[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
マーケティング
Marketing 
 担当者
 Instructor
准教授 藤井 誠  後学期 木曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 受講生が講義で学んだ概念や理論を踏まえ,戦略的マーケティングや関係性マーケティングなどの枠組みに沿って現実の企業活動についての理解を深めることができる。経済学部のカリキュラム・ポリシーおよびディプロマ・ポリシーをふまえ,経営学の知識を段階的に学べるよう,入門科目から応用科目まで配置されている。本講義はその中で,入門科目の位置づけである。そのため, 広告論や消費者行動論を履修しようと計画している者は,本科目を先に履修することが望ましい。
 
授業内容
【授業内容】
 マーケティングⅡでは,戦略的マーケティングや関係性マーケティング,その他近年の理論的な展開について,指定している教科書をベースに具体的な事例を適宜提示しつつ,受講生が理解できるように講義を進める。
 マーケティングⅠから継続して受講することが望ましい。
 
授業計画
 授業計画は全14回の内容を担保することを前提として,12回で実施する。各回の講義内容は以下のように予定しているが,時間の関係により若干前後する場合がある。予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定している。各回共通の予習として,教科書の該当箇所を事前に読んだ上で,レポート課題に取り組む。わからない点を明確にした上で講義に望む。復習としては,教科書に記載されている問題を解く。講義で学んだ内容について,新聞記事や雑誌記事に掲載されている製品・サービスなどの事例について当てはまるかどうかを考えてみる。このような姿勢で受講されると,一層の理解が深まるだろう。

(1)オリエンテーション
シラバスの記載事項について確認するとともに,14回の講義の進め方について説明する。

(2)マーケティングチャネル(第6章unit13)
メーカーが商品を流通させる上で重要となるマーケティングチャネルについて学ぶ。
【予習】教科書の第6章unit13を読み,特定の業界1つを取り上げ,業界内にどのような卸売企業が存在するのか、どのような役割を担っているのか紹介しなさい。講義前日までにTeamsにWordファイル(500字程度)を提出。

(3)メーカーと流通 (第6章unit14)
メーカーと流通業者の対立しつつ協調する関係性について学ぶ。
【予習】教科書の第6章unit13を読み,各コンビニエンスストアのPBを比較し、それぞれどのようなメーカーが製造しているのか確認し、コンビニエンスストアごとにどのような特徴が見られるか紹介しなさい。講義前日までにTeamsにWordファイル(500字程度)を提出。

(4)基本戦略(第7章unit15)
企業の基本的な戦略であるコストリーダーシップ戦略,差別化戦略,集中戦略について学ぶ。
【予習】教科書の第7章unit15を読み,特定の業界を取り上げ,コスト・リーダーシップ戦略,差別化戦略,集中戦略を採用している企業をそれぞれ1つ紹介しなさい。講義前日までにTeamsにWordファイル(500字程度)を提出。

(5)製品ライフサイクル別戦略(第7章unit16)
製品や産業の栄枯盛衰を考える上で有用な製品ライフサイクルという概念を学ぶ。
【予習】教科書の第7章unit16を読み,デファクト・スタンダードが形成されたと思われる産業について紹介しなさい。講義前日までにTeamsにWordファイル(500字程度)を提出。

(6)市場地位別戦略(第7章unit17)
企業が市場においてどのような地位にあるかによって適切な戦略が異なることを学ぶ。
【予習】教科書の第7章unit17を読み,あなたの好きな企業を1つ取り上げ,その企業はどのような市場地位にあるのか説明しなさい。講義前日までにTeamsにWordファイル(500字程度)を提出。

(7)事業の定義(第8章unit18)
その事業で何を行うのかをどのように決定するのか。また製品ポートフォリオ管理との関係について学ぶ。
【予習】教科書の第8章unit18を読み,あなたの好きな企業はどのように事業を拡大してきたのか紹介しなさい。講義前日までにTeamsにWordファイル(500字程度)を提出。

