[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
貿易コミュニケーション
Communication for International Trading 
 担当者
 Instructor
講師   魚住 和宏  前学期 金曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
・本講義の到達目標は、後期に行う「貿易コミュニケーションⅡ」と合わせ、受講生が将来遭遇するであろうグローバルビジネスの場において外国人と英語で初歩的な交渉を会話又はEメール等、文書で行えるようになることである。受講生にはTOEIC 600点、英検2級をクリアすることを目標達成の目安とする。

 
授業内容
・上記目標を達成する為、貿易取引を中心にグローバルビジネスの場で使われる重要表現をテキスト及び講師が選択した例文を使って解説する。前期の「貿易コミュニケーションⅠ」では貿易業務の基礎を学んだ後、まず、受講生にビジネス英語に親しみを持ってもらう為、基礎的なビジネス英会話をオケージョン毎に学んでもらう。受講生は単語帳を作成し、重要表現、分からなかった単語や熟語は徹底的に暗記することが望まれる。

・本講義は貿易実務とも密接に関連することから、「国際商取引論Ⅰ.Ⅱ」とセットで履修することが望ましい。
・講義はテキストに沿って行うが、要点はパワーポイント資料にまとめ、講義後に「dotCampus」にアップロードするので、毎回、内容を十分に予習・復習すること。特に復習が重要である。

・講師の四半世紀に亘る国際ビジネスマンとしての経験談も時間が許す限り披露し、受講生が、単に英語を知識として学ぶだけでなく、ビジネスの世界を知り、将来グローバルに活躍する動機付けとなる様な講義となるよう心掛ける。
・総合的な英語力をつける為、TOEIC, 英検等の受験を勧めるが、希望者には講師の経験に基づいた受験対策を教示する。
 
授業計画
・各回の講義内容は下記の通りであるが、進度の関係で前後することがある。予習は各回に該当するテキストのページを添付のCDを聴きながら音読し、不明な単語熟語をチェックしておくこと。一方、復習は、講義資料の後半に、その回の重要な語句や表現をまとめるので、それらを十分に復習し、暗記し、自分で例文を作成してみると効果的である。

・予習・復習に要する時間はそれぞれ2時間が目安である。

1. 1) シラバス記載事項の確認
2) 貿易の基礎
  ・講師自己紹介、シラバスの記載事項の確認。
  ・貿易にまだ馴染みの無い受講生を想定し、貿易ビジネスの概略、貿易実務の特徴、貿易業務に必要なスキル、業種毎の貿易実務等を   日本語で解説する。
  
2. 1) Making an appointment for a meeting
2) Making a hotel reservation
   ・面会の約束、宿泊の予約等の表現を学ぶ。

3. 1) Meeting a client at the airport
2) Hotel Check-In.
   ・空港で訪問客の出迎え、ホテルへのチェックイン等の表現を学ぶ。

4. 1) Business Lunch
2) Invitation to an opening ceremony
 ・ビジネスランチ、開店祝賀会への招待等の表現を学ぶ。

5. 1) Presentation request
2) Introduction at a reception
 ・講演の依頼、レセプションでの紹介等の表現を学ぶ。

6. 1) Change of address
2) Celebrating a promotion
 ・オフィスの移転の通知、友人の昇格を祝う等の表現を学ぶ。

7. 1) Request for a catalog
2) Inquiry regarding a new product
 ・カタログの請求、新製品への問い合わせ等の表現を学ぶ。

8. 1) Presentation (1)
2) Presentation (2)
 ・プレゼンテーションの際の表現を学ぶ。

9. 1) Negotiating a discount
2) Placing an order
 ・値引交渉、商品の発注の際の表現を学ぶ。

10. 1) Recommending a substitute item
2) Payment reminder
 ・代替品を勧める、代金の支払いの催促等の表現を学ぶ。

11. 1) Inquiry about non-delivery   
・注文品の未着の問い合わせの表現を学ぶ。

12(最終回)1) Returning a product
2) Appointment of an agent
・注文品の返品、代理店の指名等の表現を学ぶ。











 
授業運営
・授業は全て講義形式とするが、適宜受講生にも「音読」や発言の機会を設けるので、授業への積極的な参画が望まれる。また、各回の授業の冒頭又は中間に、気分転換の為、「リフレッシュタイム」を設け、日本経済新聞等から拾った時事問題等を紹介し、議論する。受講生からの話題提供も含め、積極的な参加を期待する。

・携帯電話、スマートフォンの電源は必ず切ること、マナーモードも禁止。
(スマートフォンで受講する方は対象外)

・授業中の私語、飲食は厳禁する。

 
評価方法
・毎回、「dot.Campas」を通じて小テストを実施する。
 小テストは復習を兼ねて翌週に解答、解説する。
 また12回の講義終了後、講師から出題される課題に対するレポートの提出を求める。
 最終評価は、小テストと期末のレポートから総合的に判断する。

・やむを得ず、講義を欠席する者は、原則として事前にEメールにて、理由を添えてその旨を連絡すること。突発的な事由によるものは事 後でも構わないが、翌日中には連絡すること。
 やむを得ないと判断した場合は、評価の際に配慮する。

 
オフィスアワー
・オンライン授業の為、講義終了後は質問は受けられないが、Eメールによる質問は大歓迎である。授業内容以外の質問でも構わないので積極的に質問することが望まれる。

 
使用書
ヤヌシュブダ、豊田暁『「Transactions - Real Business Conversations」 (ビジネス英会話入門)』[南雲堂]2015


 
 
 
[前へ戻る]