[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
経営戦略論
Business Strategy
 担当者
 Instructor
教授   小山 和伸  前学期 木曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 受講生が、戦略に関する正確な概念を習得し、経営戦略に関する主要理論を理解する。我が国ハイテク企業の、技術革新に関する戦略について、その重要性について理解することを目標とする。英語による授業を大まかに理解できるように、日本語の解説を付けながらトレーニングを繰り返す。
 各回、予習と復習に1時間程度の勉強を心がけて欲しい。

Course Target
Students understand fundamental theories of business management. Especially, I'll explain technological innovation strategy in Japanese high-tech companies. I'll read the lectures in English with summary in Japanese.


 
授業内容
 戦略概念の正確な理解を促し、代表的な戦略論の解説を行う。経営戦略に関する正しい認識に基づき、我が国のハイテク企業の技術革新に関わる戦略について検討する。授業は日本語による解説を付けながら、原則として英語で行う。

Course Contents
I will lecture about the fundamental concept of strategy and important theories of business strategy. Moreover, we will learn about actual the case of Japanese high-tech companies. I will also explain the technological innovation strategy which involves a long term perspective to manage both the business strategy and the R&D strategy.

【実務経験のある教員による授業科目】---------------

一般社団法人メディア報道研究政策センター理事長としての経験を活かし、戦略と組織の実践活動について教授する。
 
授業計画
 予習は指定テキストを事前に読む。復習は、講義ノートの再確認。講義は概略以下のように行うが、変更もあり得る。その場合は事前に知らせる。外国人講師による特別授業を、適宜英語またはフランス語を用いて行う。その場合、日本語による解説を行う。

1. 戦略概念についてシラバス内容の確認
   戦略とは何か、時代背景と共に考える。
2. 戦略の時代
   戦略が重要視されるようになった時代背景について検討する。
3. 経営戦略の概念
   フォッファー& シェンデルの分類に基づいて解説する。
4. 企業戦略論
   A.D.チャンドラーJr. およびH.I.アンソフの理論を解説する。
5. 多角化戦略
   E.T.ペンローズおよびH.I.アンソフの理論を解説する。
6. 企業戦略と組織構造について
   A.D.チャンドラーJr. および、マイルズ& スノーの理論を解説する。
7. 競争戦略
   M.E.ポーターの理論を解説する。
8. 戦略的問題解決とは何か
   H.A.サイモンの意思決定論に基づいて解説する。
9. 技術と経済の相互作用
   経済発展と技術向上の相互関係について考える。
10.技術革新と企業組織
   技術革新主体としての企業について考える。
11.技術革新戦略
   技術革新の戦略とは、どのような概念を意味するかを説明する。
12.技術革新の類型
   技術革新には、いくつかのタイプわけが重要となる。

※2020年度前期は、武漢ウィルスの影響により、12回の遠隔講義のため、ここまでとする。

 
13.技術革新の選択
   産業のライフサイクルと整合的な、革新類型の選択について解説する。 
14.技術革新と組織との整合性
   革新類型とそれにふさわしい組織形態との関係を解説する。
毎回テキストをドット・キャンパスで確認できるようにする。予習と特に復習をしっかり行うこと。

Course Program
1. Guidance
2. Background of strategy
3. Fundamental concept of business strategy by Hofer & Shendel
4. Concept of corporate strategy by A. D. Chandler Jr. And H. I. Ansoff
5. Diversification strategy by I. Ansoff and E. T. Penrose
6. Strategy and structure by A. D. Chandler Jr.
7. Strategy for competitiveness by M. E. Porter
8. Strategic problem solving by H. A. Simon
9. Interaction between technology and economy
10. Technological innovation and business organization
11. Technological innovation strategy
12. Categories of technological innovation
13. Selection of the type of technological innovation
14. The type of technological innovation and organization

 
授業運営
 外部講師を招く場合もあり得る。外国人講師の場合、英語もしくはフランス語による授業になることもあり得る。
I may invite foreign professors suitably.
 
評価方法
 学期末(2020年度前期は、最終回の講義内)の筆記試験とレポートによる。小テストを行うこともあり得る。

Notes/texts from each lecture are available through the university’s internet system. Success of the course requires the completion of a terminal examination, a short test, and a report. A foreign professor will be the guest lecturer in a special session.
 
オフィスアワー
 月~金曜日 Weekdays 10:00-17:00 1-620 小山研究室 My office
 
使用書
 小山 和伸『技術革新の戦略と組織行動』[白桃書房]


 
 
 
[前へ戻る]