(8)マーケティング資源の配分(第8章unit19)
複数の事業間でどのように資源を配分し企業全体の収益を高めていくかという課題について,製品ポートフォリオ管理という考え方を学ぶ。
【予習】教科書の第8章unit19を読み,複数の事業を営んでいる企業を取り上げ,ある事業がPPMの4象限のどれに当てはまるのか説明しなさい。講義前日までにTeamsにWordファイル(500字程度)を提出。

(9)ブランドのマネジメント(第9章unit20)
ブランドとは何か。そしてブランドをどのように活用・育成していくのかについて学ぶ。
【予習】教科書の9章unit20を読み,あなたの好きな製品・サービスを1つ取り上げ,その製品・サービスのブランド連想を紹介しなさい。講義前日までにTeamsにWordファイル(500字程度)を提出。

(10)関係性マーケティング(第9章unit21)
これまでの1回ごとの取引とは異なり,顧客との関係が長期にわたって継続していることを踏まえた関係性マーケティングの考え方について学ぶ。
【予習】教科書の9章unit21を読み,特定の企業を取り上げ,顧客生涯価値を向上させるためにどのような活動をしているのか紹介しなさい。講義前日までにTeamsにWordファイル(500字程度)を提出。

(11) サービス・マーケティング(第10章unit22)
製品とは異なる特性を持つサービスのマーケティングについて学ぶ。
【予習】教科書の10章unit22を読み,特定のサービス企業を取り上げ,そのマーケティング活動を7Pで整理しなさい。講義前日までにTeamsにWordファイル(500字程度)を提出。

(12) 生産財マーケティング(第10章unit23)
企業間の取引関係が企業と顧客との取引関係とどのように異なるのかについて学ぶ。
【予習】教科書の10章unit23を読み,生産財企業の広告にはどのようなものがあるか紹介しなさい。講義前日までにTeamsにWordファイル(500字程度)を提出。

(13)グローバル・マーケティング(第10章unit24)
自国とは異なる海外市場において企業はどのようにマーケティング活動を展開していくのかを学ぶ。
【予習】教科書の10章unit24を読み,複数の国で販売している製品・サービスについて,本国市場と進出先市場のホームページにどのような違いがあるか紹介しなさい。講義前日までにTeamsにWordファイル(500字程度)を提出。

(14)まとめ
これまでの授業内容を振り返ることで理解を深める。
 
授業運営
  ZOOMを用いたオンタイム型授業とレポート課題や資料を提示するハイブリッド型で行う。ケース・ディスカッションを行う際に積極的な参加を求めるので,マイク機能のあるヘッドホンなどがあると望ましい。講義運営の詳細については,初回講義時間中に改めて説明する。
 なお,他の受講生に迷惑のかかる行為(私語,携帯電話の利用等)は厳禁であり,退席を命じる場合がある。

【使用するツール】
ZOOM, Teams
 
評価方法
  レポート(90%),講義への積極的な参加(10%)で評価する。評価方法の詳細については,初回講義時間中に改めて説明する。
 レポートの評価基準について,①空白及び空白に近い状態での提出,②友人・知人の作成したものと同一と判断されるもの,③Wikipediaからの引用,あるいはブログなどからの盗用を行っていると判断されるもの,といった提出条件を満たしていないレポートについては評価の対象としない。講義内ですべてのレポートを紹介することは不可能だが,優れたレポートについては,講義内で可能な範囲で紹介することで他の受講生の理解を深めることでフィードバックとする。
 なお,誹謗中傷など講義運営の妨げとなる行為をした受講生については,成績評価の対象外となるとともに事務に厳正な処分を要請する。
 
オフィスアワー
ft101988ec@jindai.jp(※ただし,Teamsでのレポート提出トラブルへの対応専用とする。詳細は初回講義にて説明するが,やむを得ない事情(例えば,システム障害,病気・ケガなど)が生じた場合に限り,それを証明できる資料などを遅滞なく提出した場合に限り,提出期限後の提出を認める場合がある。本人の責に帰すると判断される事案については対応しない。)
質問は基本的に講義内で受け付けるが,Teamsに質疑応答チャネルを設ける予定なので,可能な範囲で対応する。

 
使用書
黒岩健一郎・水越康介『マーケティングをつかむ【新版】』[有斐閣]2018


 
 
 
[前へ戻る]