[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
貿易論
International Trade 
 担当者
 Instructor
教授   鳴瀬 成洋  前学期 木曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
経済学部のカリキュラム・ポリシーに基づき,本講義は国際貿易の基礎理論を学ぶことを目的としており,到達目標は以下のとおりである。
(1)世界貿易の現実の動きを理解する
(2)リカードウ・モデルやヘクシャー=オリーン・モデルなどの代表的貿易理論の内容と特徴を理解する。
(3)現実を説明するうえでのこれらの貿易理論の有効性や問題点を理解する。
本講義で学んだ国際貿易の基礎理論を踏まえ,国際経済の様々なイシューや各国・地域経済について深く学ぶことが望ましい。



 
授業内容
本講義では国際貿易の基礎理論を学ぶ。貿易理論は貿易の仕組みや利益を教えるとともに,各論者の世界経済に対する認識を体現している。

・古典派から現代までの代表的貿易理論を歴史的背景と関連させて解説する。
・各理論が「自由貿易の利益と不平等性」をどのようにとらえているかを明らかにし,各理論の現実妥当性を検討する。
 
授業計画
基本的に下記の使用書に基づいて講義するが,それに含まれない内容についても講義する。その場合はレジュメなどを配布する。予習として使用書の各章をあらかじめ読んで講義に臨むこと,復習として各章末の「重要語」の内容を整理し「問題」を解いてみることが必要である。予習・復習合わせて各回当たり4時間の自己学習を想定している。貿易理論は応用理論であるので,経済理論の基礎を理解していることが望ましい。
1. ガイダンス:シラバスの記載事項の確認,貿易理論の史的展開
【予習】テキスト第1章を読み,本講義で学ぶことを整理しておく。
【復習】本講義で学ぶことを理解したか確認する。
2. 世界貿易の概観
【予習】テキスト第2章を読み,論点を整理しておく。
【復習】世界貿易のパターンの変化を理解したか確認する。
3. リカードウ経済学の歴史的背景と基本論理
【予習】配布資料を読み,リカードウを対象に時論と理論の関係を整理しておく。
【復習】穀物法論争とリカードウ経済学の内容を理解したか確認する。
4. リカードウ外国貿易論(1)比較優位の原理
【予習】配布資料を読み,比較優位の原理の概要を整理しておく。
【復習】比較優位の原理を理解したか確認する。
5. リカードウ外国貿易論(2)交易条件,国際分業パターン,貿易利益
【予習】交易条件と国際分業パターン,貿易利益について整理しておく。
【復習】三者の関係を理解したか確認する。
6. 自由貿易と保護主義:スミス,リカードウとリスト
【予習】配布資料を読み,19世紀の英独関係およびリストの古典派貿易論批判の内容を整理しておく。
【復習】リストの幼稚産業保護論を理解したか確認する。
7. リカードウ・モデル:労働生産性と比較優位
【予習】テキスト第3章を読み,論点を整理しておく。
【復習】比較優位及び貿易の利益のグラフによる説明を理解したか確認する。
8. ヘクシャー=オリーン・モデル(1)ヘクシャー=オリーンの国際分業定理と要素価格均等化定理
【予習】テキスト第5章94~114ページを読み,論点を整理しておく。
【復習】上記の二つの定理を理解したか確認する。
9. ヘクシャー=オリーン・モデル(2)レオンチェフ・パラドクス
【予習】テキスト第5章114~121ページを読み,論点を整理しておく。
【復習】ヘクシャー=オリーン・モデルの現実妥当性について理解したか確認する。
10. 規模の経済・不完全競争と貿易(1)外部的規模の経済と貿易
【予習】テキスト第7章を読み,論点を整理しておく。
【復習】外部経済と生産の国際立地の関係について理解したか確認する。
11. 規模の経済・不完全競争と貿易(2)内部的規模の経済と貿易
【予習】テキスト第8章181~197ページを読み,論点を整理しておく。
【復習】内部経済が作用する場合の貿易の利益について理解したか確認する。
12. 講義全体のまとめと復習

 
授業運営
テーマごとに事前に,講義資料をMicrosoft Teamsにアップするので,それを読んで講義に出席すること。講義では各テーマについてポイントを解説する。
 
評価方法
小テストやレポートの合計点で評価する。小テストでは講義内容のほかに時事問題についても出題するので,日頃から新聞などを読んでおくことが必要である。
 
オフィスアワー
講義中に質疑応答や意見交換の時間を設ける。質問はメールでも受け付ける。
メールアドレス naruss01@jindai.jp

 
使用書
P.R.クルーグマン,M.オブズフェルド,M.J.メリッツ『クルーグマン国際経済学――理論と政策――(上)貿易編』原書第10版[丸善出版]2017年

参考書
浦田秀次郎ほか『はじめて学ぶ国際経済』[有斐閣アルマ]2011年

 
 
 
[前へ戻る]