[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
国際会計論
International Accounting
 担当者
 Instructor
講師   木村 晃久  後学期 木曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は,受講生が,財務諸表の構造を理解し,財務諸表分析の各指標について,それが何を意味しているかについて,適切に解釈することができるようになることである。また,適切な解釈のためには,正確な計算が必要である。主要な財務分析指標を正確に計算できるようになることもまた,本講義の到達目標である。
 なお,経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い,会計系科目についても入門から応用まで,知識や専門的なものの見方を順を追って体系的に身につけられるようにカリキュラムを編成している。本講義はその中で,「基礎簿記」および「基礎会計」で修得した基礎的な会計の知識を前提に進めるため,これらの単位を修得済みであることが望ましい。
 
授業内容
 この講義では,下記の使用書(テキスト)をベースに,財務諸表の構造と,そこから得られる会計数値を用いたさまざまな分析指標が,どのような意味をもつのかについて説明する。近年,国際財務報告基準を採用する日本企業が増加傾向にあることを鑑み,それに準拠して作成された財務諸表の分析方法についても,解説を加える。テキストの内容について,特に解説が必要な箇所(国際財務報告基準に準拠した財務諸表の分析方法など)は講義ノートによって適宜補う。
 
授業計画
 各回の講義内容は以下のように予定している(若干前後する可能性もある)。予習として,各回のテキスト該当箇所を必ず読むこと。また,復習として,テキストの記述と講義内容を組み合わせ,各回の内容についてレジュメを作成しておくこと。さらに,各自関心のある企業の財務諸表を入手したうえで,分析をおこなうことが求められる。なお,予習・復習合わせて1回につき平均4時間の自己学習を想定している。

1.ガイダンス
 ガイダンス資料を用いて,今後の講義スケジュールなどの詳細を確認する。【予習】シラバスの記載内容を確認しておくこと。
2.財務諸表の種類と入手方法
 企業の経済活動の概要や,財務諸表の種類とその入手方法など,これから財務諸表分析をおこなうにあたって必要な,基本的な事項を確認する。【予習】テキスト2章を読み,わからない点があれば事前に調べておくこと。
3.貸借対照表
 貸借対照表のうち,とくに資産と負債に記載されている情報の見方を概観する。【予習】テキスト2章と3章を読み,わからない点があれば事前に調べておくこと。
4.株主資本等変動計算書
 株主資本等変動計算書に記載されている情報の見方を概観する。【予習】テキスト2章と3章を読み,わからない点があれば事前に調べておくこと。
5.損益計算書
 損益計算書に記載されている情報の見方を概観する。【予習】テキスト2章と3章を読み,わからない点があれば事前に調べておくこと。
6.キャッシュ・フロー計算書
 キャッシュ・フロー計算書に記載されている情報の見方を概観する。【予習】テキスト2章と3章を読み,わからない点があれば事前に調べておくこと。
7.財務諸表分析の基礎
 財務諸表分析の基本的なフレームワークについて説明する。また,分析の出発点となるROEについても説明する。【予習】テキスト4章と5章を読み,わからない点があれば事前に調べておくこと。
8.収益性分析:資産利益率
 収益性分析の指標として,さまざまな資産利益率について紹介する。【予習】テキスト5章を読み,わからない点があれば事前に調べておくこと。
9.収益性分析:売上高利益率と資産回転率
 収益性分析の指標として,資産利益率を分解した売上高利益率と資産回転率について紹介する。【予習】テキスト5章を読み,わからない点があれば事前に調べておくこと。
10.安全性分析:資本構成と利息負担
 長期的視点からの安全性分析指標について紹介する。【予習】テキスト6章を読み,わからない点があれば事前に調べておくこと。
11.安全性分析:運転資本と利益の質
 短期的視点からの安全性分析指標について紹介するとともに,利益の質を分析する指標を紹介する。【予習】テキスト6章を読み,わからない点があれば事前に調べておくこと。
12.株価倍率
 株式投資意思決定の出発点となる指標である株価倍率について紹介する。【予習】テキスト7章を読み、わからない点があれば事前に調べておくこと。
13.成長性分析
 株式投資意思決定のカギとなる成長性分析について紹介する。【予習】テキスト7章を読み、わからない点があれば事前に調べておくこと。
14.全体のまとめ
 分析指標間の相互関係についてまとめる。【予習】これまで配布した講義ノートとテキストに目を通しておくこと。
 
授業運営
授業はオンデマンド型でおこなう。Microsoft Teamsに講義ノートをアップするので,テキストと組み合わせ,各自で学習すること。動画等の配信はおこなわない。

質疑応答については,Microsoft Teams内に質問コーナーを設置するので,そこに記入すること。講義ノートをアップロードしてから1週間質問を受け付け,期間終了後にまとめて回答する。また,Microsoft Teams内に,受講生同士のディスカッションができるコーナーも設けるので,積極的に活用すること。

 
評価方法
レポート課題100%で評価する。レポート課題の回数は3回を予定している。各回の評価のウェイトはガイダンス資料に示す。

課題の内容は,実在する企業の財務諸表の分析であり,分析指標が正しく計算されているか,分析指標の解釈が適切か,図表を適切に用いて,簡潔明瞭にまとめてあるか,などを総合的に評価する。
 
オフィスアワー
 質問はMicrosoft Teamsの質問コーナーにて受け付ける。
 
使用書
新田忠誓, 善積康夫, 辻峰男, 木村晃久, 中村亮介, 木村将之, 池川穣治『実践財務諸表分析』第3版[中央経済社]2020年


 
 
 
[前へ戻る]