[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
コストマネジメント論
Cost Management
 担当者
 Instructor
教授   奥山 茂  後学期 金曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は、受講生が①コストマネジメントの目的を理解できるようになること、②コストマネジメントの具体的なツールそれ自体についての知識を身に付けた上で、自らが個々のツールを実際に使えるようになること、③各種のツールに関連する原価概念を用いて具体的な事例にもとづいて実際に意思決定をおこなえるようになることです。また、経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、会計分野の専門科目を入門科目から応用展開科目まで体系的に身に付けることができるようにカリキュラムは編成されており、本講義はその中で総論としての管理会計論の後に学ぶべき科目として位置づけられていますので、このような順序によりこの科目を履修することが望ましいといえるでしょう。
 
授業内容
 本講義は、企業会計の中でも主に(経営)管理者への会計情報の提供を目的とする領域を対象としています。このような領域は、管理会計といわれています。管理会計論は、この管理会計を研究対象としています。コストマネジメント論は、管理会計論の一部を構成する分野であり、コストマネジメントに関する具体的なツールを研究対象としています。コストマネジメントは、主として経営管理に役立つ会計情報の提供を目的としており、予測・問題発見・問題解決・評価に関する各種の手法の集合体といえます。そこで、本講義では、「コスト」をキーワードとして、日常の企業経営において具体的にどのようなコスト管理の手法がどのような場面でどのように活用され、その際に会計情報あるいは原価情報がどのように役立っているのかということについて、可能な限り最新の事例を取り上げながら講義します。
 
授業計画
 各回の講義テーマとしては下記のような内容を予定していますが、講義の進行状況によっては若干前後することがあります。講義用のスライド資料は事前に入手できるようにTeamsに公開されていますので、各自がダウンロード、印刷するなどして、これをテキストの予習に活用するようにしてください。予習としては、次回の講義テーマに対応するスライド資料(別途講義資料がある場合には当該講義資料も含めて)に目を通すことと、その資料内の未知の用語については事前に自発的に調べておくことが必要であり、毎回の講義はこの予習を前提として進められます。講義内容の性質上、予習に増して復習が重要です。毎回の講義内容についての演習事例がFormsに小テストとして準備されていますので、この演習事例に積極的に取り組むことと、原則として翌日には解答例・補足解説がTeamsに公開されますのでこれによる確認を通して、知識を定着させるように心がけてください。なお、講義内で取り上げた基礎的内容に加えて一部応用領域も含めた演習事例への取り組みを想定した課題レポートも2度予定しています。予習・復習を合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定しています。下記の授業計画は第4回から第8回まではテキストと対応した内容ですが、それ以外はテキストには含まれていない内容になりますので、講義用のスライド資料の他にテキストに相当する資料も併せて公開されます。各自がこの資料を予習・復習に役立ててください。
 1. ガイダンス:シラバスの記載事項についての確認・コストマネジメントの基礎―コストマネジメントの全体像を知る(別途講義資料配付)
 2. 伝統的な原価計算(1)-原価の三要素とその計算の仕組みを理解する(別途講義資料配付)
 3. 伝統的な原価計算(2)-原価計算の仕組みと目的、原価情報の特性を理解する(別途講義資料配付)
 4. 原価管理(1)―標準原価管理による原価維持を理解する(テキスト第7章)  
 5. 原価管理(2)―原価改善・原価企画を理解する(テキスト第7章) 
 6. 差額原価収益分析 ―特殊な原価概念を理解する(テキスト第8章) 
 7. 短期・長期のキャッシュフロー —キャッシュフロー概念を理解する(テキスト第6章への補足) 
 8. 設備投資の経済計算 ―資本予算・時間価値を理解し、プロジェクトを評価する(テキスト第9章)
 9. 活動基準原価計算 ―物量型・時間型の活動基準原価計算を理解し、原価を計算する(別途講義資料配付)   
 10.ライフサイクル・コスティング―コストの範囲と時間価値を考える(別途講義資料配付)
 11.品質原価計算―原価要素のトレードオフを考える(別途講義資料配付)
 12.生産・在庫管理とコスト ―JITとバックフラッシュ・コスティングを理解する(別途講義資料配付)
 13.生産・在庫管理とコスト(2)―制約条件の理論とスループット会計を理解する(別途講義資料配付) 
 14. まとめ:コストマネジメント・ツールの統合可能性と汎用性を企業規模の視点から考える(別途講義資料配付) 
  ※授業計画は全14回の内容を担保することを前提として、12回で実施します。
   授業計画の詳細等については第1回の授業時に補足します。
 
授業運営
本講義は、毎回正規の授業開始時刻に始まるZoomによるオンライン授業とFormsで取り組む事例演習によって構成されることになります。初回用のZoomミーティングIDとパスワードについては、全学の対応として前学期と同様にリストが開示される場合には当該リストにて確認してください。ただし、その開示に支障があると判断される場合には初回の講義前日までに関連情報を履修登録者にJINDAIメールにてお知らせします。なお、講義に関する連絡は、原則として毎回の講義前日までにTeamsに表示されていますので、講義前に確認するようにしてください。
 毎回の講義には一つのトピックスがあり、このトピックスについての解説、企業における最新事例の紹介、場合によっては計算事例による解説、また必要に応じて関連事項の補足というような内容が講義(Zoom対応分)の大部分を占めることになります。講義ではテキストおよびテキスト代用資料の概要をまとめたスライドを使用し、このテキストおよびテキスト代用資料の予習を前提として、これらの内容に関連する事例演習を「小テスト〔一部応用問題を含むことがあります〕」(Forms対応分)として実施します。なお、講義時に使用するスライド資料は原則として講義日の前々日までに、また事例演習問題および解答例・補足解説は原則として講義の翌日にそれぞれTeamsに公表されていますので、各自の解答を確認し、必要に応じて改めて問題に取り組むことにより、コストマネジメント・ツールへの理解を深めておくことが必要です。このような対応は、その後の課題レポート、あるいはまとめ課題にも役立ちます。また、講義中に浮かんだ疑問、気づいたことについては、必ずメモを取るようにするだけではなく、不明な用語の確認も含めて復習として講義内容を振り返ってみることを心掛けるようにしてください。自分で疑問を解決することも自分で調べることも学修の重要な要素です。本講義では、Zoomの他に講義資料の保存場所および毎回の連絡表示場所としてMicrosoft Teams、小テストおよび中間の課題レポート、最終回のまとめレポートなどのwebテスト方法はMicrosoft Forms、また連絡・問い合わせ用にJINDAIメールというような各ツールを使用します。
 
評価方法
 学期中の2回の「課題レポート(各25点)」および最終回の「まとめのレポート(50点)」の合計得点にもとづいて成績評価をおこないます。本講義の到達目標に照らして、合計得点が一定の水準を超えている場合には、その合計得点によって評価します。また、その合計得点が一定の水準に達していない場合には、到達目標に照らして一定の範囲内にあることを前提として、小テストの内容を加味して評価することがあります。
 
 
オフィスアワー
 メール対応となります。okuyas01@jindai.jp
 
使用書
 奥山茂、田中弘、溝口周二『管理会計を学ぶ』[税務経理協会]2015年(増刷改訂)
 ISBN978-4-419-05429-8 講義用のスライド資料および使用書に含まれていない講義内容については必要な講義資料をその都度web上に公開します。
参考書
 開講時に指示します。
 
 
 
[前へ戻る]