[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
国際金融論
International Finance 
 担当者
 Instructor
教授   数阪 孝志  後学期 火曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
現代では、経済や金融はグローバル化が進んでいる。従って、私達の日々の経済活動も国際金融と深く係わっている。
本講義の到達目標は、受講生がこれらの問題に対応できるように①外国為替レートはどのように決定されるのか、②国際的な資本取引はどのような特徴を持ち、どのようなリスクを抱えているか、③企業や投資家は外国為替市場の動きにどのように反応しているか、等について基本的な見方や関連するデータの読み方、その意味、基礎的理論を学ぶことによって、国際金融に関する諸問題について考える力を身につけることである。
本科目は、経済学部のカリキュラムポリシーに基づく体系的な学習のうち専門科目に位置付けられており、あらかじめマクロ経済学、ミクロ経済学、金融論、国際経済学を履修済であることが望ましい。
 
授業内容
この講義では、国際金融に関する問題点のうち「為替介入とマクロ経済政策」、「通貨危機」、「国際金融システム」、「通貨統合」等について、下記の使用書に沿って(第5章~第8章)体系的に学習し、国際金融について理解を深めるようにする。受講生は、各回の内容を事前に予習したうえで、専門的なキーワードの理解を正確に行うように復習することが重要である。

 
授業計画
授業の予習として、各回のテキスト該当unitを事前に読んでおくこと、復習として各unitの要約、確認問題に目を通し、キーワードを整理しておくことが望まれます。
予習+復習で計4時間程度の自己学習を想定しています。
第1回目の授業のはじめに、授業ガイダンスを行い履修上の注意点、成績評価の方法について説明します(この科目を履修するものは必ず出席し聞くこと)。
1.授業ガイダンス。為替介入の方法と効果【予習】使用書の第5章unit13をあらかじめ読んでおくこと。(以下、各回の予習の項目には事前に読んでおくべき箇所を記載する。)
2.マンデル=フレミング・モデル【予習】第5章unit14
3.マクロ経済政策の効果【予習】第5章unit15
4.通貨危機の発生メカニズム【予習】第6章unit16
5.通貨危機はなぜ伝播するのか【予習】第6章unit17
6.通貨・経済危機への対応【予習】第6章unit18
7.世界金融危機【予習】第7章unit19
8.なぜドルを保有するのか【予習】第7章unit20
9.新しい国際金融規制【予習】第70章unit21
10.ユーロの誕生【予習】第8章unit22
11.通貨統合の便益と費用【予習】第8章unit23
12.ユーロ圏危機【予習】第8章unit24
13.世界経済の大きな変化と国際協調【予習】第8章unit25
14.確認問題の解説【予習】書くunit末の確認問題
なお、シラバス上は14回分記載となっていますが、学年歴変更のため後期授業は12回となります。そのため、14回分の内容を12回授業の中で取り上げる予定です。
 
授業運営
授業は、Zoomによるオンライン(オンタイム方式)授業です。
国際金融情勢は日々刻々変化しますので、最新の情勢変化については、その都度、公的機関の発表・ニュースリリース、新聞・雑誌記事等を使いポイントを解説します。それにプラスして、各回のテキスト該当箇所の解説を行います。
各回のZoomの招待URL、ミーティングID、パスワードは、授業日の2日前にメールでお知らせします。
 
評価方法
授業で解説した国際金融情勢およびテキスト該当箇所について、理解できているかどうかをチェックして、成績評価とします。
具体的な方法は、第1回(10月6日)の授業において説明します。
 
オフィスアワー
授業内容に関する質問は、月曜日にメールで提出してください。
 
使用書
橋本優子・小川英治・熊本方雄『『国際金融論をつかむ』』新版[有斐閣]2019年


 
 
 
[前へ戻る]