[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
経済専修英語(講読)
English for Business Communicaion(Reading) 
 担当者
 Instructor
准教授 堀江 恭子  後学期 月曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
 
到達目標
世界で起きている様々な事象は直接的であれ間接的であれ、全ての人の生活に何らかの影響を及ぼしており、中でも世の中の動きを知り、意見を持ち、そしてその後の流れを予測することはビジネスに携わる人にとって必須のスキルであると言えます。よって、本講義は経済学部のカリキュラムポリシーに従い、受講生が以下の能力を身につけることを目指します。
1.指定トピックに関する新聞やインターネット上のニュース記事、時事エッセイを読み、内容を理解するとともに時事英語の語彙を増やす。
2.受け身ではなくCriticalに教材を読む習慣を付け、トピックに関して自分なりに考えた意見をディスカッションや作文で表現できるようになる。
3.今後その問題がどのように動くのか、予測する習慣を付け英語で伝達(話す・書く)できるようになる。
 
授業内容
Readingはテキスト本文を読み練習問題をそれぞれこなす。Zoomを使ったリアルタイム配信で行う授業中のディスカッションといったSpeaking、それ以外にも他の人の意見をNote-takingするListening、レポート課題のWritingなども含まれ、4技能を使う総合学習となる。
 
授業計画
テキストの1ユニットを3回の授業で終わらせるよう各回の講義を次のように予定しているが、時間の関係で若干前後する、もしくは受講生のレベルや理解度によって変更する場合もある。また初めてのオンライン授業ということで環境によっては急な変更や問題がおこる可能性もあるので、Teams上で課題の提出期限、講義録音や動画の有無、オンラインディスカッションがある場合はスケジュールなどを、頻繁に確認することが重要である。本来は14週の授業だが、今期は講義12回で残り2週分をレポート等でカバーする予定。
予習は、テキストの指定された範囲を読み練習問題を解くことと、本文中にわからない単語や表現があれば、辞書で調べてくることが必須。復習は、授業で進んだ部分の内容を理解しているか再度読み込むことが大切となる。 内容の難易度によるが、一つのテーマにつき予習・復習あわせて3~4時間程度が見込まれる。
 
1. Introduction of the course, Unit6 We Can't Live Without Water (1) Pre-reading Qs, Reading the text, COMPREHENSION
CHECK
2. Unit6 We Can't Live Without Water (2) Checking the answers of homework, Japanese translation
3. Unit6 We Can't Live Without Water (3) Talk about DISCUSSION in pairs and as a classroom, Submission of the report
4. Unit7 Protecting World Heritage (1) Pre-reading Qs, Reading the text, COMPREHENSION CHECK
5. Unit7 Protecting World Heritage (2) Checking the answers of homework, Japanese translation
6. Unit7 Protecting World Heritage (3) Talk about DISCUSSION in pairs and as a classroom, Submission of the report
7. Unit8 The War on Sugar (1) Pre-reading Qs, Reading the text, COMPREHESION CHECK
8. Unit8 The War on Sugar (2) Checking the answers of homework, Japanese translation
9. Unit8 The War on Sugar (3) Talk about DISCUSSION in pairs and as a classroom, Submission of the report
10. Unit9 Energy for a Stable Climate (1) Pre-reading Qs, Reading the text, COMPREHENSION CHECK
11. Unit9 Energy for a Stable Climate (2) Checking the answers of homework, Japanese translation
12. Unit9 Energy for a Stable Climate (3) Talk about DISCUSSION in pairs and as a classroom, Review of the units covered, Explanation on the Final report



 
授業運営
使用言語は英語と日本語。本文中のわからない部分を流さずにメールやTeamsなどで質問する、そして自分の意見を積極的に授業内で発言していく姿勢(全体の30%)が求められる。
 
評価方法
期末レポート…50%、課題…20% 、発言・参加度...30%


 
オフィスアワー
ft160250mk@kanagawa-u.ac.jpまでメールで、またはTeamsのチャットでメッセージ。

 


 
 
 
[前へ戻る]