[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
経営分析論
Business Analysis
 担当者
 Instructor
准教授 小川 淳平  前学期 火曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本授業の⽬的は、受講者が、公開されている定性的情報および定量的情報から、企業の経済的な実態を推定する分析⼒を⾝につけることです。卒業論⽂の作成、就職活動時の進路選択、卒業後の業務などにとっても有⽤な知識とスキルを習得します。また、⼤阪商⼯会議所主催の「ビジネス会計検定試験3級」を取得できる⽔準に達することを⽬標とします。
経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、企業・会計コースにおける実践的な分析を行う講義となります。事前事後は問いませんので、基礎簿記、基礎会計、現代会計学、および財務会計論などの会計系科⽬を履修することをお勧めします。

 
授業内容
本授業では、企業外部者の視点から、財務諸表を中心とした様々な情報を用いて、企業の財務業績や財政状態を分析します。経営分析の基本的な考え方を学び、電卓や表計算ソフトを利用し、実際のデータを用いて実践的に取り組むことで、企業を分析する視点と技能を学びます。
また、本授業はアクティブ・ラーニング(演習、ディスカッション、グループワーク)を取り入れています。授業で得た知識を活用して、社会で起こっている時事的な問題について議論し、他の受講者とともに学んでいきましょう。
 
授業計画
講義内容および進め⽅は、受講者の希望に沿って若⼲変更することがありますが、おおむねテキストに準じた⼯程になっています。該当箇所をあらかじめ読み予習しておきましょう。また、授業後には、⾃分で企業を任意に選択し、授業内容に沿って分析してみましょう。予習・授業・復習を通じて、知識や技能がより定着します。予習・復習合わせて毎回4時間ほどの⾃⼰学習を想定しています。

1.イントロダクション︓経営分析の目的(第1章)
2.経営分析の資料︓財務諸表の特徴と読み方(1)貸借対照表(第2章)
[予習]貸借対照表の構成要素および特徴を把握する。
3.経営分析の資料︓財務諸表の特徴と読み方(2)損益計算書(第2章)
[予習]損益計算書の構成要素および特徴を把握する。
4.経営分析の基本的な見方:構成比率分析と趨勢⽐率分析(第3章)
[予習]各比率を用いて分析する意味を考える。
5.収益性分析(1)︓利益率(第6章)
[予習]投資リターンの計算方法を把握する。
6.収益性分析(2)︓ROEの分解・ROE経営(第6章)
[予習]ROEの意味および3つの要素を考える。
7.活動性分析︓回転率・回転期間(第5章)
[予習]資本・資産の効率性を考える。
8.安全性分析︓流動性と支払能力(第4章)
[予習]長期・短期の財務リスク評価について考える。
9.収益性分析(3)︓損益分岐点分析(第9章)
[予習]費用を変動費・固定費に区分することや損益分岐点分析の意味を考える。
10.生産性分析︓付加価値(第7章)
[予習]生産性・付加価値と利益との違いを考える。
11.成長性分析︓会計情報と資本市場(第8章)
[予習]企業価値,PER,およびPBRの意味を調べる。
12.キャッシュ・フロー分析(第11章)
[予習]キャッシュ・フローに注目する意味を考える。
13.その他の分析︓CCC・EVA
[予習]CCCおよびEVAが表す意味を調べる。
 
授業運営
講義形式および演習形式を併用します。ほぼ毎回にわたって、電卓などを利用して計算します。また、計算結果やその他の情報に基づいてディスカッションを行います。
 
評価方法
確認テストおよび課題により総合的に評価
授業時間内で複数回の確認テストなどを実施します。論点等について適宜解説し、知識や技能の定着を図ります。
 
オフィスアワー
オフィスアワー︓月曜日2時限(会議等の時間を除く)
場所︓研究室(1号館706号室)
*質問はメールで受け付けます。
 

参考書
桜井久勝『財務諸表分析』第7版[中央経済社]2017年
大津広一『戦略思考で読み解く経営分析入門』[ダイヤモンド社]2015年
大阪商工会議所編『ビジネス会計検定試験公式テキスト3級』[中央経済社]2014年

 
 
 
[前へ戻る]