解けるようになる。
 
授業内容
現代経済学はさまざまな考え方(理論)を集約することで一定の理論体系を構築しています。そのような現代経済学をあたかも1本の大木であるかのようにみなすとき、『ミクロ経済学』はその根幹を成すものの1つになります。この授業では「市場のはたらき」を中心に据え、個々人の意思決定やその相互作用などに関するミクロ経済学の基本的な考え方を学習していきます。

なお、ミクロ経済学は、中級ミクロ経済学や中級マクロ経済学などの発展科目や、財政学、金融論、国際金融論、貿易論、労働経済論、産業組織論、公共経済学、環境経済論などの応用分野を学習する際の基礎の1つになります。そのため、これらの科目に先立って本科目を履修することが望ましいと考えられます。

【実務経験のある教員による授業科目】
シンクタンクに勤務した経験をもとに、可能な範囲で社会的な問題も絡めてミクロ経済学の講義を行います。
 
授業計画
各回の講義内容は次のように予定しています。ただし、進行の都合などにより内容が若干前後したり、割愛されたりすることがあります。

予習として、①各回に指定されている教科書の範囲と事前配布の授業資料を読み、②「どこまでが分かって、どこからが分からないのか」を明らかにしておいて下さい。復習として、各回の講義内で行った例題や練習問題に反復して取り組み、(なぜ、そのように解くのかを含めて)解き方を習得して下さい。 予習と復習の時間を合計して4時間程度の自己学習を想定しています。

イントロダクション
 01.ガイダンス
   シラバスの内容の確認/授業で用いる数学の確認
   【予習】pp.433-443を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。

市場の基本的なはたらき
 02.市場分析の基礎
   プライステイカー/需要・供給曲線/需要曲線と供給曲線のシフト/競争均衡
   【予習】pp.18-39を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 03.需要の基礎
   便益/消費者余剰最大化/需要曲線の導出
   【予習】pp.187-188を読んで来て下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 04.供給の基礎
   可変費用/生産者余剰最大化/供給曲線の導出
   【予習】pp.116-137、pp.188-189を読んで来て下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 05.消費と生産の効率性
   社会的便益/社会的可変費用
   【予習】pp.192ー196を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 06.市場評価の基礎
   社会的余剰/死荷重損失/厚生経済学の第一基本定理
   【予習】pp.192-196を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。

複数の市場の同時分析
 07.消費者理論1
   効用関数/予算制約式/需要計画
   【予習】pp.45-67を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 08.消費者理論2
   無差別曲線/限界代替率/予算集合/需要計画
   【予習】pp.45-67を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 09.消費者理論の応用
   物々交換/労働供給/貯蓄
   【予習】pp.96-111を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 10.物々交換経済
   競争均衡/パレート効率性/厚生経済学の第一基本定理
   【予習】pp.211-222を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 11.生産者理論1
   生産関数/利潤最大化
   【予習】pp.155-169を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 12.生産者理論2
   等量曲線/等費用線/費用最小化
   【予習】pp.155-169を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 13.生産経済
   【予習】pp.222-225を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
    
効果測定
 14.中間試験
   1〜13回の内容について試験を行います。

人々の相互作用と行動
 15.期待効用理論
   期待効用/将来財市場
   【予習】pp.331-339
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 16.ゲームの構造
   標準形ゲーム/展開形ゲーム
   【予習】pp.361-368を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 17.標準形ゲームの解
   ナッシュ均衡/支配戦略均衡/パレート効率性/協調の失敗
   【予習】pp.368-376を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 18.展開形ゲームの解
   展開形ゲームの標準形による表現/部分ゲーム均衡完全均衡
   【予習】pp.376-378を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。

政府と市場の失敗
 19.税金と補助金の効果
   従量税/従価税/需要曲線と供給曲線のシフト
   【予習】pp.196-206を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 20.独占
   独占的売り手の行動/ラーナーの独占度
   【予習】pp.229-239を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 21.寡占(数量競争)
   クールノー・モデル
   【予習】pp.263-274を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 22. 寡占(価格競争)
   ベルトラン・モデル
   【予習】pp.263-274を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 23.寡占(先導者追随者モデル)
   シュタッケルベルク・モデル
   【予習】pp.275-277を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 24.外部効果
   外部効果/外部効果を考慮した社会的余剰/ピグー税
   【予習】pp.295-306を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 25.公共財
   公共財/フリーライダー問題/リンダールメカニズム
   【予習】pp.316-326を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 26.逆選択
   隠された情報/逆選択
   【予習】pp.340-345を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。
 27.モラル・ハザード
   隠された行動/モラル・ハザード
   【予習】pp.345-352を読んできて下さい。
   【復習】確認問題の解き方を復習して下さい。

 28. まとめ
   授業全体のまとめを行います。
 
授業運営
① この講義は、半期科目であり、授業が週に2回行わます。週2回の授業のいずれも指定された曜日・時限・担当教員の教室で受講して下さい。出席状況は評価の対象外ですが、毎回、教室に設置されたICカードリーダーで出席を申告して下さい。
② すべて講義形式で行います。
③ 宿題など、その他の詳細はすべて第1回目の授業で説明します。第1回目の授業に必ず出席して下さい。

【遠隔授業の種類】
オンデマンド型(Zoom による授業も行います)

【使用するツール】
Zoom、Microsoft Teams、DotCampus



 
評価方法
次の①と②を参考とし、総合的に評価します。ただし、受講者が100名を越える場合、上位75%程度までを合格者とする相対評価を採用します。
① 中間試験  50点満点
② 期末試験  50点満点
なお、出席状況は評価の対象外です。
 
オフィスアワー
担当教員が第1回目の授業で説明します。
 
使用書
芦谷政浩『ミクロ経済学』[有斐閣]2009年
矢野誠『ミクロ経済学の基礎』[岩波書店]2001年
矢野誠『ミクロ経済学の応用』[岩波書店]2001

参考書
H.R.ヴァリアン『入門ミクロ経済学』原著第9版[勁草書房]2015年
武隈愼一『新版ミクロ経済学』[新世社]2016年
神取道宏『ミクロ経済学の力』[日本評論社]2014年

 
 
 
[前へ戻る]