[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
東アジア経済事情
East Asian Economy 
 担当者
 Instructor
講師   内橋 賢悟  前学期 月曜日5時限
講師   平川 均  前学期 月曜日5時限
講師   藤森 浩樹  前学期 月曜日5時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本講義の到達目標は、経済学部のディプロマ・ポリシーに従い、受講生が、①過去半世紀の間に急速な経済発展を達成し日本経済に大きな影響を与えている東アジア諸国の経済の発展を、歴史的視点を踏まえて関心を持ち、②その発展を理解すること、③日々報道される情報を整理し、大きく劇的に変化する東アジア経済と、そこにおける日本の立ち位置を正しく理解することである。
 本講義がオムニバスの授業として行われるのは、この地域が経済はもちろんのこと、歴史、文化、政治体制などで極めて多様であるためである。受講生は、東アジア諸国の歴史と多様性と、現在における統合の現実に関心を持つことを目指している。関連の経済学、歴史学などの講義科目を積極的に履修することが望ましい。

 
授業内容
本講義では、東アジアを主にNIES諸国、ASEAN(東南アジア)諸国、中国、その他の国や地域として捉えている。そこでは、経済状況、歴史、文化、人種、人口、資源などの配置においてきわめて多様である。一部の国では1990年代から今世紀において深刻な通貨経済危機を経験しているが、総じて高い経済成長を達成している。また、地域経済協力の流れが、困難を抱えながらも進められており、新たな動きとなっている。本講義では、この経済発展する地域を歴史的な視点を加えて考察する。
 主要各国・地域の経済の現状、貿易、投資、人的移動などを含む国際関係、歴史的背景、現在および過去に直面した経済的諸問題などについて、複数の教員により講義し、その多面性と共通性を明らかにする。
 そのため、日常的に新聞、雑誌、ニュースなどの経済関連記事や論文に関心を持ち、積極的にその内容を吸収することが望ましい。
【実務経験のある教員による授業科目】民間金融機関、調査機関において国際的に活躍し、東アジアの大きな変化を実際に現場で得た経験に基づいて行われる授業が含まれている。
 
授業計画
授業は、オンライン授業と資料課題型学習を併用して行う。
01. 平川 授業の確認と講義の紹介及び東アジア地域概念の確認
02. 平川 東アジア経済の統合とその課題。小テスト(テストと解説はオンラインで行う)
03. 内橋 東アジア諸国における国際マクロ経済政策の展開 (復習)配布資料による復習 (予習)授業計画に沿って指示する
04. 内橋 アジア型開発独裁に関する歴史的分析 (復・予習)アジアの開発独裁について学ぶ
05. 内橋 中国の社会主義市場経済システムの成立・発展・展望 (復・予習)社会主義市場経済システムの成立過程を学ぶ 
06. 内橋 東南アジア華僑資本家の経済活動 小テスト(小テストの解説はオンラインで行う)
07. 内橋 台湾経済の分析・日台関係の歴史的経緯と現状、対中関係の現状と予測 (復・予習)台湾経済と日台関係について学ぶ
08. 藤森 アジアのイスラム経済圏 イスラム教とコーラン,イスラム教徒人口の重心はアジア 特徴あるイスラムビジネス(ハラル食品,イスラム金融),イスラムリスクとテロ(予習)第8回~第12回までの概要説明。(復習)配布資料による復習
09. 藤森 アジアのエネルギー事情 、アジア経済発展とエネルギー需要構造、エネルギー安保, エネルギー自給率/外部依存、エネルギーミックスの変遷と気候変動との関連、エネルギー面における共通課題 (復・予習)授業中の指示に従い、配布資料による復習
10. 藤森 アジアの環境問題とSDGsへの取り組み 気候変動(大気/海洋汚染)の深刻化とその取り組み, プラスチックゴミ問題、持続可能な開発目標(SDGs),CSRからサスティナビリティへ、グリーンボンドと格付け(復・予習)同上
11.藤森 アジアの人口と都市化 人口増大と人口ボーナス、国内外の人口移動,(都市化・国際間労働力移動)、都市化による経済発展と抱える課題(格差・貧困スラム,過剰集積,交通渋滞,環境汚染)(復・予習)同上
12.藤森 アジア経済のサービス化 経済・貿易のサービス化,貿易における電子商取引の拡大とその背景並びに問題点、ITサービス(BPOなど)進展、プラットフォーマ―とは(PF:GAFA),アジアの貿易・投資動向 第8回~第12回の総括。小テスト(小テストの解説はオンラインで行う)

 
授業運営
授業は、一部をZoomを用いたオンライン授業とし、講義資料に基づく学習形式を併用する。各週の授業の最初にZoomで目標と内容を説明し、残りの時間は自ら学習する。Zoomによる授業と資料は授業時間割に沿ってdot Campusを通じて原則1週間前に提供する。14回の講義は12回に圧縮し、授業資料は基本的には12回分の形で提供する。
授業では、受講生自らが考える授業を目指して、様々な図表他をする。様々に参考書のほか、関連の図書についても、dot Campusを通じて、紹介する。
学習効果を高めるため小テストを数週間に1度をめどに実施するが、小テスト、その解説等はdot Campusを用いて行う
 
評価方法
評価は、3名の教員が最後あるいは講義の中頃に課す小テスト及びレポート等によって行う。これらの成績を基にして総合的に勘案して評価する(評価配分率 内橋45%、藤村45%、平川10%)。

 
オフィスアワー
質問等は、緊急の場合はhhirakaw@gmail.comへ、授業内容に関してはdot Campusを通じて行うこと。
 

参考書
平川均・山本博史ほか『新・アジア経済論』[文眞堂]2016
その他、アジア経済関する図書を読むことを勧める。
 
 
 
[前へ戻る]