[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
計量経済学
Econometrics 
 担当者
 Instructor
講師   大谷 碧  後学期 水曜日3時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本講義は、経済データを解析する際に使用する手法について、その統計的性質を学ぶ科目である。手法は最小二乗推定法を中心に学ぶ。単回帰から重回帰分析、検定の意味や方法を学び、理論的な性質を理解する。この後、Microsoft社のエクセルを使用して自ら経済データの解析と解釈を行うことができるようになることを目指す。計量経済学Iで学んだ数理統計学の基礎知識を使用した授業となる。

具体的な到達目標を以下の4点として挙げる。
1.母集団分布に関する興味のあるパラメタを推定する意味を理解できるようになる。
2.最小二乗法を使用した分析や基礎的なデータ解析は統計ソフト、またはMicrosoft社のエクセルを使用して、解析することができる。
3.解析結果を得た後に、その推定値に関する解釈や批判的な見方ができるようになる訓練をする。

 
授業内容
本講義は、初めて経済統計学の授業を履修する人を想定し、将来に経済データの統計解析を行うための準備をするための基礎知識を教授する。文系科目であるが統計学の基礎を数式によって理解するため、学生には高校数学の知識を要求する。授業を進める中で何度か数学補講の時間をもち、復習を重ねることで無理なく数式の理解が進むように可能な限り配慮する。ただし、計量経済学1で学んだ内容は既知として授業を進める。

講義を通して、Microsoft社のエクセルを使用したデータ分析の実習も取り入れ、実データ解析の訓練を行う場も設ける。ただし、エクセル講習を主目的とした講義ではないため、エクセル使用に自信の無いものは適宜、練習をしておくことが期待される。

 
授業計画
各回の授業内容は次のように予定しているが、時間の関係で若干前後する場合もある。
本講義を通して重点的に復習に時間を割くことが期待されている。復習の方法は主に以下の3通り存在する。
1)授業時間中に例題を必ず挙げるため、その例題を自ら手を動かして解くこと
2)授業時間中の範囲を網羅した課題を出すため、その課題を解き、自らの理解度合いを知って復習の量を調整すること
3)課題を自ら解いた後に理解できなかった点は、必ず理解できるように復習を重ねること

いずれの方法でも構わないが、
① 講義を終えた直後と
② 数日後に復習を行う習慣をつけること。
授業開始直前にも復習をするほうが授業内容の理解は定着する。授業毎に合計5時間程度行う習慣を身につけること。復習を行わない場合には講義途中で理解ができなくなる場合がある。また授業時間内に、提出課題の内容に基づいたクイズを行う。クイズの点数は評価の対象となる。

1.ガイダンス、講義の目標、授業の進め方、計量経済学1の復習(標準正規分布表)
2.統計的推測(区間推定)
3.統計的推測(信頼区間の推定)
4.統計的推測(仮説検定)
5.最小二乗推定量の概念
6.最小二乗推定量の導出
7.最小二乗推定量の性質
8.最小二乗法を使用した応用例
9.MSエクセルを使用した単回帰モデルの分析演習
10.多変量回帰モデルへの応用1
11.多変量回帰モデルへの応用2
12.MSエクセルを使用した多変量回帰モデルの分析演習
13.推定値の検定
14.まとめとテストの実施

 
授業運営
授業は、オンタイム型授業(ZOOM)で行う。授業運営の詳細については初回授業時間中に改めて説明するが、授業時にはパワーポイントを使用する。復習時にレジュメを使用して、復習すること。
 
評価方法
授業時間内で実施するテスト(オンライン)と課題提出により決まる。割合は、テスト60%、課題提出40%とする。提出された課題について、採点後に必要な部分については適宜解説を与える。


 
オフィスアワー
授業終了後での受付
 

参考書
田中隆一『計量経済学の第一歩』初版[有斐閣]2015
Jeffrey Wooldridge,Introductory Econometrics: A Modern Approach,International ed of 4th revised ed,South-Western,2008

 
 
 
[前へ戻る]