[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
広告論
Advertising Communication 
 担当者
 Instructor
講師   高畑 泰  後学期 月曜日3時限/月曜日4時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は、受講生がこの講義を通じて、主にビジネス活動の一つである広告およびマーケティング・コミュニケーションについて、1. そのマネジメント・プロセスについて理解すること、2. 広告心理の基礎及び法規制について理解すること、である。 
 
授業内容
 広告には様々な側面があるが、その根本はビジネス活動である。したがって本講義では常にビジネス活動の一つとして広告を捉えていく。しかしながら、広告を論じるにはマーケティング論を始め、心理学や社会学など、様々な研究分野が関係してくる。そのため、周辺領域についても随時紹介していく。
 なお、後期科目である本講義では、広告マネジメント、広告心理、法規制に焦点を当てて話を進める。
 
授業計画
各回の講義内容は以下のように予定しているが、時事的なトピックを扱うことなどにより、進捗状況は多少前後することがある。
【予習】毎回講義前までに実際の広告を一つ取り上げ評価すること。さらに、講義で紹介すべきと判断した場合は講師に連絡すること。(2時間)
【復習】その回の講義内容に関連するテキストの箇所を熟読、理解すること。また、各回の内容にについて、実際の広告を当てはめて理解を深めること。(2時間)
1. イントロダクション及び広告論Ⅰの内容についての解説:講義の進め方、受講上の注意事項、シラバス内容の確認を行った上で、広告論Iの内容について簡単な復習を行う。また、PRおよび広告ビジネスについても解説する。
2. DAGMAR:広告マネジメントの考え方の基礎となっているDAGMARについて学ぶ。
3. 広告目標:広告計画における広告目標の設定について検討する。
4. 広告予算:広告計画における広告予算について検討する。
5. 表現計画 :広告計画における表現計画について検討する。
6. 広告表現の研究:広告クリエイティブについての研究の端緒を紹介する。
7. ケーススタディ:広告クリエイティブの実際について、ケースを用いて理解を深める。
8. GRP、リーチ、フリクエンシー:主に電波媒体の計画で用いられるGRPについて理解する。
9. 媒体計画1:目標と予算の設定、媒体ミックス
10. 媒体計画2:ビークル選択、出稿パターン、スケジュール
11. 広告心理1:線形モデル、関与について理解することで広告心理の基本を学ぶ。
12. 広告心理2:態度について理解することで広告心理の基本を学ぶ。
13. 広告規制:日本における広告の規制についての現状について、その必要性と共に理解する。
14. まとめ:本講義を総括する。

※今期の授業計画は全14回の内容を担保することを前提として、12回で実施します。
 授業計画の詳細等に関しては第1回目の授業の際に説明します。
 
授業運営
授業はオンタイム型授業(ZOOM)で行います。また、連絡等はTeamsを通じて行います。
 
評価方法
平常点(講義内小テスト)40%、最終レポートテスト60%で評価します。評価方法についてはTeamsおよび講義内でも説明しますので、必ず確認して下さい。なお、授業参加2/3以上を必須条件とします。就職活動等については事前連絡をもって考慮します。
 
オフィスアワー
質問・相談などはメール(pt127521@jindai.jp)、Teams、ZOOMのチャット機能(講義中)などで受け付けます。
 
使用書
石崎徹編著『わかりやすいマーケティング・コミュニケーションと広告』[八千代出版]2019

参考書
岸志津江、田中洋、嶋村和恵『現代広告論新版』[有斐閣アロマ]2008

 
 
 
[前へ戻る]