[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
国際政治学
International Politics 
 担当者
 Instructor
准教授 石井 梨紗子  後学期 月曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 法学部のカリキュラム・ポリシーに従い、受講生が国際政治学の基本的なアプローチ、国際社会の歴史、現在及び今後の国際政治の中心的課題を学ぶことを通じて、日々刻々と変動する国際政治を読み解いていくための力を養うことが、本講義の到達目標となる。
 
授業内容
国際政治学の基礎を広く学ぶ。なお、理論の最新トピックを扱うというよりは、初学者が国際政治を分析するために必要な分析ツールを身につけることに主眼を置く。現在世界で生じている平和への課題を取り上げ、それらへの国家、国際社会の対処を解説する。後期は、グローバリゼーションの様相とグローバル・ガヴァナンスの概念についての理解を深めたうえで、現代の課題、また今後の展望について講義する。
 I、II両方を履修して国際政治学への入門・基礎レベルの内容が網羅されるように配慮しているため、両方の履修を薦める。(後期、前期の順の履修でも構わないように工夫している。)
 
授業計画
各回の講義内容は次のように予定しているが、時間の関係で若干前後する場合もある。
 
 各回の予習としては、授業の進度に合わせて毎回指定する使用書の該当箇所または資料を読み、内容を整理して来ること。復習としては、前回分のノートを見直し、十分に理解できていない点がある場合、使用書等で調べたり、質問事項を書き出して次回の講義に持参するように準備すること。なお予習・復習に要する時間は各回あたり4時間を想定している。

第1回 初回ガイダンス
シラバスの内容を確認した後、国際政治学の基本的なアプローチを学び、国際政治学IIの内容の概要を解説する。
第2回 グローバリゼーションの諸様相
グローバリゼーションと国際的相互依存の諸様相について議論する。
第3回 グローバル・ガヴァナンスの概念
グローバル・ガヴァナンスの概念について学ぶ。
第4回 グローバル・ガヴァナンスの主体 ①各国政府・国際機関
グローバル・ガヴァナンスが機能するために各国政府と国際機関が果たす役割について考える。
第5回 グローバル・ガヴァナンスの主体 ②非政府主体(NGO)・企業
グローバル・ガヴァナンスが機能するために非政府主体(NGO)や企業等の私的な主体が果たす役割について考える。
第6回 内戦と人道的介入
内戦・非国家主体紛争の増加と国際社会の対応について議論する。
第7回 平和構築
紛争後の平和構築について学ぶ。
第8回 難民・移民
難民・移民問題と国際社会の対応について議論する。
第9回 貧困と開発①グローバリゼーションと貧困問題
グローバリゼーションと世界の貧困問題の関係について考える。
第10回 貧困と開発②国際開発援助
開発援助を通じた国際社会の貧困問題への対応について学ぶ。
第11回 人権と民主主義
人権と民主主義の理念がグローバル・ガヴァナンスにおいてどのように用いられているのか議論する。
第12回 環境
環境問題(エネルギー、気候変動、水、土地)について考える。
第13回 その他の非伝統的安全保障
災害救援、感染症対策など、上記以外の新しい安全保障の課題について検討する。
第14回 今後の展望・総括
今後のグローバル・ガヴァナンスのあり方について考える。

 
授業運営
講義形式(オンデマンド)による(使用するツールはvimeoとteamsの予定です。)。
予習、とくに復習として使用書を読むと良い。
なお課題の提出にはTeamsを用いる予定のため、開講までにjindaiメールのアカウントを取得しておくこと。
 
評価方法
期末レポートおよび講義中に指示する期中課題で評価する。
 
オフィスアワー
質問等はメール(risakoishii@kanagawa-u.ac.jp)で受け付ける。

 
使用書
山影進『国際関係論講義』[東京大学出版会]2012


 
 
 
[前へ戻る]