[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
食糧経済論
Economics of Food
 担当者
 Instructor
講師   竹田 麻里  後学期 金曜日2時限/金曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本講義の到達目標は、経済学ぶのカリキュラム・ポリシーに従い、
①個人の食料消費行動と食品工業・流通業の行動をミクロ経済学の手法を用いて把握できるようになること、
②農業や食料の時事問題に対してフードシステムと呼ばれる体系的概念に基づいて理解することです。
 
授業内容
この講義では、フードシステムの概念に基づいた講義を進めます。
わが国の食料消費が戦後どのように変化したかを確認し、近年の特徴を述べます。
次に、食を支える農業、食品製造業、流通業、小売業の実態を産業組織という観点から説明します。
また、食糧の安全保障、食品ロス、食の安全性を支える制度、食糧に関する現代的な課題(遺伝子組み換え技術、バイオ燃料生産と食糧の競合など)、食生活と健康など、食をめぐる課題について社会科学的な視点から講義します。

ミクロ経済学の基礎的な知識が受講の前提となります。
 
授業計画
予習は必須ではありません。復習は、講義中にメモを取った資料を読み返すこと、新聞・雑誌等の食料関連の記事を読み、講義で学んだ概念や理論と結びつけながら考察を深めることを推奨します。

以下の講義計画は、進捗状況によって内容が前後する場合があります。

01:授業ガイダンス シラバスの確認とイントロダクション -フードシステムとは何か-
02:ミクロ経済学の食料選択理論
03:わが国の食料消費①-食生活の成熟-
04:わが国の食料消費②-社会変化と消費パターンの変化-
05:わが国の食料消費③-食料の安全保障と自給率-
06:世界の人口と食料
07:食品工業の産業組織
08:食品流通業の革新
09:中食・外食の成長
10:食品ロス・食をめぐる環境問題
11:食の安全性
12:食をめぐる現代的課題
13:食生活と健康:政府の役割
14:全体まとめ

※時間外学習については、各回あたり約2時間程度の復習を中心とした自己学習を想定しています。
復習については、個々のテーマに関して講義で聞いた重要な概念や考え方と結びつけながら整理すること、
授業で適宜紹介される例題やウェブテスト等に取り組むなどです。
※授業計画は全14回の内容を担保することを前提として、12回で実施します。
 授業計画の詳細等については第1回目の授業の際に説明します。

 
授業運営

(1)オンタイム型授業(Zoom)とオンデマンド型(Youtube配信)を併用します。
授業時間に各授業の核となる部分についてZoomでのオンライン講義を30分~40分程度行い、それ以外の内容についてはオンデマンド動画(10本×5本程度)で配信する形式を基本にします。
※各回の内容によって形式に変更がある場合があります。
※各回ともに、Zoomによるオンライン授業の終わりには10分程度の質疑応答の時間を設けます。

予習は必須ではありませんが、各回あたり約2時間程度の復習を中心とした自己学習を想定しています。
講義資料は、Teamsのクラスの資料にアップします。講義内容のすべてが書かれているわけではありません。
適宜手を動かしてメモを取ってください。
復習については、小テストに取り組むことが有効です。
なお、ミクロ経済学を基礎としていますので、各自でミクロ経済学の予習・復習を行うことが理解の大きな助けになります。

 
 
評価方法
(1)平常点100%で評価します。
 各回の授業後に10問前後の小テスト(オンラインテスト)を行い、12回分の合計点と、小テストの参加状況で評価します。
 
オフィスアワー
質問はZoomによるオンライン授業終了後その場で、もしくは電子メールにて対応します。
連絡先アドレスは講義開始時にお知らせいたします。
 
 
使用書
特に定めません。授業の中で参考書等を適宜紹介します。
参考書
時子山 ひろみ・荏開津 典生・中嶋 康博『フードシステムの経済学』第5版[医歯薬出版]2013
生源寺眞一『日本農業の真実』[ちくま新書]2011
その他の参考書については,授業の中で適宜紹介します。
 
 
 
[前へ戻る]